生活

日焼けが痛い時の治し方は?日焼け止めの使用期限やおすすめの塗り方はこれ!

スポンサーリンク

 

夏といえば、プールに海にフェスに!出かけるのが楽しい季節ですね。

 

 

しかし、楽しさの反面、気になるのが日焼けです。

 

 

最近は温暖化の影響なのか、日差しも昔よりも強くなっているような気がします。

 

 

健康的に焼ける分には問題ありませんが、焼けすぎてしまうと、皮膚がんの可能性がでてしまったり、将来シワやシミにもなってしまいます。

 

 

なので、日焼け対策をしっかりして出かけましょう。

 

 

日焼けの正体は、紫外線です。

 

紫外線にはA波、B波、C波に分かれていて、A波がシワやたるみに影響し、B波がシミやそばかすの原因になると言われています。

 

 

日焼け止めクリームはそういった紫外線を防いでくれる役割があります。

 

日焼け止めクリームには「SPF」や「PA」という言葉が書かれていることが多いです。

 

 

SPFとはサンプロテクションファクターのことをいい、主にB波を防いでくれる役割があります。

 

 

PAとはプロテクショングレイドオブUVAの略で、主にA波を防いでくれる役割があります。

 

 

それぞれ高い方が防御力が高いですが、高ければ高いほど皮膚に負担をかけてしまうので、一概に高ければいいというわけではありません。

 

日常生活であれば、SPFは10前後、PAは++を、海などで一日中炎天下にいる場合、SPFは50前後、PAは++++を選ぶと良いでしょう。

 

そして、塗る際の注意点としては、まずは化粧水をきちんと塗って、お肌を整えましょう。

 

そして、化粧をする前のベースとして日焼け止めクリームを塗ると良いでしょう。

 

そのあとは、日焼け止めクリームも汗などで流れてしまうので、2~3時間に一度塗り直すことをオススメします。

 

最近はスプレータイプなどもあるので、化粧崩れなどが気になる人は、スプレータイプなども利用するといいですね。

 

日焼け止めクリームは、夏に塗ることが多いので、冬は片付けられていて、夏に思い出して使う!という方も多いかもしれません。

 

そんなとき気になるのが、一年前の日焼け止めクリームは塗ってもいいのか?です。

 

化粧品は、未開封の場合3年、開封済みの場合1年と言われています。

 

 

なので、できれば1年で使い切るのが理想ですが、1年経ったから使ってはいけないというわけではありません。

 

塗ってみて、痒くなる、かぶれるなどの症状が出たらやめて新しいものにしましょう。

 

また、意外と忘れられてしまうのが、頭皮です。

 

頭皮は日焼け止めをぬれないので、対策しない方が多いですが、太陽に一番近いということもあり、実は結構焼けやすい場所なのです。

 

そのため、日傘をさす、帽子をかぶるなどの対策をしましょう。

 

熱中症の対策にもなります。

 

日焼け対策をしながら、夏を楽しみましょう!

 

トップ画像:http://wadacalshop.jp/column/kenkou/img/kenkou_sgazou/shutterstock_101457976.jpg

関連記事

関連記事

  1. 主婦の睡眠時間は平均何時間?毎日昼寝してる人どれくらいいるの?
  2. 線維筋痛症とは?難病なの?完治はするのか?初期症状のまとめ
  3. 関空、伊丹空港の地震の影響は?羽田発着も含め運休、欠航、運航状況…
  4. 子どもの喘息は治るのか?原因や対処方法は?
  5. 風呂掃除の頻度ってどのくらいが良い?共働きと一人暮らしは違う?
  6. 安い肉を美味しくする方法は?バーベキューや家で上手く焼く裏ワザは…
  7. アメトークで紹介!スマホの手振れを抑え滑らかにするスタビライザー…
  8. 痩せる秘訣は、痩せ菌にアリ!腸内フローラを改善して痩せ体質を作る…
スポンサーリンク
PAGE TOP