生活

暖房代を節約したい!最適な設定温度は何度くらい?

スポンサーリンク
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/65/655a75a84f71c7f1bc1b0c3c04f5bf2f_t.jpeg

いよいよ冬本番!寒い季節がやってきました。暑いのには強いけど、寒いのは苦手な私です。

暖房をガンガン効かせたいけど、料金が気になりますよね。

そこで、どうしたら暖房代を節約できるのか?最適な設定温度は何度くらいなのかについて、調べてみました。

スポンサーリンク

   

暖房はつけっぱなしがお得?こまめに消した方がお得?

夏場のエアコンは24時間つけっぱなしの方が、電気代がかからずお得だ!と話題になりました。

それはエアコンの消費電力は、スイッチを入れた直後から設定に温度にするまでの間が

一番かかると言われているからです。

逆に、設定温度に達してしまえば、その温度を保つ電力はあまりかからないのです。

その為付けたり消したりしていると、室温が上がりそれを下げるために消費電力を使うので

電気代が高くなると言われているのです。

では、暖房の時はどうなんでしょうか?冷房同様につけっぱなしの方がお得なんでしょうか?

暖房の場合も消費電力の仕組みは同じで、設定温度にするまではフルパワー運転になり消費電力は多くなります。

エアコンなどのように、温度設定の出来る暖房器具は部屋の温度が設定温度になれば、安定運転に切り替わり消費電力も減ります。

出来るだけ早く、設定温度に部屋の温度を上げ、その温度を一定に保つことが出来れば節約につながり、つけっぱなしの方がお得になる可能性もあります。

しかし、電気ヒーターや電気ストーブの様に常に一定の消費電力で運転する暖房器具に対しては、つけっぱなしがお得になることはありません。

また、いくら部屋を暖めてもすぐに部屋の温度が下がってしまう場合も、つけっぱなしが節約に

なることはないようです。

 

設定温度は何度にすればいいの?

  https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a5/a52d9f7e25b7841d35f34b50c4e77cac_t.jpeg

夏場の冷房は28℃設定が良いと言われていましたが、実は、設定温度を28℃にしたのに

理由はなく、ただなんとなく決めたという話が話題になりましたね。

では、暖房の温度設定は何度にすれば節約につながるのでしょうか?考えてみました。

環境省は暖房の設定温度を20℃に推進しています。

室温20℃では寒すぎる気がしますが、極端に薄着をしていない限り、十分暖かく過ごすこと出来る温度です。

設定温度を1℃上げると消費電力も10%上がると言われます。

確かに、石油ストーブを使っていて、設定温度を1・2℃上げると灯油の減りが急に早くなります。

1日では大した金額ではないかもしれませんが、それが1か月・2ヶ月・・・1年と積み重なると大きな金額になってきます。

寒いなと感じたら、暖房器具の温度を上げる前に上着を着るなどして調整しましょう。

 

暖房器具なにがお得?

   暖房 暖房器具 ファンヒーター ストーブ 灯油 冬 部屋 室内 温度 室内温度 床 窓 カーテン レース 正面 住宅 家

エアコン・電気ヒーター・石油ストーブなど暖房器具はいくつかありますが、何を使うのが

お得なんでしょうか?

エアコンはリビングなど部屋全体を暖めたい時に有効ですが、暖まるまでに時間がかかります。

エアコンの1時間あたりの電気代は2.8円から53円になります。

エアコンの機種によっても異なりますが、古い機種のほうが最新機種より電気代がかかるようです。

電気ストーブはすぐに暖かくなりますが、部屋全体までは暖りません。

しかし、目の前にいれば暖かいのでひとりの時や暖めたい場所が決まっている場合に向いています。

電気ストーブの1時間あたりの電気代は9円から27円です。

こたつはすぐに暖かくなります、手や足など体の一部分を暖めるように出来ています。

こたつの1時間あたりの電気代は2.5円から5円になります。

こたつは、部屋全体が暖まらないため、メイン暖房の設定温度を下げて電気代を節約したいときに併用するといいでしょう。

石油ファンヒーター部屋全体が暖まるまでは時間がかかりますが、目の前に入ればすぐに暖かさを感じます。

石油ファンヒーターは点火時に火力によってW数が変わりますが1時間あたりの電気代は2.7円です。

しかし、これに灯油代が加わえると、単純計算で12円から28円なので14.7円から30.7円となります。

 

まとめ

   https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c4/c40e824d68566c16a154e3eeaef4040a_t.jpeg

エアコンなど温度設定の出来る暖房器具は、部屋を設定温度にするまでの間が、一番消費電力が

かかると言われています。

部屋の温度が設定温度になれば、安定運転に切り替わり消費電力も減ります。

つまり、出来るだけ早く設定温度に部屋の温度を上げ、その温度を一定に保つことが出来れば節約できるわけです。

部屋の温度を下げないために、扉を開けっぱなしにしないなど出来ることから気をつけましょう。

また、暖房器具によっても電気代は変わってきます。

暖めたい場所やひとりでいるときなど、状況に応じて暖房器具を使い分けるといいですよ。

温度を設定できる暖房器具を利用する場合、設定温度は20℃が最適と言われています。

1℃設定温度を上げると10%消費電力が上がると言われているので、寒いと感じたら温度を上げる前にもう1枚羽織るようにたり、こたつなど他の暖房器具をうまく利用するようにしましょう。

節約は積み重ねが大切です。

少しずつでも節約して、これからやってくる寒い冬を乗り切りましょう。

 
スポンサーリンク

関連記事

関連記事

  1. トリュフの種類や普通のきのことの違いは?味や香りの特徴は?
  2. 双子を妊娠!一卵性と二卵性の違いは?双子はいつ頃わかるのか?
  3. 「プレゼントボックスとお祝いプレゼントボックスとお祝い」のフリー写真素材を拡大 幼稚園を転園する際のお礼のプレゼントは?保護者にも配るべき?
  4. ひなまつりの意味の教え方は?由来を子供に簡単に説明!
  5. 福袋2018年!メンズの発売日と予約カレンダーを作ってみた!
  6. C:\Users\Owner\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Word\efdd8982b26eb5872e82b3a892fe6735_s.jpg お七夜のお祝いに招待された時のお祝いの金額は?何を持参すれば良い…
  7. チケットキャンプで入場拒否のトラブルになった時はどうすれば良いの…
  8. けじめ婚って何?けじめ婚の意味と、過去のけじめ婚を調べてみた。
スポンサーリンク
PAGE TOP