水出し緑茶を水道水で美味しく作る!賞味期限や効能等、注意点は?

スポンサーリンク

温かい緑茶には、カテキンが含まれていてがんを予防する効果などがあり健康に良いと言われています。

そんな緑茶を水出しで作る事で、温かい緑茶とは違った効能があり今話題を集めています。

水出し緑茶の効能や水道水で美味しく作る方法などをご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水出し緑茶の効能とは

水出し緑茶は温かい緑茶と違い、カテキンが出にくく旨み成分のテアニンが抽出されます。

テアニンには、興奮を鎮め緊張を和らげる働きや心身をリラックスさせる効果があります。

渋み成分のカテキンが少ないので、まろやかな味でカフェインも少なく子供や妊婦の方におすすめです。

水出し緑茶では熱に弱いビタミンCを多く摂取する事が出来、風邪の予防やお肌に効果的です。

水出し緑茶は、温かい緑茶よりもエピロカテキンが豊富で効率的にとる事が出来ます。

エピロカテキンには、抗酸化作用や抗菌作用があり血糖値の上昇を抑制し、免疫力を高めてくれる効果があります。

ダイエットなどでカロリーを気にしている方には、水分補給にカロリーのない水出し緑茶がおすすめです。

水出し緑茶を水道水で美味しく作るには?

水出し緑茶には良水の軟水が好ましく水道水でも美味しく作る事が出来ますが、沸騰させて冷ました水を使う事でもっと美味しくなります。

浄水器を使用した水道水はカルキが除去され、水出し緑茶を美味しく作る事が出来ます。

割安な浄水器でも充分に美味しい水出し緑茶を作る事が出来ますので、浄水器のない方はこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか?

水道水に竹炭を入れておくとカルキ臭さが取れ、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル分が水の中に溶けだし天然のミネラルウオーターになります。

この水を使って水出し緑茶を作る事で、口当たりがまろやかになり美味しく味わう事が出来ます。

スポンサーリンク

水出し緑茶の作り方と注意点は?

〈茶葉で作る方法〉

材料は水300mlに対し、茶葉(煎茶、玉露)大さじ2杯で、急須に茶葉を入れてから水を入れ5分待ちます。

涼しげなグラスや湯のみに氷を入れ、急須から注ぐことで美味しく召し上がる事が出来ます。

急須を冷蔵庫で保管する事でまた淹れる事が出来、2日目以降は水から氷水にする事でまろやかさが増し、待ち時間は5秒で美味しい水出し緑茶を召し上がる事が出来ます。


http://www.fukumotoen.co.jp

〈お茶パックで作る方法〉

材料は水1リットルに対して茶葉10〜15gで、茶葉をお茶パックに入れて冷水ポットにお茶を入れ水を注ぎます。

3時間以上冷蔵庫で冷やし、好みの濃さになったら出来上がりです。

温かい緑茶よりも抽出時間が長くかかりますが、作って冷蔵庫に入れておけばいつでも飲む事が出来、旨みや甘みがきちんと出ます。


http://www.fukumotoen.co.jp

市販のティパックでも簡単に美味しい水出し緑茶を作る事が出来ますので、時間にあまり余裕のない方におすすめです。

水出し緑茶を作る時に注意する事は、低温でじっくり出し急速に冷却する事が大切です。

低温でじっくり出し急速に冷却する事で、甘みの成分のテアニンやビタミンCが壊れずに残り、まろやかで深みのある旨味たっぷりの水出し緑茶を作る事が出来ます。

水出し緑茶を美味しく飲むためには、冷蔵庫で保管し早めに飲み切る事が大切です。

水出し緑茶の賞味期限は何日?

水出し緑茶の賞味期限ですが、殺菌作用のあるカテキンが入っているので賞味期限が長そうに思いがちですが、賞味期限は1日です。

あくまで、賞味期限ですので1日たったから飲めないと言うわけではありませんが、美味しいうちに飲めるのはせいぜい冷蔵庫に入れてあったとしても3日程度です。

それ以上たちますと、味がかなり落ちてきますし雑菌もかなり繁殖してきますので、注意する必要があります。

ですので、3日で飲みきる量を作るようにしましょう!と言っても、夏の暑い時期でしたら一人暮らしでも美味しい水出し緑茶はすぐに無くなってしまうと思いますけどね。

まとめ

  • 水出し緑茶と温かい緑茶には、それぞれに健康に良い効能があります。
  • 暑い夏には氷を浮かべ、水出し緑茶を飲む事でより涼しさを味わう事が出来ます。
  • 茶葉から作っても市販の物でも美味しく飲む事が出来ます。
  • 水道水でも美味しく作る事が出来、工夫をする事でまろやかな味わいになります。

寒い季節では温かい緑茶が美味しく感じられますが、暖房の効いている部屋で喉を潤すのに飲む水出し緑茶もいいかもしれませんね。

夏にはかかせない水分補給に水出し緑茶がおすすめで、ペットボトルで購入するよりも家で作れば家計に優しく買い物の手間を省く事も出来ます。

子供はジュースを欲しがりますが、糖分や虫歯が気になる場合にはカフェインの少ない水出し緑茶がおすすめです。

カフェインが少ないので、カフェインやカロリーを気にする方にもおすすめで、時間に余裕のある時などは急須で水出し緑茶を淹れてくつろいでみてはいかがでしょうか?スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
ペタサーチ

コメント