エンタメ

黒柳徹子とppap伝説が始まる?年収と資産対決の勝敗は?

スポンサーリンク

 

大人気のシンガーソングライター、ピコ太郎が「徹子の部屋」に出演しましたが、ネタは無事だったんでしょうか?

 

気になるギャラ事情、徹子さんとピコ太郎の年収はどっちが上か?

 

「芸人殺し」の徹子さんはPPAPもつぶしてしまうのか?

pixabay.com

お笑い芸人のネタを次々につぶしていくことで「芸人殺し」との呼び声が高い徹子さん。

 

2016年12月23日放送の「徹子の部屋」に大人気のピコ太郎が出演するということで注目が集まりました。

 

この日の徹子さんは、大好きなパンダをあしらった衣装でピコ太郎をお出迎え。

 

そんな徹子さんに、ピコ太郎はヒョウ柄のストールをプレゼントしました。

 

ご機嫌な徹子さんを前に、ピコ太郎はPPAPを披露。

 

徹子さんは「ご本尊です」と紹介してパフォーマンスに見入ります。

 

そして「うれしい!おかわいらしいー」とピコ太郎を大絶賛!

 

ピコ太郎って「おかわいらしい」んだ…。

 

ほめられたピコ太郎は、「オニオンペンができないかなぁ…」と、前々から考えていたという構想を徹子さんに打診しました。

 

徹子さんは「いいですよ!」と即答。

 

とうとう奇跡のコラボレーションが実現しました!

 

「PPAP玉ねぎバージョン」と題されたそのネタは、頭を玉ねぎに見立ててペンを突き刺すというもの。

 

「アイハブアペン♪」「アイアムアオニオン♪」と歌った後のセリフのタイミングが合わず、スタジオは大爆笑の渦に包まれました。

 

やっぱり徹子さんです。

 

さんざんやり直した挙句、4回目にやっと「オニオンペーン、オニオンペーン、黒柳徹子です」と最後のオチを成功させました!

 

この様子に、Twitterでは「黒柳さんかわいすぎる」「黒柳さんのリズム感が独特で面白すぎる」など大反響。

 

最後には、徹子さん自らが考えてきたというアンサーソング「PPPP(ペンパンダパンダペン)」をオリジナルのリズムで披露。

 

これにはピコ太郎も「今のジャズのようなシンコペーションすごかったです!」と大絶賛でした。

 

結局、いつもの「芸人殺し」には至らなかったみたいですね。

 

インスタでの事前告知がすごかった!

pixabay.com

放送に先立って、実は徹子さん、インスタでピコ太郎とのPPAP練習風景を動画投稿していました。

 

番組収録後に、お揃いのヒョウ柄ストール姿でPPAPを習っている動画で、ピコ太郎の動きをちらちらと確認しながら踊る黒柳さんがとてもおかわいらしい!

 

「今、世界で引っ張りだこの忙しいピコ太郎さんが来て下さった 二人で大笑いしながら、番組は進行しました。おもしろいから、是非、見て欲しい!」と、かなりピコ太郎をお気に入りな様子。

 

インスタの反応がまたすごい!

 

「徹子さん本当に可愛い」

 

「かわいすぎて癒される」

 

「ピコ太郎さんとコラボして、徹太郎の誕生ですね」

 

「これほど元気が出る動画は珍しい」

 

83歳にして可愛いと言われるとは理想そのものです。

 

徹子さんとピコ太郎の年収対決!

pixabay.com

とても仲良くなった2人。

 

ここで、2人の収入を比べてみましょう。

 

まずはピコ太郎の収入から。

 

ご存知、YouTubeの広告料は、動画の再生回数に応じて1再生当たり0.01円から0.5円程度の広告料が支払われる仕組みだそうです。

 

広告の単価は種類によって変わってくるようですが「再生回数世界第1位」にランクインする注目動画ということなので広告単価は普通より高めに設定されていると思われます。

 

1再生が0.3円とすると0.3円×6000万回=1800万円

 

1再生が0.5円だとしたら0.5円×6000万回=3000万円

 

かといって、ピコ太郎の収入源は何もYouTubeだけではありませんよね。

 

テレビ出演のギャラは、以前は1回の出演で15~20万円程度でしたが、今は2倍に増えたと言われています。

 

さらに、イベント出演も2倍ほどになって1回で100万円に上がったそうです。

 

それだけではありません!CMのギャラが莫大なんです!

 

ピコ太郎は1本のCMギャラを抑えて、代わりにたくさんのCMに出る戦略をとったという噂も。

 

CM1本のギャラを1000~1500万円ほどに抑えて、8本ほど抱えているそうです。

 

これらすべてを合算してみると、短期間で稼いだお金は約3億と言われています。

 

事務所が40%を取ったとしても1億8000万円!

 

45%の税金を払ったとすると、手元には9900万円!?

 

ため息が出るような数字です。

 

では徹子さんの場合はどうでしょう。

 

徹子さんは1981年に「窓ぎわのトットちゃん」を出版して、それが世界35カ国以上で翻訳され、累計発行部数800万部以上のベストセラーを記録しています。

 

1983年には俳優部門の高額納税者にランキングされました。

 

なんと納税額は、3位の石原裕次郎さんや(8042万円)2位の森繁久彌さん(8479万円)を押さえ、1億5833万円と断トツだったそうです。

 

その翌年、翌々年の俳優部門の高額納税者ランキングでも徹子さんが1位でした。

 

徹子さんの話によれば「窓際のトットちゃん」の印税は、自身が設立した社会福祉法人「トット基金」に全額寄付したそうです。

 

今は「徹子の部屋」1本のギャラは150~200万円と言われています。

 

一時期ほどの収入は無いにせよ、コンスタントに収入があるというのは大きいです。

 

ピコ太郎がずっと今の収入を維持できれば追いつけるかもしれませんが、やっぱりこの勝負は徹子さんの勝利ですね。

 

何より、収入を自分のものとせず、印税を全額寄付するほどの器の大きさに脱帽です!

 

まとめ

芸能界で、長く愛され続けることって難しいんでしょうね。

 

でも徹子さんはそれを実現している1人です。

 

ピコ太郎にも頑張っていただきたいですね。

 

関連記事

関連記事

  1. 北川景子が公式ブログで語る宝塚愛が凄い!家を売る女の髪型は宝塚の…
  2. 波瑠は共演者キラー?小悪魔的なきつい性格がドS!
  3. 石田ゆり子が月9に登場!!共演者、高橋一生を巡って篠原涼子と関係…
  4. AAAから脱退したメンバーは?不仲が理由か?
  5. 松嶋菜々子が消したい黒歴史は!?とんねるず言わされた言葉がかわい…
  6. 新垣結衣の歴代彼氏が凄い⁉性格が暗いとの噂は本当なのか!?
  7. 黒柳徹子に子供はいるの?若い頃の徹子はイケイケだった!
  8. 反町隆史が卑猥な発言に激怒?松嶋菜々子との離婚は時間の問題?
PAGE TOP