お食い初めの鯛の飾り付けは100均手作りで十分!何を買えば良いの?

スポンサーリンク

赤ちゃんが誕生して、100日目に行う儀式がお食い初めです。

しかし、お食い初めの鯛の飾り付けも、慣れない子育てで疲れている時にいろいろ準備するのは意外と大変です。

今回はそんな時に役立つ、100均に売っているもので手作り出来る鯛の飾りつけを紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お食い初めとは?

お食い初めとは、生後100日目頃に赤ちゃんに一生食べ物に困らないように、また、歯が生えるまで成長したことを思い、初めて赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をする儀式です。

地域によっては、「歯固め」・「箸ぞろえ」・「箸始め」と呼ぶところもあります。

ほかにも、100日目頃行うことから「百日(ももか)の祝い」と呼ばれることもあるそうです。

お食い初めに必要なものは?

食器

食器を正式なもので準備するなら、漆器のお祝い膳が理想ですが、高価なものが多いため最近ではレンタルや、離乳食用の食器セットで代用する人増えています。

実際、我が家の子供達も、離乳食用の食器セットで済ませました。

何よりも、家族と両家のおじいちゃんとおばあちゃんが揃ってお祝いしてくれることが大切だと思っています。

小石

歯固めの小石も準備しましょう。

一般的には神社から小石を拾ってきて、後で元の神社に返すそうですが、神社から勝手に小石持って来ていいのかな?とか考えてしまいますよね。

かと言って、「小石を持っていっていいですか?」とも聞きづらいので、私はお庭で石を拾って
よく洗い使用しました。

100均で売っている石で代用している方もいるようです。

地域によっては、河原の小石を使うところもあるので河原で拾ってきてもいいかもしれませんね。

お祝い膳

お祝い膳の基本は、1汁3菜です。

ハマグリなどのお吸い物に、煮物や酢の物・お赤飯や尾頭付きの鯛など加えればお祝い膳になります。

スポンサーリンク

お食い初めの鯛の飾りは100均でOK

お食い初め用に鯛を用意したけど、さらにお祝い膳を引き立たせるために鯛を飾りつけたい。

そんな方に、100均に売っているもので飾りつけをする方法をご紹介します。

鯛を乗せるための大き目のお皿が必要です

こんなお皿が販売されています。

自宅に大皿があればそれでも大丈夫ですが、最近の100均では100円に見えないようなお皿が沢山売っています。

シンプルなデザインの白いお皿から木製のトレーなど、鯛の飾りつけに使えそうなお皿もたくさんあるので1度のぞいてみるのもいいですよ。

お皿が決まったら敷き紙を考えましょう

敷き紙には紅白紙を使うといいですが、千代紙や天ぷら敷紙でも代用できます。

もちろん、100均で購入出来ます。

敷き紙は、裏面を上にした状態で左下を右上にずらして折り、使用します。

慶事と弔事では折る方向が逆になるので気を付けてくださいね。

敷き葉も用意できるようなら準備すると、さらに鯛が引き立ちます。

敷き葉には、長寿の象徴である「松の葉」や難を転じるという意味がある「南天」の葉などが適していると言われています。

おせち料理のグッズが売っている年末なら、100均でも手に入りそうですが、季節が違うと難しいかもしれません。

手に入らないときは、敷き紙が準備出来ていれば大丈夫です。

また、鯛の上に飾りがあるだけでもぐっと見栄えがよくなります。

これは、ご祝儀袋についている水引で代用することができます。

100均でご祝儀袋を用意してもいいですが、敷き紙用に準備した千代紙で鶴などを折り代用してもいいですよ。

いろいろ工夫をすれば、100均にあるもので、十分素敵な飾りつけが可能です。

祝箸があると更に雰囲気UP

祝箸も100均で購入できます。

飾りをチマチマ作るのが面倒な場合はコレ!

100均で揃えられるとは言え、実際やろうと思うと、面倒臭いって人も少なくないかと思います。そんな時はお食い初めセットなる物も販売されているのでチェックしてみてください。

