女ばかりの職場に男一人!人間関係は何を気を付ければ良いの?

スポンサーリンク

「女性の社会進出は当たり前」という言葉すら、当たり前すぎて無くなってきた日本の社会。

男性諸君は、肩身の狭さを感じる事すら麻痺してきているのではないでしょうか?

男性は、ここ数年で女性に向ける言葉にはかなり気を使うようになりました。

今回は、女性が多い職場における人間関係を中心に、男性からの立場だけでなく女性からの立場でも気をつける事を紹介して行きます。

スポンサーリンク

どんな職種が多いか?

女性が多い職場で多いのは、やはり事務系です。

一般事務の他に、経理・庶務といった細やかな視点や配慮を求められる職種が多く、テキパキと時間を決めて業務遂行できる方が良い仕事ができるので、女性に向いているのかもしれません。

業界によっては、保険の営業さんとか、アパレル販売員なんかのような職場も女性の方が多いですよね。

いずれにせよ、女性が活躍する職場には細やかな視点と配慮が、組み込まれているイメージがあります。

スポンサーリンク

働き方の違い

男性と女性では、働き方や仕事に対する考え方、更に言えば生活における自分自身と仕事の位置関係が異なって居る事が多いです。

男性は仕事を効率で考えずに、非効率であっても深さを求めて、一つの事に集中すると周囲が見えなくなる傾向が多いです。

技術職等のマニアックな職種には向いていますが、チーム連携で進める時間が決まっているような仕事には向いていません。

報連相ができていないと愚痴られている社員って男性が多いのも、そういった特性が根底にある為です。

※擁護しているわけではありません

かつて社会進出していたのは、男性が多かったため働き方の違いがあるのを目にする事は少なかったのではないでしょうか?

職場における人間関係との親和性

職場において人間関係と最も親和性があるのが「仕事ができるか?否か?」です。

まぁ一部の例外はありますが、大体仕事できる人って性別関係なく周りとのコミュニケーションが取れている人ですよね。

仕事ができる人には人が集まり、人が集まる場所には信頼が集まります。

信頼される人は、それを知っているので更に人を集めては信頼を集め、時には新しい仕事も集めてきます。

それだけ職場における人間関係は重要です。

よく「仕事さえちゃんとしていれば、コミュニケーションなんかいらねぇよ。」なんて突っ張っている方もいらっしゃいますが、得てして仕事も出来ていないと周囲に思われていることが多いものです。

人間ある種勝手なもので、同じ事をしても関係が良好なのと険悪なのとでは、その印象は雲泥の差となってきます。


異性を理解する

前述で述べたように男性と女性では特性が違うので、それを見越して対応する事がまず第一です。

職場における男女の特性を以下に記載します。

カテゴリ 男性 女性
時間 守らない 守る
考察 する しない
計画 しない する
報連相 できない できる
帰宅 しない する
一番は? 仕事 生活

敢えて極端な表現をしましたが、このように全てのカテゴリにおいて正反対なのが男女であると、改めて認識する事ができます。

表ではやや男性が無能なような表現をしましたが、言い換えれば男性は融通がきいて自ら実行するパワーを持っていると理解する事ができます。

男性からの理解

まず男性は女性が何を求めているのか理解をします。

前述の特性から、女性は目に見えないものに対して不安になる傾向がある事が分かってきます。

チーム連携する相手には、とにかく嘘でもいいので一旦のスケジュールを伝えましょう。

もし間に合いそうにないと判断したら、やばくなる三歩前ぐらいでスケジュール調整を伝えるようにしてください。

まず、これだけで信頼度がグンと上がります。

そして、男性はくだらない事はよく喋りますが、肝心の業務連絡は中々しません。。。

仕事に関する情報に関しては「こんな事まで伝える必要ある?」っていうレベルまで細かく伝えるようにしましょう。

女性はそれだけで安心し「頼れる人」という認定までして貰える可能性が高くなります。

女性からの理解

男性が予定を明確にしない理由の一つとして「守れない約束はしない方がマシ」という考えがあります。

「男に二言はない」とよく言ったもので、DNAに含まれているのか一度公式で発した事を変える事に抵抗を持ちます。

予定が修正される事は当たり前なので「仮でいいから」という認識を持たせて上げてください。

報連相に関しても、男性から中々口を開いてはきませんよね。

そんな時は、こっちから引っ張り出してあげてください。

意外と重要な事が報告されていなかったり自分で抱え込んで、助けが必要な状態になっている場合が多いです。

あと、身だしなみには気を使いましょう!だらしない、不清潔な人間はそれだけで嫌われます。

同じ人間でも理解できない

このように男性と女性とでは思っている以上に物事に対する考え方が大きく違います。

残念ながら異性に対する愚痴や文句の内容は、時代とともに進化していません。

お互いのちょっとした理解と工夫で良好な職場環境を作っていく事こそが、会社への一番の貢献となるのかもしれませんね。
スポンサーリンク



コメント