文化人

豊田真由子代議士が秘書に暴言!モンスターの才能が覚醒??夫の職業や経歴は?子供や家族にも二重人格か?

スポンサーリンク

議会での発言からは想像もつかない程、秘書に罵声を浴びせたとして豊田真由子代議士の裏の顔が見えてきました。

 

国民の安心、教育・育児に力を注いできた豊田氏ですが、その素の顔は卑劣なものでした。

 

精神的におかしいのでは?とも思える程の豹変ぶりは各週刊誌やメディアに取り上げられています。

 

豊田氏は子供が2人いるとの事で、2児の母としても考えられない・・・。

 

子供や家族は大丈夫なのでしょうか!?

 

 

秘書本人からのリーク

 

今回の秘書への暴言や暴力に関しては、豊田氏も認めています。

 

現在は離党届を出し、入院しているとの噂で・・・。

 

 

運転中にも関わらず叩くという異常な行動で、誠実に謝罪している秘書への不満を一方的にぶつけ続ける豊田氏。

 

拳骨を振りおろし、秘書に対し6~7回も殴ったとの事、後日腫れあがる程の怪我だったそうで、秘書自ら音声の向こう側をリークしています。

 

「今後、このまま豊田氏を議員にしておけば後にまた秘書達が大変な思いをする」と切実な告白をしています。

 

今回証拠として録音されたもの以外にも、連日に渡って殴る・蹴る・ハンガーで叩く等を断続的に繰り返されていたとの事も発覚し、偶然にこの時に精神的に不安定だった事が原因での八つ当たり・・・とは言い難い。

 

結局この秘書は、顔面打撲傷・左背部打撲傷・左上腕挫傷、と大きな怪我をしました。

 

豊田氏の秘書はわずか1年半の間で20人も辞めていることも事実です。

 

この暴行の前にも「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」「お前の娘にも危険が及ぶ」などと脅されていたことも判明し、「いつか本当に刺される」との恐怖を覚える程だったそうで、秘書という立場だった事もあり抵抗するにできない状況であった事がわかります。

 

 

政治家とは思えない言動

 

次々と秘書が入れ換わる為に、事務所でもミスが相次いでいた事もあり、全ては秘書のせいだと責任を押しつけられていた様子も多々見られたようです。

 

そんな状況でも手伝いに来てくれているボランティアスタッフに対し「ポケットマネーでもお礼を・・・」との提案に豊田氏は「ボランティアと言っただろう!」と激怒する始末。

 

罵倒や暴力に耐えながらも一生懸命にサポートする秘書に対して「自分を優秀だと思っているのか?」「これだけ仕事ができなかったら良い話は聞かない」など人格をも否定する発言もありました。

 

全ては自身の建前と指示を優先し、秘書やサポートするスタッフを人として見ていないような“外面”のみ。

 

完全なる“パワハラ”で人権侵害の上に暴力があった事もあり、秘書は耐えかね今回の事態に陥ったという訳です。

 

ミュージカル調での皮肉の内容は耳を疑う“異常者”そのもので・・・。

 

「お前の娘が通り魔に強姦されて、死んだ。犯すつもりはなかったんです、合意の上です、殺すつもりはなかったんです~♪」「お前の娘が、顔がグシャグシャになって頭がグシャグシャ、脳味噌飛び出て、車にひき殺されても~♪」と。

 

「そんなつもりじゃなかった」で済む話ではないとの例え話のつもりなのでしょうが・・・あまりにも発想が卑劣で異常と思えます。

 

最終的には「死ねば?生きてる価値ないだろ。」との発言もありました。

 

人として異常な豊田氏が離党届を出し政治から離れた事が不幸中の幸いと言えます。

 

 

豊田真由子議員の経歴と夫

 

豊田真由子議員は、女子御三家の桜蔭高校卒、東大法学部を経て厚生労働省にキャリア官僚として入省、ハーバード大学の大学院への留学経験もあります。

 

http://www.sankei.com/images/news/170622/plt1706220021-n1.jpg

 

誰もがうらやむ経歴があるキャリアがなぜ今回の様な不祥事を起こしてしまったのか・・・謎ですが。

 