楽天市場で最安値のお食い初めセットを見てみる

お食い初めの石は終わったらどうすれば良いか。

お食い初めが終わった後に、「石は終わったらどうすればいいのか悩む」とよく聞きます。

それはいろいろな方法があり、それと同時に「どこからその石をもらってきたか」ということでも変わります。

石に決まりはないですが、丸くてツルツルしていたり形の良いものがいいそうです。

使う石も1~2個と言われているようですが、数についても厳密にこだわる必要はないかもしれないですね。

でも、その時の「歯止めの石」を終わったらどうすれば良いか、とても気になりますよね。

  • 神社にお返しする 

ご家族の人が神社から拾ってもらってきた場合は、石をもらってきた神社にお返しするのが良いです。

ただ特別なことをするというわけでなく、お礼参りなどをして神社の玉砂利の中などに混ぜて返しておけば大丈夫です。

神社によっては、お宮参りの時にくれたりする所もあります。他には「七五三の時に返してください」と表示してある所もあります。

その場合は、その神社のやり方があるので従えばいいでしょう。

神社に敷いてある石を拾ってもらってきた時は、お食い初めが終わったらお礼参りをかねて返しに行くといいですよね。

  • もらってきた場所に返す 

神社以外で石を拾ってきた場合は、もとあった場所に返しておけば問題ないです。

自宅や、お爺ちゃん・お婆ちゃんの家の庭からもらってきたという人も、そのまま元の場所に返しておくと大丈夫です。

また河原から小石を拾ってくる人もいますが、そのような人もそのままあった場所に返すといいですね。

  • 記念として保管する 

他には、記念にとっておくという方法があります。例えば、自宅での石なども「記念にとっておきたい」という人もいますよね。

また、インターネットで購入した人も記念にとっておくのもいいです。

でも「歯固めの石」といえども、見た目はただの石です。とっておく場合は、間違って捨ててしまうということも考えらます。

そのような事のないように、専用のケースや記念になる箱などに入れて保管するといいです。

もしかしたら、桐箱のちゃんとした箱もあるので記念に残したい人にはオススメですね。

神社の境内やお宮参りで授かったものも、記念として保管できます。その場合は、その神社によって違うのでその神社に聞いてみるのが確実かもしれませんね。

でも、神社でもらってきたものでも記念に残していいものもあるというのは嬉しいですね。

必ずではないので、一度聞いて見るのが良いということも考えられます。

石の代わりは何がいいか

ご家族によっては、歯止めの石を準備できないという場合もあります。

神社に行く時間がなく、ご両親が近くに居なかったり・インターネットで購入するのもすぐには届かないので時間がないという場合があります。

その場合は、代わりの物でお食い初めができます。どのような物があるのでしょう。

  • タコ 

関西や四国地方では、歯止めの石の代わりにタコを使っている地域があります。タコの名産地がたくさんあるからという説もあります。

タコは「多幸」という語呂合わせがあり、とても縁起が良いようです。

タコは、弾力があり硬いので「タコでも噛みきれるような歯が生えますように」という願いがあるようです。

また、「吸盤のように歯並びが良くなりますように」という願いも込められているようです。

タコならスーパーなどで1年中手に入るので、突然の場合でもいつでも代わりに使えますよね。

  • アワビ

岩手県などでは、歯止めの石の代わりにアワビが使われます。

アワビは硬いものなので、「丈夫な歯が生えるように」という願いが込められています。

アワビなら、魚屋で手に入ります。でも高級なので、魚屋さんに聞いた方が確実という可能性があります。高級食材なので、お祝いの行事にはピッタリです。

お孫さんにはメロメロな、お爺ちゃん・お婆ちゃんにお願いしてみるのも良いですよね。

  • 梅干し

梅干しは表面のシワから、長生きの象徴として縁起物になっている地域があります。

梅干は、「梅干しのようにシワだらけになるまで、長生きできますように」という願いが込められています。

直に食べさせるのは塩分が多く刺激も強いので、お箸で交互に触れる程度に留めるのが良いでしょう。

  • 栗 

栗の実も、地域により歯止めの石の代わりに使われます。栗も固いので、「丈夫な歯が生えますように」という願いが込められています。

栗をそのまま使ったり、栗を蒸して使うという方法があります。でも栗は季節が限られますが、おめでたい日なので準備が出来ると嬉しいですね。

  • 紅白餅 

紅白餅は、元々お食い初めのお祝いの禅に用意されています。ただ、歯止めの石の代わりに使う地域もあります。

紅白の色合いと、日持ちをする・長持ちするというところから縁起物とされています。

つきたての紅白餅は、柔らかいですが乳歯が生えたばかりの子供に食べさせると喉を詰まらせる危険があります。お箸を交互に、当てるだけで十分です。

  • 碁石 

地域によっては、神社の境内の石ではなく碁石を代わりに使う所もあるようです。碁石は硬いので、「丈夫な歯が生えるように」という願いが込められています。

碁石は手に入りやすく、市販品ならプラスチックやガラスで出来ています。

高級品なら、はまぐりをくり抜いて作られているものもあります。

インターネットなので見てみると、意外とあるかもしれないで興味がある人は見てみると良いでしょう。

まとめ

お食い初めとは、生後100日目頃に赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにとの思いを込めて、食べ物を食べさせる真似をする儀式です。

お食い初め用の食器は漆器のお祝い膳が理想ですが、離乳食用の食器で代用することも可能です。

また、お食い初め用の小石についても、神社の小石を用意できれば理想ですが、河原やお庭の小石でも代用できます。

自分で鯛に飾り付けする場合は、100均に売っている食器や千代紙で手作りもできます。

自分のアイデア次第で、いろいろアレンジ出来るのでぜひチャレンジしてみてください。

正式にお食い初めをしようとすると、いろいろ大変なこともあると思いますが、赤ちゃんを思う気持ちが1番大切です。

あまり、難しく考えずに楽しくお食い初めを済ませましょう。

以上お食い初めの鯛の飾り付けについてまとめてみました。

スポンサーリンク

画像:https://hikari-days.com/1257.html,http://roomclip.jp/photo/Z0F2