鏡餅の飾り場所は何処が良い?処分はどうすれば良いの?

スポンサーリンク

2017年も11月に入り、気が付けば何かと忙しくもなってくる年末も近いですね!

そんな年末も過ぎたら新年のスタートです。

お正月と言えば、おせちや初詣などいろいろな行事もありますが、お正月と言えば

そう!「鏡餅」もお正月を代表するアイテムの一つではないでしょうか?

そんなお正月を代表する「鏡餅」ですが、いざ用意をしてもどう扱うのが

正しいものなのかを知らない方は意外といるのではないでしょうか?

なので、今回は「鏡餅」の正しい使い方から終わった後の処分の仕方までを

まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも「鏡餅」とはどんな意味があるのか?

日本でお正月を迎えるにあたり、その中でも日本を代表する伝統文化です。

お正月になると耳にした事もある「お正月飾り」の一つで

お餅を神仏に供える。と言った意味があります。

他には、健康や長寿を祈願する為とも言われています。

確かに、お餅の原材料と言えばお米で色もキレイな白なので縁起物としてお供えをしてきていても不思議には思いませんね!

鏡餅の意味が分かったところで、次はその「鏡餅」を飾るのはどんな場所が良いのか?

また、置いてはいけない場所はあるのか?を書いていきます。

鏡餅を置く場所は?どこがいいの?

この鏡餅自体の形は住んでいる地域のよって違いはありますが、飾る場所自体に違いはなく

最もふさわしい場所とされているのは「床の間」と言われています。

ただし、近年では家を建てる際やマンション、アパートに住んでいるなど

住む家の間取り自体、昔とはかなり違ってきているので

床の間が無いお家もあるかと思います。

床の間が無い場合は、「玄関から遠く、奥に位置する場所」に置くのが良いみたいです。

鏡餅に大きくて場所をかなり取られる。といったイメージもあるかと思いますが

今やスーパーなどでも見かける機械も増えたかと思いますが

小さめに作られている物もかなり増えてきているので

自分のお家に合わせた大きさの鏡餅を飾る事も可能になりました。

鏡餅の処分ってどうすればいいの?正しい方法でないとダメなの?

いざ、お正月を迎えて鏡餅もきちんとお供えをしたはいいけど

一年中飾っておくわけにもいかないですよね?

鏡餅自体、お供えをする事はそんなに難しい事でもないので良いですが

一番困るのがこの「鏡餅の処分方法」かと思います・・・

まず、鏡餅を飾り始める時期ですが、「お正月が来る前」に飾り始めます。

縁起の関係などもありますが12月13日~12月31日までの間に飾ります

そして、鏡餅を取り外す期間ですが、まずこの鏡餅を取り外す事を

「鏡開き」と言います。

鏡餅の形が住んでいる地域で異なるのと同じで、「鏡開きの日」も地域によって

異なってくるので、もし鏡開きをする際はインターネットなどで調べてみてください^^

因みに、一般的な鏡開きの日は1月11日で関西方面は1月20日

京都方面は1月4日となっているそうです。

そして本題の処分の方法ですが、「鏡開きの日に食べる」が鏡餅の正しい処分方法になります。

食べ方について決まりはないそうなので、せっかくのお正月ですので

お雑煮やきな粉や磯部巻などにして食べるのが良いかと思います。

食べ方が自由に決められるのは良いですよね♪

ただし!!

食べる際、包丁を使ってお餅を切る事は、「切腹」を連想させると言う事で

不謹慎な行動になってしまうのでやってはいけないそうです。

少し面倒くさく感じるかもしれませんが、「槌で叩いて割る」のが

一般的であり、正しいやり方になります。

12月には飾ってあるお餅なので、乾燥しているので「叩く」といっても

強い力はそこまで必要はないので簡単に割れますので

女性の方でも簡単に出来ますし、お子さんなどと一緒に割るのも

日本の古くからの文化と習慣を学べるので良い経験になるかと思います。

今回は鏡餅の飾り始める時期/鏡餅の置く場所/鏡開きの時期/食べ方/割り方をまとめましたが、置く場所は台所などでも大丈夫みたいです^^

今では鏡餅を置く台が紙で出来ている物やプラスチック製の物や置く場所に

困らない位の小さめな作りになっている物など

わざわざ本格的に用意をしなくとも、鏡餅をお供えする事が出来るようになっています。

中には、見た目はプラスチック製で出来ていて、中に割る手間が掛からなくて済むように

お餅が個包装にされて入っている物なんて物もあるので

自分のライフスタイルや家の形に合わせて選べる選択肢はかなり広がっているので

鏡餅をきちんとやってみたいけど、準備とか処分がな~・・・と思って今までは

避けてきていた方もこういった物を選んで「鏡餅」を新しく迎える一年の始まりに

取り入れてみてはいかがでしょうか^^?

スポンサーリンク