政治

シリア内戦にアメリカが軍事介入するのはなぜ?わかりやすく解説

スポンサーリンク

アサド政権と反政府軍のシリア内戦で罪もない一般市民が巻き込まれ、苦しんでいる映像に心を痛めている方も多いのではないでしょうか。

つい先日もアメリカがイギリス・フランスと共同して化学兵器の製造工場をミサイル攻撃しました。

シリアは中東にある国です。

なぜ遠く離れたアメリカが首を突っ込んでいるの?と素朴な疑問が生まれます。

なぜアメリカが軍事介入するのでしょうか。

スポンサーリンク

http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/map/Syria/Map_of_Syria_and_neighboring_countries.htm

化学兵器の利用

2011年から続くシリア内戦では化学兵器が使用されています。

化学兵器というのは、平たく言うと毒ガスです。

日本でもオウム真理教の地下鉄サリン事件で罪もない人々が大勢事件に巻き込まれました。

化学兵器は一瞬で広範囲への攻撃ができてしまうため、一般市民が巻き込まれて命を落としたり重篤な身体的被害を受けやすく、大変悪質です。

無差別殺人と言えます。

このような非人道的な化学兵器を使用することは重大な国際法違反で、国際社会が制裁する必要があります。

そこで正義の国アメリカとしては見過ごすわけにはいかないのです。

アメリカはイラク侵攻の際にも、当時のブッシュ大統領はフセインが化学兵器を使用したことを理由としてイラクに侵攻しました。

化学兵器が使用されたら、すなわちアメリカが軍事介入してそれを止めさせる必要があるというのがアメリカの立場です。

化学兵器が使われたのにアメリカは何もしなかった、ということは許されません。

核開発を続けるイランや北朝鮮、非合法的に核を所有しているとされるパキスタンやインド、さらにはイスラエルなどに「絶対に使ってはならない」という緊張感がなくなり、世界の安全保障の秩序が崩れてしまう恐れがあります。

たしかに、何でもありになってしまうのは怖いですね。

ロシアとの関係

ロシアはシリアのアサド政権を支援しており、同じく反アメリカのイランもアサド政権を支持をしています。

化学兵器が使用されているのに、アメリカがこれを見て見ぬふりするということは、ロシア・イランに対して、間接的に屈服したことになってしまいます。

ロシアとアメリカは、冷戦以来の敵対関係が実質的には続いています。

また、イランとアメリカは、核開発やイスラエルをめぐって長年確執があります。

そんな中でアメリカのシリアへの軍事介入には、ロシアやイランのやりたい放題にはさせないぞ、という側面もあります。

一方ロシアは、アメリカのミサイル攻撃について、化学兵器使用の根拠がないとしてアメリカを批判しています。

オバマ政権の立場

当時のオバマ政権の主要人物はシリア情勢に対して積極的に軍事介入すべきだという考えでした。

特にジョン・ケリー国務長官、チャック・ヘーゲル国防長官、スーザン・ライス安保特別補佐官、サマンサ・パワー国連大使の4名です。

まずケリー国務長官ですが、彼は国務長官就任にあたって「中東和平」を大きなテーマに掲げていました。

次にヘーゲル国防長官ですが、元々軍事費のコストダウンを主張していたものの、過去に対イラン政策が弱腰だという批判を浴びたことがあるため、対シリア政策は弱腰だと言われないように気を付けているようです。

ライス補佐官は、国連大使時代に起きたベンガジでのアメリカ大使館襲撃が「デモ隊の延長での偶発的な事件」だという見解を示し、認識が甘く不適切だと批判にさらされて国務長官になり損ねてしまった経緯があるので、厳しい姿勢を取っています。

パワー国連大使は、世界で虐殺を防止するためにはアメリカが積極的に関与する責任があるという持論をハーバード大学のケネディ・スクール(行政大学院)時代から主張しています。

過去のバルカン半島の問題や、リビアの問題でもアメリカの積極的な関与を強く主張してきました。

したがって今回のシリア情勢も同様にアメリカが積極的に関与すべきだという姿勢です。

そんなオバマ政権にとって、エジプトのモルシ政権が崩壊したこともシリアへ軍事介入する後押しになりました。

仮にシリアが報復としてイスラエルに侵攻したら、イスラエルでは敵対するエジプトとシリアに挟まれて混乱してしまうでしょう。

エジプトのモルシ政権崩壊によって、そのリスクが下がったことになります。

国連が間に入って解決をできればよいのですが、ロシアと中国が拒否権を行使するため、国連は何もすることができません。

「国際社会の平和のため」という大義名分が必要なアメリカは、NATOを建前にアサド政権を攻撃しています。

現在のアメリカのトランプ政権もこの流れを引き継ぎ、ミサイル攻撃を行いました。

まとめ

アメリカの軍事介入はアサド政権の交代を狙ったものではありません。

というのも、アサド政権が崩壊したとして、受け皿となる代わりの政権がないからです。

それでも強硬策を取るのは、化学兵器を使うことは許さないという原則がアメリカにとってそれほど重要であることを物語っています。

ロシアとの駆け引きに加え、宗教問題や中東諸国の情勢など複雑に利害が絡み合っていて、シリア情勢は解説策が見つけられず皆が困っている状態です。

長引くシリア内戦で、増加し続ける難民がヨーロッパでも問題になっています。

国際情勢の緊張に伴って、日本でも憲法改正をはじめ安全保障を見直さなくてはならない事態になっており、決して他人事ではありません。

シリアに平和が戻ることを切に願いたいものですね。
スポンサーリンク

関連記事

  1. パレスチナ問題をわかりやすく説明!エルサレムが首都になるとどうな…
  2. 立憲民主党の政策や公約をわかりやすく解説!
  3. 北朝鮮と韓国の歴史や関係ってどうなの?戦争が起こる可能性はあるの…
  4. https://lh5.googleusercontent.com/YrHz7XVUMxnfT0uxVh4hHQ_8r1HJ5fZTH7ZpNkd6pBQRe0PVEVrJ04QNoGozVnxvfIKHZBdtHd1ENOtZCT6A3-07ygyFv0sJsuelWZdyhES_yMLhvm0Gu9UwjgWMgZZ92FD1JuN1 比例代表制をわかりやすく解説!メリット、デメリットは何?
  5. 収入印紙を4億円を公務員が横領し着服!その手口と使い道は?何故、…
  6. 憲法改正の手順をわかりやすく解説!国民投票の年齢は?
  7. シリア内戦の原因を簡単に解説!アメリカとロシアが介入する理由は?…
  8. TPPとは?わかりやすく解説!トランプが復帰宣言した理由は?
PAGE TOP