大杉漣さんが死亡!急死の原因急性心不全ってどんな病気?

スポンサーリンク

こんばんは

大杉蓮さんが急性心不全で急死と言うニュースが入ってきました。

享年 66歳とまだまだこれから言う年齢で、つい最近もテレビに出演されてました。

ゴチバトルにも出演されていて、現役バリバリの俳優さんでしたので信じられません。

病名は急性心不全という病気です。元気だった大杉さんが無くなった原因の急性心不全と言うのはどんな病気か調べてみました。

大杉漣さんのプロフィール

本名を大杉孝

1951927日生まれの現在66

徳島県小松島市出身、

身長178cm、体重72kg、血液型B

出身大学 明治大学

無類のサッカー好きとして知られ、高校時代はサッカー部に所属し、現在では、地元・徳島県のJリーグ「徳島ヴォルティス」を熱心に応援しています。

サッカー好きが興じて、プライベートでもサッカーチーム「鰯(いわし)クラブ」を結成し、背番号「10」を付けて、試合をしていました。

上京後、演劇に興味を持ち始めた大杉漣さんは、1974年に「転形劇場」に入ります。

大杉漣さんは結局、明治大学を中退し「転形劇場」において、1988年に劇団が解散するまで、「沈黙劇」という特殊な演劇に没頭しました。

その後、Vシネマなどに出演していましたが、19936月公開の北野武監督作品である映画『ソナチネ』に初出演したことをきっかけに、一気にブレイクし、その後、数々の映画、ドラマに出演し、実にさまざまな役を演じていることから、「300の顔を持つ男」と呼ばれるに至っています。