秋バテに注意!夏バテとの違いと原因や予防方法を調べてみた。

スポンサーリンク

これから涼しくなる季節ですが、暑い夏の時は体力が落ちたり・食欲がなかったりしやすかったですよね。

季節が秋になると、運動などもしやすく食欲も増して大変でもあり嬉しい季節になります。

でも、秋になってもだるいと感じたり・疲れが続くことってないですか?それは、「秋バテ」というものですが、あまり聞きなれない言葉ですよね。

似たような言葉に、「夏バテ」があります。「秋バテ」も全ての人がなるのでしょうか?

夏バテとの違いや、どのようなにしたら予防できるか考えてみましょう。
[ad]

秋バテとはどのようなもの?

涼しくなる秋の季節に、夏バテの症状が続いたりする人はいるでしょうか?それが、秋バテかもしれないですよ。

夏バテよりしつこくて残りやすい、そして夏バテより多くの人がかかりやすく少し厄介なところがあります。

秋バテは、夏を元気に過ごした人の方が要注意なので気を付けましょう。

夏の間に乱れた生活習慣による自律神経の乱れや、体力や食欲が戻らないなど、夏の不調を引きずっている状態ということはありませんか?そんな中で、朝晩の気温が下がり始めるのが秋ですね。

それに気づかないまま、夏と同じような生活をしていると余計に体が疲れてしまいます。

そのような悪循環を続けていると、体の不調が秋になっても続くことがありますよね。

それが、「秋バテ」です。

【秋バテになりやすい人は、どのような人。】

人間は、暑いと汗をかいて調整をしますがそのときにエネルギーを使います。

また、冷房が効いた部屋で仕事をすることが多いですが体は熱を作り出し、エネルギーが必要になってきます。

これを繰り返していると、体温や胃腸の働きを調節する自律神経が乱れて血液の循環も悪くなりますね。

秋バテになりやすい人は、冷房の整った人はもちろん要注意です。他に、運動不足・ストレスを抱えている人ですね。

特に日頃運動をしていない人は、体温調整のためのエネルギーを作り出す体力がないということもあり、秋バテになりやすいみたいですよ。

私が、これにすごく当てはまっているので気を付けないといけないですね。

仕事をしていると、ストレスがたまりやすいですよね。

そうなると、血管が収縮して血の巡りが悪くなります。

血の巡りが悪くなると、体や頭などが痛くなってきたりするのでやはりストレスは良くないんですね。

秋の季節ですが、まだ少し暑い時もあります。

その時に、冷たいものを食べたり・飲んだりしすぎると内臓が冷えてしまいますよね。

そうすると、血行が悪くなり「だるさ」を感じます。

食べたり・飲んだりし過ぎないようにすると、良いですね。

私も暑い時には、冷たいものを飲んだりするので気を付けないといけないです。

秋バテはどのような症状か。

涼しくなったのに、体調不良を起こすと秋バテの症状がでることがあります。

秋バテの症状はいくつかありますが、どのようなものがあるか見てみましょう。

  • 体がだるく食欲がない。
  • 疲れやすくなかなか眠れない。
  • 胸やけ・胃もたれがする。
  • 無気力。
  • めまいやたちくらみがする。
  • 風邪をひきやすい。
  • 目の疲れや肩こり。
  • ストレスを感じやすい。

以上の症状が少しでもある場合は、秋バテの可能性がありますよ。

夏の疲れからなる場合もあるので、チェックしてみるのもいいですよね。

夏バテとの違いはどのような場合か

夏バテは、どのような症状かイメージが湧きますよね。でも、秋バテはあまりイメージがないですね。

秋バテと夏バテの違いはなにか、考えてみました。

「夏バテ」は、暑さのせいで体力や食欲が無くなってなんとなくだるく元気が無いことです。

「秋バテ」は、食欲が無くなり疲れやすく立ちくらみやめまいがする。

頭がぼーっとして寝不足で、朝スッキリ起きられなくなったりします。

夏バテが回復できないままでいると、秋バテになってしまうということです。

夏の間に、ばてないように頑張っていた体が涼しくなってきて少しほっとした時に、一気に溜まっていた疲れが表に出てきたんですね。

秋バテを予防するにはどうすれば良いか

秋バテを予防するには、疲れを溜めない・自律神経をいたわることを意識すると良いですね。

その為には、何をすればいいかオススメがあります。

1 お風呂に浸かる。

お風呂は、体を温める絶好の機会です。38度から40度の少しぬるめのお湯に15分~30分くらい浸かると良いですね。

お風呂に入る時は、シャワーで済ますことはせずに毎日湯船に浸かることがオススメです。

毎日が無理だとしても、湯船には浸かりましょう。

じっくりお風呂に入ることで、血液やリンパの巡りが良くなり日中の体温も上昇して良いこと間違い無しですよね。

不要な毒素は汗と共にすっきりと排出されていくので、必要な酸素や栄養素は全身の細胞に届きます。

温めることで内臓機能も回復して、胃腸の調子も良くなります。内臓が冷えると、血行が悪くなりだるさを感じるので温かくするのは良いですよね。

2 軽い運動をする。

お風呂で汗をかきますが、運動でも汗をかきますよね。ジョギングなど本格的ではなく、じわっと汗が滲むくらいの運動を毎日続けると良いでしょう。

目安は1日15分程度で、普段の生活についでに出来るごく軽い運動がオススメです。

例えば、

  • 通勤ついでのウォーキング。
  • 寝起き・寝る前のストレッチ。
  • 場所を問わず、なるべく階段を登る。
  • 家事をする際に、つま先立ちをする。    などです。

運動が楽しいと思うようになったら、ウォーキング・水泳などの運動をするのも良いですよね。また、自律神経の安定にもなるのでダイエットにもなるので一石二鳥ですよ。

運動をした後は、汗で体を冷やさない様にしてシャワーを浴びたり体をよく拭いたりしましょう。

3 睡眠をしっかりとる。

秋バテ予防には、睡眠も必要です。質の良い睡眠を取ると良いですよね。

睡眠で、気を付けると良いポイントがあるので見てみましょう。

  • 22時~深夜2時のゴールデンタイムに睡眠をとる。
  • 寝る前1時間程度は、スマホやパソコン作業を控える。
  • 6時間~8時間くらいは、睡眠時間を確保する。     などです。

基本的なことですが、これが意外と難しいですよね。

睡眠をとる時間は、予定があったりすると2時を過ぎる人はいるかもしれないので、週何回は実行すると決めるのもいいかもしれないですね。

スマホやパソコンは、今よく言われていますよね。

これは実行した方がいいです。体の為にも、目が疲れない為にも必要ですね。

睡眠時間は、しっかりとるという意味でも実行したいですね。

ただ今まで、4時間~5時間で体が慣れているという人もいますよね。

そのような人は、少しずつ変えていくのもいいかもしれないです。

難しいかもしれないですが、体の為にも出来る人はしていくと良いですね。

しっかり睡眠をとれていれば、多少の不調はすぐに回復出来ます。

逆に言うと、浅く短い睡眠はあらゆる不調を招きかねないので気を付けましょう。

まとめ

秋バテについて、予防などいろいろと分かりましたよね。

たくさんありますが、

  • 疲れをためず、ストレスをなくす。
  • お風呂に浸かってゆっくりする。
  • 運動をしたり、質の良い睡眠をとる。  などです。

体を休めたりして、秋バテにならない様に心がけるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
ペタサーチ