生活

ひなまつりの意味の教え方は?由来を子供に簡単に説明!

スポンサーリンク

幼い頃、私の自宅にはひな人形が2種類ありました。

母が実家から持ってきた古いひな人形と、母が私たち姉妹のために買ってくれたケース入りのひな人形です。

ケース入りの方は2月になると当たり前のように子ども部屋に飾られ、母のひな人形はボロボロになるまでお人形ごっこに使われていました。

そして、いつも片づけそびれてホコリをかぶってしまうのですが、改めて思い返すと「なんのためにひな人形を飾るのか」をわかっていなかったし、ひなまつりの意味も知りませんでした。

私自身が母になった今、日本の伝統の行事をなんとなく続けるのではなく、しっかり意味があるということを子どもたちに教えてあげたいと思います。

今回は、子どもたちに簡単に説明できるようにひなまつりの意味をまとめてみました。

ひなまつりの意味、由来とは?

ひなまつりというと、ひな人形や桃の花を飾り、ハマグリのお吸い物などを食べる「女の子のためのお祭り」というイメージがありますが、それらにはどんな意味、由来があるのでしょうか。

そもそも、ひなまつりの起源は平安時代の「五節句」という行事であると言われています。

平安時代頃に始まった「五節句」は、季節の節目に身の穢れをはらい、健康や長寿を祈り、厄除けを願うという風習のことです。

「五節句」は、1月7日「人日(七草がゆ)」、3月3日「上巳(桃の節句)」、5月5日「端午(菖蒲の節句)」、7月7日「七夕(星祭)」、9月9日「重陽(菊の節句)」の5つがあります。

現代でも引き継がれている「子どもの日」や「七夕」などの行事も、「五節句」から来ていたのですね!

ひなまつりは、3月3日の「上巳(ジョウシ)の節句」に当たるというわけです。

上巳の節句は、元々は女の子のための行事ではなく、男女関係なく厄払いが行われていました。

「ひな人形」も、今と違って当初は「流し雛」ということで、川や海に流されていたそうです。

「こんなに綺麗なひな人形を流すなんてもったいない!」と思うかもしれませんが、当初は現代のような技巧が凝らされたひな人形ではなかったのでご安心ください。

「流し雛」は、「お祓いの人形を水に流すことで、自身の身の穢れを水に流して清める」という意味があったのです。

しかし、江戸時代になると、それまで日付が変動していた上巳の節句を「三月三日」と定められ、人形作りの技術が向上し川には流さずに家に飾るようになったため、「女の子のための日」という考え方が生まれました。

それが今では、「女の子の誕生や成長を祝い、長寿(長生き)を願うお祭り」というお祭りとして伝わって来たのです。

お子さんにひなまつりには古い歴史があることを話すと、びっくりするかもしれませんね。

また、ひなまつりの起源をふりかえると元々は男女関係なく穢れを払っていたわけですから、男の子のお子さんだって一緒にひなまつりを祝い、ひなあられを食べてもいいと思いますよ!

スポンサーリンク

ひな人形をしまいそびれるとお嫁に行けないって本当?

女性であれば、一度は「ひな人形を片づけないとお嫁に行けないよ!」と言われた記憶があるのではないでしょうか。

私もその一人です。

場所を取るひな人形を片づけるのはとても面倒なのですが、大切なことです。

ひな人形にはもともと「厄払い」の意味があるわけなので、穢れを移した人形をいつまでも側に置いておくのは良くないからです。

そして、ひなまつりが終わったら、二週間以内(三月中旬まで)にしまうのが一般的です。

そこまで急ぐ必要はないですが、春休みに入るまでには片づけた方が良さそうですね。

実際に「片づけ忘れたからといってお嫁に行き遅れる!」というわけではありませんが、季節感を持ってきちんとひな人形の片づけができる女の子というのは、お嫁さんとしても喜ばれるのではないでしょうか(笑)

ひなまつりに桃の花を飾るのはどうして?

