ミスユニバース岐阜を剥奪された短大生は誰?理由や後任を調査?

スポンサーリンク

国際的なコンテスト2018年「ミス・ユニバース」の岐阜大会でグランプリになった短大生、幸田 真衣さんがグランプリの座をはく奪されると言う事態が発生した事が話題となっています。
幸田 真衣さんが、決勝大会の出場者ら関係者のINEのグループに今後のイベント出編や大会後の活動に不安を持ち、大会事務局を務めるイベント会社への不信感を投稿した事が騒動の引き金となっている様である。

ミスユニバース岐阜を剥奪された短大生は

幸田 真衣さん

ミスユニバース岐阜大会の後任は

城 遼香さん

騒動に関係する名詞を整理してみた

A 決勝大会の出場者ら関係者のINEのグループ
B 幸田 真衣さん
C 岐阜大会の主催者,名古屋市のイベント会社
D Cから運営を委託(丸投げ)されたイベント会社(岐阜大会事務局)
E 城 遼香(準グランプリ)

大会と騒動の時系列をざっくりまとめてみた

  1. C名古屋市のイベント会社がミスユニバースの岐阜大会の開催を決定(受注?)
  2. Cから運営を委託されたDが事務局となって、ミスユニバース岐阜大会が開催される
  3. B幸田さんらが出場
  4. A決勝大会の出場者ら関係者のINEのグループが作られる
  5. 決勝大会の結果が確定し岐阜大会終了
  6. CがD(事務局)との契約を解除
  7. Cが今後、幸田さんらのイベント出演等を管理(マネージメント)すると表明
  8. 運営者が変わる事に、B幸田さんが不安や不満を持つ
  9. B幸田さんがAのLINEグループへ、他の女性たちにその対応を呼び掛ける内容を投稿
  10. C名古屋市のイベント会社(主催者)がこの投稿を問題視する
  11. C名古屋市のイベント会社(主催者)が岐阜代表に相応しくないとして、B幸田さんのグランプリを剥奪
  12. E 城 遼香(準グランプリ)がグランプリへ繰上げ昇格
  13. 3/19日に開催される全国大会にE 城 遼香が出場する事になったが、審査員から経緯の不透明さや説明不備が指摘され騒動に発展した

まとめ

以上が簡単なまとめです。LINEグループでどんな内容の発言があったかは定かではありませんが、不透明なことには変わりないですね。

多くの方が関わって審査している大会ですので、主催者の一存でグランプリを変えてしまえる大会だとは知りませんでした。

こうなってしまうと、最初から出来レースだったんじゃないかとも思ってしまうのは悪い癖いでしょうか?

大人の世界って怖いですね・・・

【関連記事はこちら】

ミスユニバース岐阜を剥奪された短大生、幸田真衣の大学や彼氏を調査

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
ペタサーチ