大杉漣さんが死亡!急死の原因急性心不全ってどんな病気?

スポンサーリンク

こんばんは

大杉蓮さんが急性心不全で急死と言うニュースが入ってきました。

享年 66歳とまだまだこれから言う年齢で、つい最近もテレビに出演されてました。

ゴチバトルにも出演されていて、現役バリバリの俳優さんでしたので信じられません。

病名は急性心不全という病気です。元気だった大杉さんが無くなった原因の急性心不全と言うのはどんな病気か調べてみました。

スポンサーリンク

大杉漣さんのプロフィール

本名を大杉孝

1951927日生まれの現在66

徳島県小松島市出身、

身長178cm、体重72kg、血液型B

出身大学 明治大学

無類のサッカー好きとして知られ、高校時代はサッカー部に所属し、現在では、地元・徳島県のJリーグ「徳島ヴォルティス」を熱心に応援しています。

サッカー好きが興じて、プライベートでもサッカーチーム「鰯(いわし)クラブ」を結成し、背番号「10」を付けて、試合をしていました。

上京後、演劇に興味を持ち始めた大杉漣さんは、1974年に「転形劇場」に入ります。

大杉漣さんは結局、明治大学を中退し「転形劇場」において、1988年に劇団が解散するまで、「沈黙劇」という特殊な演劇に没頭しました。

その後、Vシネマなどに出演していましたが、19936月公開の北野武監督作品である映画『ソナチネ』に初出演したことをきっかけに、一気にブレイクし、その後、数々の映画、ドラマに出演し、実にさまざまな役を演じていることから、「300の顔を持つ男」と呼ばれるに至っています。

急性心不全ってどんな病気?

心不全とは、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。

急性心不全においては、心機能の低下が代償可能な範囲を上回り、急激な低下を示すことから、血行動態の異常は高度となる。なお、左心不全が多い。

症状としては、呼吸困難、ショック症状といった急性症状が出現する。

治療方針としては、血行動態の正常化を図る(心臓負荷を軽減し、心拍出量を増加させる)ことが優先され、迅速な処置が求められる。

引用:WIKIPEDIA

心不全が急に起こる状態を急性心不全と言うようです。

急性心不全は突然死の中でも断トツのに多い病気のようです。

急性心不全の原因は

急性心不全の原因として最も多いのは突発的に発症する急性心筋梗塞などの虚血性心疾患です。心臓を動かすための筋肉(心筋)に必要な酸素や栄養素を送る冠動脈が閉塞して、心筋の一部が酸素不足(虚血状態)に陥ってしまうことに起因します。一方で、慢性的な心不全を抱えている患者さんの容体が急激に悪化して起こる場合もあります。

引用:メディカルノート 

となっており、文字通り様々な条件が重なり、突然発症する病気で兆候を捉えるのも難しい病気のようですね。

最近では、お笑い芸人の前田健さんも急性心不全で亡くなっています。

ゴチバトルでの共演者さんとのやり取りが鮮明に記憶に残っているため、本当に信じられませんが、大杉蓮さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

top画像:http://mirepapa.jp/2524.html