リニア談合の問題点と影響は?罰則が軽いのは本当か?

スポンサーリンク

リニア新幹線は東京ー大阪間を67分で行き来でき、総工費9兆円という国をあげての巨大プロジェクトで、大手スーパーゼネコン4社による談合が発覚しましたが、また談合かという感じで特に驚きはしませんでした。

総工費9兆円の大型事業はそうそうないので、談合をして均等に仕事を受注して穏便にしようという考えから抜け出すのは至難の技のように思います。

そこでリニア談合の問題点と今後の影響、談合をしても自己申告したら罰則が軽くなるという制度があるようなので真相を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク