生活

チケットキャンプで入場拒否のトラブルになった時はどうすれば良いのか?

スポンサーリンク

人気のあるアーティストのチケットはなかなか手に入らないものです。

でも、どうしても行きたい時に助けてくれるのが、チケットキャンプなどのチケット売買サービスです。

しかし最近では規制が厳しくなり、転売されたチケットでは「入場ができない」、入場できても「退場させられる」などのトラブルが起きています。

今回は、チケットキャンプで買ったチケットでトラブルになった時の対処法をまとめていきます。

スポンサーリンク

チケットキャンプってどんなサービス?

チケットキャンプとは、ミクシィの子会社が運営している、チケット売買サイトです。

手に入らなかったチケットを買うことが出来たり、余ってしまったチケットや友人とダブってしまったチケットを売ることができるサービスです。

私も、どうしても行きたいイベントでお世話になったことがあります。

最近は、転売目的でチケットを購入した人が、高額でチケット転売しているため、問題になっていたりします。

また、チケット販売サイトで購入したチケットでは会場に入場できないトラブルも増加しています。

やっと手に入れたチケットなのに、会場に入れなくては悲しいですよね?

チケットキャンプで入場拒否トラブルになった時の対処法をご紹介します。

チケットキャンプで買ったチケットで入場できない理由


ここ最近、コンサートを運営する会社は転売にとても厳しくなっています。

転売が発覚すると、そのチケットを無効とし席番号を公表しているアーティストもいます。

以前から、チケットを高額に販売するダフ屋という存在はありました。

しかし、一般のファンの子が高額でチケットを売買することはあまりなかったように思います。

チケットを販売しているところを警察に見られたら捕まってしまう可能性がありますからね。

それが、インタネットが普及した現在、誰もが簡単にチケットを販売できるようになり、罪の意識がないまま、悪質な転売が増えイベントを運営する会社も対処せざるを得ない状況となってるのだと思います。

近年多くのチケットに「違法転売されたチケットは入場をお断りする場合がある」旨が記載されています。

そのため、あきらかに正規なルートで購入されたチケットではないと発覚した場合には、入場拒否できるわけです。

他にも、チケットキャンプで購入したチケットが偽物だったといったトラブルも少なからずあるようです。

このような場合、チケットが偽物なので当たり前ですが入場することは出来ないわけです。

チケットキャンプで入場拒否された時の対処方法

会場まで足を運んだのに、入場拒否されたらどうしますか?

本当はそんなこと考えたくないのですが、入場拒否された場合の対処方法をご紹介します。

基本的、会場で入場拒否をされてしまったら、入場できる可能性はほとんどありません。

もし、可能性があるとしたらチケットに「営利目的の転売禁止」と書かれていて、定価以下で購入したことが(営利目的ではない)と証明できた場合に入場できた例もあるそうです。

また電子チケットで入り口を変えたら入場できたとのうわさもありますが、1度入場拒否されたチケットでは入場できないと思ったほうがいいでしょう。

では、一体なにができるのでしょうか?

残念ですが、そのコンサートを見ることはあきらめなくてはなりません。

まずは出品者から返金してもらうことを考えてみましょう。

この場合、チケットキャンプ内での取引が完了しているためチケットキャンプ内でやり取りができません。

自分で、出品者と連絡を取り返金をお願いするしかないのです。

相手にもよりますが、返金してもらうのは難しいのが現状です。

チケットキャンプあんしん補償プラス

チケットキャンプには、万が一入場できなかった場合の返金してくれるあんしん補償プラスというものがあります。

チケット購入時にこのサービスに加入しておけば、会場まで行ったのに入場できなかった場合や購入時と違ったチケットが届いたときにチケット1枚あたり最大5万円まで補償してくれます。

届いたチケットが偽物だったというトラブルにも、あいしん補償プラスで対応してくれます。

しかし、チケットキャンプ側が入場拒否の確認が出来ない時やチケットキャンプ側が適当でないと判断された時、その他の理由で返金させれないこともあるので覚えておきましょう。

まとめ

チケットキャンプとはミクシィの子会社が運営している、チケット売買サイトです。

最近、チケットキャンプなどのチケット転売サイトで購入したチケットでは入場拒否されたといったトラブルが発生しています。

会場で入場拒否をされてしまったら、そのチケットで入場できる可能性はほとんどありません。

入場拒否された場合、売り手に返金の請求をすることができますが、返金してもらえる可能性は低いです。

チケットキャンプには、あんしん補償プラスというサービスがあり、チケットキャンプ側が適当であると認めてくれた場合には1枚あたり最大5万円までの補償を受け取ることができます。

入場拒否のトラブルの対処方法は、相手に返金請求する・あんしん補償プラスを利用するなど対処方法はあります。

しかし、どれも100%補償してくれるものではありません。

コンサートは見られない、お金は帰ってこないではなかなか納得できません。

結局は正規のルートでチケットが取れるのが1番ということになりますね。

しかし、競争率の高いチケットは取るのがむずかしくチケットキャンプなどを利用する人は少なくありません。

チケットキャンプで購入したチケットだから、入場拒否といったトラブルにならないように、高額転売や営利目的の売買は禁止するなどの対応してくることを願うばかりです。
スポンサーリンク

関連記事

関連記事

  1. ひなまつりの意味の教え方は?由来を子供に簡単に説明!
  2. C:\Users\Owner\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Word\efdd8982b26eb5872e82b3a892fe6735_s.jpg お七夜のお祝いに招待された時のお祝いの金額は?何を持参すれば良い…
  3. スキーやスノボで日焼けした時のケア、雪焼けを治す方法は?
  4. コレラと同じ分類のはやり目とは?原因や症状、恐るべき感染力と潜伏…
  5. 妊婦になってから風疹が危険!子供への影響や予防策は?
  6. 秋バテに注意!夏バテとの違いと原因や予防方法を調べてみた。
  7. 線維筋痛症とは?難病なの?完治はするのか?初期症状のまとめ
  8. 鏡餅の飾り場所は何処が良い?処分はどうすれば良いの?
スポンサーリンク
PAGE TOP