夫も国交省の官僚でエリートであり、以前には文部科学大臣政務官を務めるなどし、順調な出世をしています。

 

政治の世界で豊田氏を知る人の中では「第二の田中真紀子」とも呼ばれる程で、過去には配偶者しか入れない園遊会に母を連れて行き「なぜ入れない!入れなさい!」と無理やり入るなどの、横柄さが目立っていました。

 

また、以前に永田町で人物情報が掲載されている「政官要欄」で夫の所属省が記載されていた事に「プライバシー侵害だ!」と出版社へ抗議した事もありました。

 

元々、かなり気の強い性格をしているのでしょうね・・・。

 

夫と子供2人がいる豊田氏ですが、家庭でもこのような感じなのでしょうかね?

 

 

二重人格!?子供は大丈夫!?

 

世間一般常識で考えると、政治家で有りながら秘書に対して暴言・暴行を繰り返し、パワハラが日常化していたと思われる豊田真由子氏。

 

そんな豊田氏が家庭内では特に問題が浮上しているような噂が驚くほど出ていません。

 

息子さんは7歳、娘さんは5歳、まだまだ子育て真っ最中の母でもある豊田氏ですが、今回の一件を見ると・・・子育て出来ているの?と思ってしまいますよね。

 

今までは豊田真由美氏の最大の強みとして、子育て世代の親が共感する政治家として「働く母親の声を一番理解してくれている」と広く支持されていました。

 

どんなに二重人格的に家庭内と外での対応が違うとはいえ、根本の性格や人格が多少なりともなければ「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」「お前の娘にも危害が及ぶ!」なんて卑劣な発言はしないはず。

 

家庭内での発言もここまで過激ではないにせよ、少ながらずの過剰発言は有りそうですし・・・幼い娘がいる母としての立場で、秘書の娘をも巻き込むような脅しをするのは信じられません。

 

そんな母を持った子供達・・・著名人であるだけに、ここまで公になってしまったら・・・家庭内では良き妻・良き母だったとしても、今後この一件が原因で子供達がイジメに遭う事も可能性としてゼロではありません。

 

どちらにせよ、豊田真由子氏本人の問題なのですが、家族や子供に罪はないにせよ、可哀想ですね・・・。

 

「働く母を守る」「子供の教育環境を考える」と公言し、多くの指示を支えに議員として世間の先に立つべき人がする事ではなかった・・・。

 

今まで20人もの秘書が辞めて行った裏にもこの暴言や暴行があったと思われています。

 

20人も被害者がいたにも関わらず今まで表に出ず、今になって秘書の勇気によって公になった事が良かったのでしょう。

 

先に辞めて行った秘書の方々は、今頃気分スッキリしているのではないでしょうか。

 

元々は社会を良くする為に政治家になりたいと、東大在学中から志していたようですし、政治に関わるうちにモンスター化してしまったのでしょうね・・・。

 

 

まとめ

 

政治家らしからぬ暴言・暴行が公になってしまった豊田真由子氏。

 

現在は離党届を出し、入院中との噂もあります。

 

過激な内容にはかなり驚きましたが、政治家だから・・・とかの話ではなく、一般人でもダメですよね。

 

「母や子供の見方」として指示されてきた人の裏の顔が、こんなにも非情なものだったとは・・・。

 

モンスターと呼ばれるのも仕方ありませんね。

 

トップ画像:http://www.toyotamayuko.com/

 

関連記事

関連記事

  1. 羽田孜元首相が死去!羽田内閣を振り返ってみた! 息子さんは何者?…
  2. 高梨沙羅がワールドカップ優勝記録更新中!気になる年収は〇〇円!!…
  3. 佳子様人気でかわいそうと言われた眞子様が結婚!佳子様の心境は?
  4. 豊田真由子議員の家庭内!夫が語る!
  5. 小渕優子の今現在は?2017年の活動は!?桜井翔との関係がアレ!…
  6. トランプ大統領はサイコパス?サイコパス診断171点の大統領はどう…
  7. 竹俣紅が破門!?早大合格のかわいい女流棋士の次のタイトルはミスコ…
  8. 女流棋士、 香川愛生の性格や大学、wiki風プロフィール!
PAGE TOP