双子を妊娠!一卵性と二卵性の違いは?双子はいつ頃わかるのか?

スポンサーリンク

普通に妊娠し、喜びに満ち溢れていたのに、妊娠週数が進むにつれて医師から双子だと告げられ、その喜びは驚きに。

そしてこれからの自分と赤ちゃんの未来について考えたら、不安になってはいませんか?

実は私も双子の妊娠・出産を経験しました。

双子妊娠の事実を知った時、喜びは2倍!

だけど不安も2倍でした。

妊娠10ヶ月の間に私の体はどうなっていくのだろうという思いでした。

でも、双子コーデをしてお出かけをした時に、周囲から「かわいい!」と声をかけられると、とても嬉しいですよ。

ここでは、一卵性と二卵性の違いや双子の妊娠はいつ頃までに判定されるのか、についてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

双子を見かけると、「一卵性?二卵性?」という言葉をよく聞くけど、そもそも違いは?

双子を妊娠したことを医学的には「双胎妊娠」または「多胎妊娠」と言います。

日本では、100人に1人の割合で双子が誕生しています。

双子の妊娠には2つのタイプがあり、一卵性と二卵性に分かれます。

それぞれで誕生するプロセスが違います。

・一卵性双生児

1つの卵子に対して1つの精子が受精します。

ここまでは普通の妊娠と変わりませんが、その後に何らかの原因で1つの受精卵が2つに分裂してしまうのが、一卵性双生児と言われています。

元々は同じ受精卵が2つに分かれたので、性別や血液型は同一で、「どっちがどっちか分からない。」とよく言われるタイプの、そっくり度が高めの双子になります。

・二卵性双生児

2つの卵子に対して、2つの精子がそれぞれの卵子に1つずつ受精し、受精卵が2つできた状態を二卵性双生児といいます。

卵子が2つ子宮内にある理由は、不妊治療やホルモンバランスの乱れ、遺伝も原因の一つです。

受精卵が2つということは、それぞれ別々の卵子と精子が受精したということなので、性別や血液型などは異なるので、「双子にしてはあまり似ていない」と言われることが多いです。

同じ時期に生まれる兄弟姉妹のようなものだと思ってください。

新たな命を授かって素直に嬉しい。でも、その妊娠、双子かも!?

一番初めの妊娠の判別は、薬局で購入できるような妊娠検査薬で行う人がほとんどだと思います。

妊娠検査薬は、あくまでも妊娠の有無を判定するだけのキットなので、双子を妊娠しているかどうかは分かりません。

双子の判別は妊娠初期に受ける超音波検査で分かります。

特に受精卵が2つある二卵性双生児の判別の方が早く、胎嚢が確認できる妊娠5週から6週目には確認できます。

一方で、一卵性双生児の方は胎嚢が1つしかないので、確認がやや遅れます。

心拍が確認できる、妊娠6週から7週目に2つの鼓動が確認できたら、双子と判別します。

しかしながら、受診時期や超音波検査の仕方によっても、異なることがあります。

遅くても妊娠8週から11週目までには双子を妊娠したかどうか分かるとされています。

参考になるおすすめブログ

一卵性と二卵性の違いは? 双子の妊娠・出産に関する基礎知識

一卵性双生児と二卵性双生児の違いとは?

一卵性のふたごと二卵性のふたごの違い

双子 一卵性と二卵性の決定的な違いはこれ!

まとめ

双子の妊娠には、2種類のタイプがある。

元々の受精卵は1つだが、なんらかの原因で分裂し2つに分かれ、性別や血液型が全く同じのそっくりに誕生する一卵性双生児と、受精卵が2つあるので、性別や血液型は別々、あまり似ていない二卵性双生児に分けられます。

双子を妊娠したかどうか分かる時期は、早ければ妊娠5週目。遅くとも妊娠3ヶ月までには確認できます。

一般的に双子の妊娠は、単体の妊娠よりもリスクが高いと言われています。

医師から双子を妊娠していると告げられると、嬉しい反面、不安になることもあると思います。

でも、双子の妊娠・出産を経験している方はそこそこいらっしゃるので、大丈夫です。

本やネットなど、双子の妊娠についての情報は増えてきているので、そこから情報を取り入れることも大事ですが、経験談を聞くことが一番の情報になることもあります。

正しい知識と情報を得て、双子の妊娠・出産に備えると良いです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
ペタサーチ