国内

安部政権の支持率低下はおごりと失言が最大の要因か!? 東京都議選で自民党が歴史的大敗!!

スポンサーリンク

今回の東京都議選では、自民党が過去最低の議席数に終わり、小池百合子都知事率いる都民ファーストが都議会第一党に大躍進しましたね。

 

大方の予想でも自民党が議席を減らすというのは想定内でしたが、まさかここまで大敗するとは予想だにしなかった感じですね。

 

国政での数々の大臣たちの失言や、安部総理自身も森友学園や加計学園に関与したという疑惑などもありますが、自民党への逆風の本質を調べていきたいと思います。

 

安倍晋三プロフィール

都議会選挙で自民党が大敗したのは都民ファーストに追い風が吹いたからか?

https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2017-07/4/3/asset/buzzfeed-prod-fastlane-02/sub-buzz-28898-1499154469-1.jpg?downsize=715:*&output-format=auto&output-quality=auto

 

今回の都議選で自民党が大敗した原因は様々あると思いますが、まず今までと決定的に違ったのが、公明党との選挙協力がなくなったことですね。

 

組織票が確実にある公明党は、選挙では大躍進もしない感じですが、議席を大幅に減らすこともありませんので、公明党が都民ファーストと共闘したのが大敗を招いた原因ひとつなのは間違いないですね。

 

なぜ今まで自民党と選挙協力してきた公明党が今回の都議選では都民ファーストと協力したかですが、その理由は公明党が都議選では絶対に勝たないといけないことがあるからだと言われていますね。

 

公明党の支持母体は創価学会という宗教法人ですが、創価学会の本部が東京都にあって宗教法人の認可を判断しているので、もし民進党などが第一党になってしまうと創価学会が認可取り消しになるのを恐れているというのが本質だと言われています。

 

ただ国政では自民党と連立を組んでいるのに、今回の都議選では都民ファーストと

 

協力したので今後は自民党との関係悪化は確実ですね。

 

自民党は公明党と協力しなくても、そこそこ戦えると甘く見ていましたが蓋を開けてみると大敗して、いかに公明党の協力と組織票が大事かを思い知らされたでしょうね。

 

今回の都議選は都民ファーストが圧勝しましたが、本当に小池百合子都知事に期待して投票したというよりも、自民党の一人相撲で大敗したとしか思えないので、この先の都政も安部政権もとても不安になってしまいますね。

 

安部政権が支持率急落の最大の要因は安部総理自身にあり!?

http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/2/3/640m/img_23c406a9696b3959d27232f3bc5ab938122588.jpg

 

安部政権の最大の特徴は、圧倒的に選挙になると強いところと高い支持率を維持し続けてきて、自民党の中でも安部総理に批判的なコメントをする議員もほぼいないといった感じで、やりたい放題といった感じでしたが、ここにきての支持率急落と都議選大敗などが続いて支持率も危険水域の30%を切る勢いですね。

 

私がここまで自民党が都議選に大敗した一番の大きな原因は、いろいろ失言や疑惑がありますが、安部総理の横柄な態度にあると思っています。

 

自民党が野党に下野して再び政権与党に返り咲いた時には、まだ自民党も安部総理も謙虚さがあったと思いますが、衆議院で300議席を以上を確保して大勝してしまったのが安部総理の初心の気持ちを無くしてしまったのかなとも思っています。

 

いい例を上げますと国会で成立した共謀罪法案ですが、担当大臣である金田法務大臣でさえ二転三転する答弁に加えて、多くの疑問点があるなかでの数の力で強行採決してしまう安部政権の横暴な態度が国民の自民党離れの大きな原因ですね。

 

なぜあそこまで共謀罪の成立を急ぐのかですが、おそらく政府の思惑は国会開会中に一気に成立させてしまって国会を閉会してしまえば、多少の批判はあっても大したことはないと思っていたからではないでしょうか?。

 

少なくとも昔の自民党は良くも悪くも派閥同士で激しく議論しあっていて、自民党同士であっても常に緊張感があった感じでしたが、今の自民党は安部総理に戦々恐々といった感じで、おとなしくしてようといった悪い風潮が透けて見えてしまいます。

 

 

第二次安倍内閣もお友達内閣が原因で退陣してしまうのか!?

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/03/25/20170325k0000m010123000p/9.jpg?1

 

第一次安倍内閣が退陣する原因になったのは、安部総理に近い親しい起用しすぎてましって、大臣に不祥事があっても罷免できずにいてだんだん窮地に追い込まれてます。

 

最近でも安部総理の秘蔵っ子といわれている稲田防衛大臣の数々の失言もありながらも罷免もしないで後手後手になってしまっていますが、このような姿勢ではお友達には甘いといわれても仕方ないですね。

 

稲田防衛大臣は今だに大臣のままですが、一方で前の復興大臣の今村さんの失言の時は事実上の罷免になっていますので、人によって扱い方がこんなに違うのは健全ではないですね。

 

第一次安倍内閣で懲りたはずの安部総理ですが、やはり自分のお友達は大事にしすぎる傾向は昔のままで変わっていないというのが率直な感想ですね。

 

やはり安部総理の挙動を批判できるような人も政権の要職に置かないと、慢心や暴走政治に拍車がかかると思うので、今回の内閣改造には注目したいところです。

 

今の安部政権の現状と自民党の未来について調べてみて

安部政権の支持率急落の原因と、都議選で自民党がが歴史的大敗について調べてみましたが、日本の首都選挙での惨敗は国政にも影響するのは間違いなさそうですね。

 

選挙後に安部総理は真摯に受け止めて反省すると話していますが、加計学園問題の国会での閉会中審査の一連の政府の方の対応を見ていると口だけだったのかと言わざるえないですね。

 

安部政権になって景気は良くなったのは事実だと思いますが、やはり安部総理に欠けているのは日本のトップとしての冷静さだと私は思っています。

 

苛立つこともあるのはわかりますが、国会での姿を見ていると熱くなりすぎてるなぁとよく思ってしまうのでもう少し真摯な態度で対応してほしいなと思います。

 

しかし2020年までは安部政権のままで行きそうな感じもしますが、今の感じのままだと来年の総裁選を待たずに退陣してしまう可能性も大いにあると思いました。

 

タイトル画像:http://i.huffpost.com/gen/5396990/images/n-SHINZO-large570.jpg

関連記事

関連記事

  1. 稲田朋美の別人と言われる若い頃が気になる!? 経歴や辞任の問題点…
  2. 沖縄の名所で戦争を学ぶ。沖縄県民が選ぶ戦争遺跡
  3. 堺市長選挙 2017 年!情勢や候補者の政策や公約は?
  4. 北朝鮮ミサイル発射を繰り返す金正恩の思惑は?戦争迄秒読みか?
  5. 天理市長、長並河健のスキャンダルは何故バレた?流出経路はどこ?政…
  6. 小野寺五典の妻や女性スキャンダルや評判についてまとめてみた!
  7. 蓮舫辞任の理由と政局や株価に与える影響は?二重国籍問題は解決した…
  8. 百舌鳥古墳群を歩く!どんな服装が良い?ウォーキングでの見どころは…
PAGE TOP