キャベツの芯をつまようじで刺すと驚きの効果が!!白菜やレタスにも爪楊枝の裏技!

食卓にかかせない葉物野菜の保存方法で、キャベツやレタスの芯につまようじを刺す裏技が話題になっています。

芯につまようじを刺す事でどんな驚く効果があるのか、どのようにすればいいのかを調べて見ました。

爪楊枝の用途と裏技とは

爪楊枝の主要生産地は大阪府河内長野市で、歯の間に詰まった食べかすをとったり、食品に添え口に運ぶ時に使用したり、料理を一まとめにする際に用いられます。

お菓子や料理に刺す事で、手を汚さず食べる事が出来とても便利です。

歯に詰まった食べかすをとる事で、口臭や歯の予防にもなります。

年齢と共に歯に隙間が出来、物が挟まった時に使うととても便利で、こんな時に爪楊枝の必要性を実感します。

野菜は収穫された後も育とうとし葉に栄養分を集めようとする為、生長点を止める事で葉へ栄養分が流れるのを阻止する事が出来ます。

生長点を止める為に芯につまようじを刺す事で、鮮度を長持ちさせる事が出来みずみずしい状態で食べる事が出来ます。

30本ぐらいの爪楊枝を束にして輪ゴムでしばり、あざの部分に向かって軽くつつく事で炎症の熱が逃がされ、あざの部分の血行がよくなり早くあざを消す効果もあります。