クローバコインが消費者庁から業務停止命令!48ホールディングスのマルチ商法は詐欺なのか?

スポンサーリンク

何かと話題の「仮想通貨」

沢山の仮想通貨が開発される中、日本発の仮想通貨として色々な意味で注目を集めていた、48ホールディングスのクローバーコインを巡って、消費者庁が業務停止命令を下し一定の見解を示しました。

コインは流通しておらず、消費者庁は

仮想通貨に当たるとは現時点で考えていない

と説明しています。

この記事では、会員でもある僕がクローバーコインと48ホールディングについて思いを書いていきます。

スポンサーリンク

クローバーコインとは?

クローバーコインとは48ホールディングスが発行、販売する「仮想通貨」でMLM、マルチレベルマーケティング方式で販売されています。

クローバーコインは、約80%が販促費用、所謂、紹介者への報酬となる為、紹介者には非常に美味しい商品となっています。

当初、残りの20%で世界的な仮想通貨「リップル」を購入し価値を担保するとの事でしたが、リップルを請求しても、未だ実際にリップルを受け取った言う人がいないと言う謎の状況です。

販促活動については、芸能人を読んでの派手なパーティーや、各地で行われるセミナー等が話題となっています。

スポンサーリンク

48ホールディングスに虚偽説明で業務停止命令

48ホールディングスが発行、販売する「仮想通貨」クローバーコインの販売方法に法律違反があったとして、消費者庁は3カ月間の新規勧誘など一部業務の停止を命令しました。

具体的には特定商取引法違反(不実告知など)でMLM、所謂、マルチ販売方式を採用しているクローバーコインを顧客に販売する時に、

3か月で128倍の価値になる

仮想通貨『クローバーコイン』を購入すれば値上がりし、もうかる

等、裏付けの無い虚偽な説明をしたり、連鎖販売業の概要を記載した書類を渡すことなく勧誘を行っていた事が問題視されて業務停止となった模様です。

また、クローバーコインについては資金決済法で定義さている仮想通貨の要件。

「不特定多数に対して代金の支払いなどに利用できる」

の機能を満たしていない為、48ホールディングスは販売を中止していて、当初、クローバーコイン「仮想通貨」として販売活動を行っていたが、途中から仮想通貨ではなく、ポイントだと表現を変更しています。

この点も疑わしい点ですね。

7月の発表では会員は3万人を超え、200億円以上の売り上げがあると発表しています。

取引銀行全てが口座凍結!

48ホールディングスの取引銀行が営業活動に不審な点がある事からか、相次いで口座を凍結しています。

  1. ゆうちょ銀行
  2. 三井住友銀行
  3. 北洋銀行
  4. 北海道銀行

10月3日にクローバコインの販売を停止し、上場へ向けての準備に入るとの通達が会員向けにあったが、最後まで残っていた北海道銀行の口座が凍結されたタイミングとほぼ同じである為、口座凍結により事実上集金活動が出来なくなっ為の措置では無いかと予想しています。

取引停止の要因についてですが、クローバーコインの購入者で構成される分会では、送金が集中して口座がパンクして凍結されていると言う説明が繰り返されていました・・・

クローバーコインは詐欺なのか?

ネットを検索してみると、クローバーコインは詐欺確定!と言う記事を良く見かけます。

現時点で全て詐欺確定と言うのは言い過ぎかもしれませんが、状況を踏まえると値上がりする可能性は少ないのでは無いかと考えています。

そして、消費者庁が虚偽説明があったと公表している為、一部の会員に対しては詐欺行為があった事は否めないでしょう。

また、全ての銀行が口座凍結と言う事態も尋常な状況では無いでしょう。

しかし、仮に詐欺だった場合、早々に口座を凍結することにより被害者への返金できる可能性が高くなるので、不確定要素が強い中での口座凍結を行った銀行の選択は間違いないのではないでしょうか。

まとめ

仮想通貨バブルが巻き起こっており、色々、話題の仮想通貨ですが、情報の精査が難しい状況である事は間違いありません。

そんな混沌な状態を追い風にしてお金儲けをしようと企んでいる企業が沢山あります。

安易に美味い話には乗らない、乗るにしてもリスク承知で乗るようにしないと人生が破綻してしまいます。

そんな中、会員数3万人以上、合計200億円以上の集金をしている48ホールディングの実力は凄いとしか言いようがありませんが、肝心の業務内容についてはグレーな部分を感じます。

この点を払拭し、会員が不幸にならず幸せになるような活動を行って頂きたいものです。

モール構想等、過去に巨額詐欺事件となった円天と類似する点がある為、間違っても21世紀最大の詐欺事件とならないよう心から祈っています。
スポンサーリンク