また、ひなまつりと言えばひな人形の横に桃の花を飾りますが、造花が多いようです。

そもそも、3月3日ごろはまだ朝夕は肌寒い日もあり、桃の花が咲く時期ではありません。

すると、「どうして桃の花が咲いていないのに飾らないといけないの?」という疑問を持つ子もいるでしょう。

それは、ひなまつりが始まった当初は現代の「太陽暦」ではなく「太陰暦」だったからです。

「太陰暦」は月の満ち欠けを基準に作られたカレンダーのようなもので、1か月は29日~30日しかなく、現代の太陽暦よりも早いサイクルで月が変わります。

ひなまつりが始まった頃の3月3日は、現代の4月初旬に当たるので、本来はちょうど桃の花が咲く時期だったのです。

桃の花が咲いていない理由はわかりましたが、「じゃあどうして桃の花なの?タンポポでもいいんじゃないの?」と言われたら困りますよね。

実は、桃の花でないといけない理由があるのです。

それは、古くから「桃」は、「厄除け」や「健康」、「長寿」の象徴だからです。

例えば、桃太郎の昔話を見ても、「桃から生まれた男の子が鬼(穢れ)を退治する(祓う)」ということで、桃に「厄除け」の意味があったことがわかります。

また、中国では桃はあらゆる病気に聞く仙薬の材料として使われているし、「健康」や「長寿」のイメージにぴったりです。

七福神の中の「長寿」をつかさどる寿老人も、よく見ると杖と一緒に「桃」を持っているものもあるので、お子さんと一緒に探してみましょう。

桃の花を飾ることにも意味があったのですね。

どうしてハマグリのお吸い物やひし餅、ひなあられを食べるの?

ひなまつりのシーズンになると、どんなお店でもカラフルな袋に入ったひなあられが並ぶので何気なく食べてしまいますが、ひなあられにも意味があるのでしょうか。

一般的にひな祭りに食べられているものは、「ちらし寿司」「ハマグリのお吸い物」「ひなあられ」「ひし餅」「白酒」などがあります。

最後に、ひなまつりで食べる食べ物に一つひとつ注目してみましょう。

・チラシ寿司

一説によると、平安時代の桃の節句には、すでにお寿司の起源である「なれ寿司」が食べられていたそうです。

その習慣が現代までに引き継がれていく間に、エビ(腰が曲がるまで長寿)、レンコン(先が見通せる)、豆(まめまめしく、勤勉)といった意味を持つ具材が足され、豪華になっていきました。

・ハマグリのお吸い物

ハマグリは、固体によって形が違うため、同じ貝同士でないと絶対にぴったり合うことはありません。

その特徴を利用し、平安時代には「貝合わせ」という遊びに用いられていました。

ゆえに、古くからハマグリは「仲の良い理想の夫婦」の象徴として捉えられてきました。

ハマグリのお吸い物には、「自分の娘もいつか素敵な男性と出会って結婚し、良い夫婦になりますように」という親の願いが込められていたのですね。

・ひし餅、ひなあられ

ひし餅は、ひなまつりの起源である上巳の節句と共に中国から伝わりました。

現代のように三色になったのは江戸時代からで、赤=魔除け、白=清浄、緑=健康という意味があり、「雪(白)が解けて、新芽(緑)が萌え、桃の花(赤)が咲く」という「春の訪れ」も表しています。

また、ひなあられは、元々はこのひし餅をくだいて揚げたものだったのです。

平安時代の貴族の娘たちは、ひな人形を川辺や野原に持ちだし、春の景色を見せてあげるという「雛の国見せ」という遊びをしていました。

その際に食べていたのが「ひなあられ」だったというわけです。

・白酒

白酒とは、中国から伝わった「桃花酒」のことで、桃の花で香りをつけられています。

お酒にも「桃」の長寿のイメージが込められていたのですね。

しかし、白酒にはアルコールが入っているため子どもは飲めないので、白酒の代わりに甘酒を飲むといいかもしれません。

まとめ

ひまなつりにも、細かく分けると以下のような意味がありました。

・ひなまつりは、中国から伝わった五節句のうちの1つ、「桃の節句」である。

・始まった当初は男女関係なく、人形を水に流して穢れを払う行事であった。

・江戸時代頃から人形を飾るようになり、女の子の成長を祝う行事になった。

・桃の花を飾り、チラシ寿司などを食べるのにも意味がある。

3月というのは、現代でいうと年度末であり、とても忙しい時期で別れの季節でもあります。

そのため、ひなまつりはいつも一瞬で過ぎてしまいがちです。

しかし、これらの意味一つ一つ子どもに教えてあげれば、思い出に残るし、より有意義なひなまつりが過ごせるのではないでしょうか。

素敵なひなまつりのお祝いが、これからも引き継がれていってほしいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

関連記事

  1. 高速道路の追越車線で停車させて死亡事故に!犯人は誰?事件に巻き込…
  2. 先天性風疹症候群の確率や症状は?予防接種は受けた方が良い?副作用…
  3. 日焼けが痛い時の治し方は?日焼け止めの使用期限やおすすめの塗り方…
  4. 秋バテに注意!夏バテとの違いと原因や予防方法を調べてみた。
  5. 誤認逮捕された時はどうなるの?補償や慰謝料はいくら位貰えるのか?…
  6. ひな祭りにおすすめのレシピ!イヤイヤ期の2歳児も笑顔になるメニュ…
  7. 浅草寺へ初詣に行く時の作法はあるの?
  8. C:\Users\Owner\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Word\bffa39e466e7538578240151453e5590_s.jpg サンタのプレゼントは何歳から?何歳まで信じるのかを調べてみた
PAGE TOP