パレスチナとイスラエルの違いは?パレスチナ自治区に首都はあるのか?

スポンサーリンク

アメリカのトランプ大統領の首都宣言で、パレスチナとイスラエルを含む中東各国は混乱に陥っていますね。

イスラエルとパレスチナの仲が悪いのは知っている人も多いかと思いますが、どうして仲が悪く争っているのかは意外と知らない人も多いかとも思います。

そこでパレスチナはイスラエルの中にある国なのか、パレスチナ自治区とはどういう意味なのかなどを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

パレスチナとイスラエルの違いを解説!


パレスチナとイスラエルの違いを簡単に説明すると、それぞれ人種が違うため争いの歴史が続いていると言えます。

パレスチナとイスラエルの問題を知るには3,000年前に遡りますが、今のイスラエル国の土地はアジア・ヨーロッパ・北アフリカを結ぶ重要な地域でした。

そのため今のイスラエル国の領土を巡って争いが続いていますが、紀元前にローマ帝国に占領されてからは、今までこの領土に住んでいたユダヤ人は追い出されてしまいました。

その後ローマ帝国の占領からイスラム帝国に変わり、この頃からアラブ人もこの領土に住むようになってきました。

この地域は様々な国が支配してきた歴史があり、様々な人種や宗教が誕生しているため、現在のパレスチナ・イスラエル問題に繋がっています。

その後イスラム教のオスマン帝国が400年に渡ってこの領土を支配しますが、この時にオスマン帝国がこの地域をパレスチナと名付けたのがパレスチナという名前の始まりです。

そして第一次世界大戦が勃発しイギリスが占領しますが、ユダヤ人とアラブ人の内紛に手を焼いたイギリスが第二次世界大戦後にこの地域を手離しました。

どこの国の領土でもなくなり、国連がこの地域をユダヤ人とアラブ人に領土を分けようと分断案が提示されました。

しかしこの分断案はユダヤ人を優遇した内容で、アラブ人は納得せず猛反発していくことになります。

ユダヤ人を中心とした国がイスラエルとなり、アラブ人は国を作りませんでしたが、後にパレスチナ自治政府として国家になっています。

アメリカがイスラエルを支援しているのは、アメリカ国内にユダヤ人が多くいて、大統領選挙などに影響力があるためだとも言われていますね。