生活

自宅で手軽に出来る結露防止対策を紹介!結露は健康被害の温床って本当か?

スポンサーリンク
C:\Users\Owner\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Word\ab544ca08d86743bd817e54ce8ab58b9_s.jpg

急に朝夕の冷え込みむようになり、飽きが深まり、冬の足音を感じるようになりました。

冬と言えば、“北窓の恐怖”を思い出す人も多いのではないでしょうか。

拭いてもふいても垂れてくる水滴・・・

いつの間にか黒い斑点ができているカーテン・・・

冬場の“北窓の恐怖”とは、そう、「結露」です!

「なんだ、大げさな。窓が濡れているだけでしょう。気にしなければいい」

と思った人もいるでしょう。

しかし、結露をあなどってはいけません!

結露を放っておくと、健康に深刻な被害を及ぼす恐れもあるのです。

今回は、「結露の原因」「結露による健康被害」「結露防止対策」について詳しく見てみましょう。

 

スポンサーリンク

どうして結露ができるの?結露ができやすい室内環境とは?

そもそも、結露はどのしてできるのでしょうか。

実は、目に見えないけれど空気中にはたくさんの水分が“水蒸気”として含まれています。

空気中に含むことができる水蒸気の量は気温によって差があり、気温が高いほどたくさんの水蒸気を含むことができ、気温が低ければ少ししか水蒸気を含むことができません。

つまり、暖かい空気が急激に冷やされることで、空気中に入り切らなくなった水蒸気が水になって現れたものが「結露の正体」です。

例えば、冷たいジュースを入れたガラスコップの表面についた水滴や、雨の日の学校の廊下や壁につく水滴なども「結露」になります。

冬場、室内の暖房器具によって暖められた空気が窓に伝わり、外の冷たい空気によって冷やされ、水蒸気が液体化することで結露ができるというわけです。

自宅の北側にある窓は日当たりが悪く、室内の暖かい空気と外気温の差が大きくなるため、より結露がつきやすくなります。

 

結露を放っておくとどうなるの?

「結露と言っても、ただ窓が濡れているだけだし、気にしなければいい」と思ってはいませんか?

実は、結露を放っておくととんでもないことになるのです。

まず、押さえておきたいのは、「結露とカビはセット」だということ。

結露の中には空気中に含まれていたチリが凝縮しており、カビはそれをエサにしてどんどん繁殖します。

カビは胞子を出しながら繁殖するのですが、この胞子が問題です。

この胞子が原因でアレルギーやアトピーの症状が出る場合もありますし、吸い込み過ぎると子どもや高齢者などはカビ肺炎という病気になり、深刻な健康被害を及ぼす場合もあります。

目に見えるところでは、レースカーテンや壁紙についた黒い点々、銀色のアルミサッシの端に溜まった黒い汚れなどは全て“カビ”です!

見えるところならまだ気を付けようと思えますが、目に見えないところで繁殖するカビは厄介です。

壁紙だけで済めばまだいいですが、その中の木工ボードや断熱材にまで広がって行くと、白アリの温床となり、いずれは基礎まで到達し、大切な自宅が傾くなんてこともあり得ます。

「たかが結露、窓が濡れているだけ」とあなどらず、しっかり対策をとって大事な自宅をカビの脅威から守りましょう!!

 

自宅でできる簡単結露防止対策!4選

 

その1「こまめに換気しよう!」

室内の暖かい空気と外の寒い空気の差で結露ができるので、窓を頻繁に開け閉めして換気をすれば空気が入れ替わり、結露の防止につながります。

せっかく暖まった室内の空気を外へ出してしまうのは辛いですが、ついでに室内に蔓延した風邪菌を外に出すこともでるし、灯油ストーブなど一部の暖房器具による一酸化炭素中毒の防止にもなるので、やはり冬場の「換気」は大切です。

 

その2「食器用洗剤を利用して窓にバリアを作ろう!」

身近な食器用洗剤を利用するのも1つの方法です。

実は食器用洗剤には“界面活性剤”という物質が含まれています。

この界面活性剤には水分をはじく性質があるので、これを窓に塗ることで水をはじくバリアをつくることができるのです。

方法としては、まず水200mlに対し食器用洗剤を大さじ1杯入れ、その液体を雑巾に含ませて窓を拭きます

次に、窓が少し泡立つので端に溜まった泡を乾いた雑巾で拭けば完了です。

自宅にある物ですぐにできますし、ついでに窓の掃除もできるので一石二鳥!

ただし、いくら水滴をはじくとはいっても多少の水滴はつきますし、効果は1週間ほどしか続かないので、少々面倒くさいのが欠点です。

 

その3「結露防止シート(フィルム)を貼ろう!」

結露を防ぐ最大のコツは、いちばんは「窓を冷やさないこと」です。

極端な話、段ボールや包装に使われるプチプチシートを窓に敷き詰めるように貼ってしまえば絶対結露しません。

段ボールやプチプチシートが断熱材替わりとなり、室内の暖かい空気が窓へ伝わらなくなるからです。

でも・・・さすがにダサいですよね!しかも室内が暗くなるのも気になります。

そこで便利なのが「結露防止シート(フィルム)」です!

ちょうど窓のサイズに合うようにカットされており、薄手なのでしっかり光は取り込んでくれます。

最近ではお洒落な柄が入ったシートも増えており、ホームセンターで手軽に手に入ります。

このシートを1枚貼るだけで結露が防止できると思えば、安いものです。

「シワになりそう」「不器用だけどできるかな」という人でも大丈夫!

貼り方はとっても簡単です。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

 

その4「最終兵器、結露取りワイパーを使おう!」

上記3つの対策をしたにも関わらず、思ったほど効果が得られなかった場合、それはもう自力で結露を取るしかありません!

「自力で取るしかないなんて、やってられない~!」と叫びたくなりますが、よく思い出してください・・・「結露はカビのエサ」です!

カビを繁殖させるくらいなら、自力で結露を取る方がマシです。

そこで、最終手段として登場するのが「結露取りワイパー」!

結露取りワイパーは、ワイパー部分を窓に当てて下から上へスライドさせるだけで、持ち手の筒に水分を溜めることのできる便利な道具です。

詳しい使い方はこちらをご覧ください。

 

結露防止対策はいかがでしたでしょうか。

冬場、濡れた窓を見てため息をつくことにならないように、秋のうちに対策を練りましょう!

結露防止グッズために多少お金は掛かりますが、大事な自宅を守るためには必要な経費です。

冬場の北窓の恐怖には万全の対策で挑み、快適な冬を過ごしましょう。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

関連記事

  1. 鏡餅の飾り場所は何処が良い?処分はどうすれば良いの?
  2. ふるさと納税で蟹を貰う! カニのお得なランキング2018
  3. 職場の人間関係を断捨離する方法と実践のポイントは?悩むなら実行!…
  4. ジャニーズの写真がネット掲載禁止の理由は?例外はあるのか?
  5. スターバックス リワードカードって何?リワードプログラムのお得な…
  6. 誤認逮捕された時はどうなるの?補償や慰謝料はいくら位貰えるのか?…
  7. 線維筋痛症とは?難病なの?完治はするのか?初期症状のまとめ
  8. 秋バテに注意!夏バテとの違いと原因や予防方法を調べてみた。
スポンサーリンク
PAGE TOP