安室奈美恵がタトゥーを消した理由は?熱い思いや意味が深い!!

スポンサーリンク

不動人気を誇る女性シンガーである安室奈美恵。様々な憶測を呼んだ印象的なタトゥーが年々薄れている・・・

その真相と、安室奈美恵の心境の変化とは!?なぜ急にタトゥーを消したのか・・・。その裏には様々な理由がありそうです。

安室奈美恵のタトゥーは、なぜ消えたのか!?

安室奈美恵のタトゥーが、2013年頃から消え始めているのです・・・。

雑誌やメディアで見るだけであれば、メイクでいくらでも修正可能ですが、実際に2013年の「FEELツアー」から実際に会場で見てもかなり薄くなってきています。

ライブでもファンはその変化に気付き衝撃を受けました。

そして、実の母の死から15年近く経つ事と、息子が大きくなった事が原因とも言われています。ただの気まぐれなのかもしれませんが、トップスターの座を守り続け、目まぐるしく変化する環境の中で心境の変化と息子への想いがあった事は間違いありません。

母の死から立ち直り、順調にトップを走り続けてきた安室奈美恵は、自身の中で区切りを付け、母の死を受け入れタトゥーに込められた思いを自身の中に留め消す事となったと思っています。

息子の名前も息子が大きくなるにつれ、母のタトゥーに自分の名前・・・と言う抵抗感と、アーティストとしてではなく母としての立場もあり、消す事に至ったのではないかと。

少なくとも、安室奈美恵の中での1つの区切りとしてタトゥーを消すに至ったのでしょうね。

事務所の移籍に関しても何か関わっているのではないか?とも噂はされていますが・・・。

複雑な関係がある中、良い悪いの尺度では語れない何かがある事でしょう。