ジャニーズの写真がネット掲載禁止の理由は?例外はあるのか?

スポンサーリンク

ジャニーズといえば、昔も今も、ファンがたくさんいます。

ファンであればほしいのが、写真!

しかし、ジャニーズの写真を入手することは困難なのです。

思い返してみると、ネットでジャニーズが載っている写真を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。

例えば、雑誌にジャニーズが掲載されたとき、その雑誌をWebページで紹介する際、ジャニーズの顔はグレイに切り取られていることが多いです。

ドラマの記者会見でも、それがネットに掲載される時は、写真は掲載はされていません。

個人のサイトやSNSでも掲載はNGとされていて、もし掲載が発覚したら、ファンや事務所から削除の依頼がくるほどです。

またそれは、ニュースになった場合もそうで、問題を起こしてニュースになった場合でも、ネットへの掲載は行われていないのです。

写真の一つや二ついいのでは。と思いますが、なぜなのでしょうか。

スポンサーリンク

肖像権とは?

ジャニーズの写真がなかなか手に入らないのは「肖像権」がかかわってくるからです。

肖像権とは、人の写真や映像を無断で公開してはいけないというもので、「パブリシティ権」と「人格権/プライバシー権」にわけられます。

「パブリシティ権」とは、対象の人が有名になることで、顧客を商品に惹きつける力(顧客吸引力)が生まれ、経済価値が高まります。そのため、その人の写真や名前を使うための権利のことです。

「人格権/プライバシー権」とは、無断で人の写真を勝手に公開してはいけない、という人格を守るためのものです。

もちろん肖像権は誰もが対象となりますが、ジャニーズは特に厳しく取り締まっているのです。

それは、単純に、ジャニーズは人気があるので、肖像権を守るためというのもありますが、そこから第三者などに悪用されないようにする、というのも一つの目的でしょう。

ネットにおいて、写真などは、一度出たものは一生消えない、とよく言われます。

そのため、ジャニーズブランドを守るためにはここまで厳格にしていく必要があるのでしょう。

スポンサーリンク

写真が手に入る例外はあるのか?

今回、滝沢秀明さんが、日本とアラブ首長国連邦の友好のための親善大使に就任しました。その際なんと!滝沢さんの写真が外務省ウェブサイトに掲載されたのです。

ファンからは驚きや喜びの声が挙がっています。今回は「公務性がある」という理由で掲載がOKになったようです。

写真に関して大きなトラブルというのはあまり聞いたことはありませんが、

知らないところで自分がアップした写真が転売され。。。などになったら、事件に発展していく可能性もあります。

ジャニーズファンからしたら、お宝写真などは、ほしい。見てほしい。などもあると思いますが、

しっかりと個人情報も守りながら応援していければいいですね

スポンサーリンク



タイトル画像:https://i1.wp.com/lh3.googleusercontent.com/-3gHm1zdYjcM/WCldOEFRTFI/AAAAAAAAMH0/iyJ90DsqebMwZhKRukKyVMMFU_kgTWzrgCHM/w700-o/IMG_8044.JPG?ssl=1