2018年のお年玉相場を予想!いくら位が妥当なのか?意外なお年玉は?

スポンサーリンク

お正月の一大イベントにお年玉があります。

子供の頃、親戚の集まりに行くとお年玉をもらえるから、集まりが楽しみだった。

という人も多いのではないでしょうか。

しかし、自分が大人になると、今度は子供たちにお年玉をあげる番です。

あげる側は大変ですよね。

自分の経済状況を見つつ、誰にあげるのか?それをいくらあげるのか?など考える必要があります。

こちらでは、2018年のお正月に向けて、相場を紹介していきます。
[ad]

スポンサーリンク

年齢で違う相場

早ければ3歳くらいから、18歳くらいまであげる人が多いようです。

3歳以下は、本人も自覚がないので、本人にあげるというより、ご近所づきあいなどが理由であげることがありますね。

3歳から小学校低学年は、500円、1000円が一般的です。子供の場合500円玉だと喜ぶ子も多いので、500円玉をあげる人も多くいます。

小学校低学年から高学年は、1000円~3000円が一般的です。小学生の時期は、お金の使い方やお金の大事さなどを学ぶとても大切な時期になります。

なので、たくさんあげるというのも大切ですが、限りある中でどう使うか、を覚えさせてあげるとよいかもしれません。

中学生は3000円~5000円が妥当です。

金銭感覚も少しずつわかり、また、友達との比較も始まります。

友達がいくらもらっているのかも気になるお年頃です。

なので、親同士でいくらにするか決める家族も多くあります。

高校生は5000円~10,000円が一般的です。友達と遊びに行くことも増えてくるので、このくらいが妥当です。

あげるタイミングは高校卒業までが一般的ですが、大学生になってももらう人や社会人になってもらう人もいるので、一概には言えません。

お年玉のあげ方

お年玉を渡すときは、ポチ袋に入れてわたします。

小さい子どもは、ポチ袋にキャラクラーなどが書いてあるとそれだけでも喜びますね。

そして、渡す時は、新札を用意します。一年の始まりのイベントなので、新札を渡すと良いでしょう。

ポチ袋は比較的小さいものが多いので、小さいものの時は三つ折りで入れます。

そして、名前を書いて渡します。

渡すときは、親の前で渡すと良いでしょう。

そしてもらったら、親はきちんとお礼をいわせることが大切になります。

一つ一つの礼儀を抑えて大人になっていくことが大切になってきます。

そういった礼儀もわきまえながら楽しめるといいですね。

ちょっと意外で面白いお年玉

さて、お年玉と言うとポチ袋にお札を入れた物が一般的ですが、ちょっと変わったお年玉も如何でしょうか?

そのお年玉はと言うと・・・・

純金カードです。

時価となりますが、相場にもよりますが5000円位から手に入る物もあります。

こんなお年玉貰ったら、インパクトあると思いませんか?このお年玉のメリットは無駄使いされない事です。

貰った子供はその時は不評かも知れませんが、インパクトのあるお年玉は思い出に刻まれる事でしょう!


https://item.rakuten.co.jp/spacegold/050-20-9999seisi/

スポンサーリンク

タイトル画像:https://dnavi.drwallet.jp/wp-content/uploads/2014/12/poto-main.jpg

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
ペタサーチ