サウジアラビアの生活の様子は?驚きの生活費や生活水準が明らかに!

スポンサーリンク

世界有数の石油の産油国として有名なサウジアラビアは、莫大なオイルマネーで市民も裕福な生活をしているイメージが強いです。

私がサウジアラビアを連想した時に思い浮かぶのは、砂漠の上をラクダに乗って移動している白装束の男性のイメージでしたが、実際は超高層ビルが立ち並ぶ近代都市です。

そこでサウジアラビア国民は優雅な生活をしているのかや、生活水準について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

サウジアラビアの最近について

世界最大の原油輸出国サウジアラビアは言わずと知れたお金持ちの国と言われています。

サウジアラビアの国家財政の歳入は年間約25兆円とされ、そのうち約14兆円が石油収入で賄われています 。

その為、国民からの税収を頼らずにいられたわけですが、最近はちょっと事情が変わってきているようです。

そんな要因として、

① 原油価格下落による財政の悪化

② 安全保障を依存してきた米国に全幅の信頼が寄せられない事態
出典:https://toyokeizai.net/articles/-/198565?page=2

等があるようですが、2015年の調べで、人口約3150万人のうち、34歳以下が占める割合は62%超と、世界屈指の若い人が多い国(世界平均の約58%)なので、いくらでも立て直しが出来ることでしょう。

あまり知られていないサウジアラビアの生活の様子とは!?


私のサウジアラビアのイメージだと、油田を所有している人は億万長者で優雅な生活をしていると思う一方で、一般市民はそれほど裕福じゃなく質素な生活なのかと想像していました。

しかし日本とは別次元の高待遇の数々で、サウジアラビアの社会保証の充実度は怖くなるほど凄かったです(笑)

サウジアラビアのサルマン国王が日本に来日した時は、1000人以上を引き連れての大訪問団で東京のホテル1200部屋を予約したとも言われていました。

サウジアラビアはイスラム教が主の国で、イスラム教の三大聖地のうちのメッカとメディーナの2つの聖地があり世界中のイスラム教徒が集まることでも有名です。

サウジアラビアの一般市民は1日に様々なお祈りの儀式があるため、お祈りの時間にはお店も閉まるほど信仰心が高いようです。

サウジアラビアでは仕事をしていない人にも、月々30万円ほどのお金が国から支給されているようですが、日本では絶対に考えられないことですね。

裕福な一方でサウジアラビアは王国で絶対君主制なので、独裁国家ではないですが王様が絶対なので特殊的な国とも言えます。

スポンサーリンク

サウジアラビアの生活費や生活水準がケタ外れにスゴい!?


サウジアラビアの王族の生活は優雅な生活ですが、一般市民の生活も優遇されていて暮らしやすい国だと思います。

サウジアラビアは日本でいうところの、所得税や住民税などの税金はありませんし、医療費や学校などの教育費もお金がかからず基本的には無料です。

社会保証が充実している背景には、膨大な石油の輸出で得た利益が一般市民にも反映されていました。

新しく国王が誕生した時にも、サウジアラビア国民に対して国から臨時ボーナスが支給されたこともあり、資源を持っている国は羨ましい限りです。

またサウジアラビアでは一夫多妻制なのも日本と大きく違う点で、王族の王子が何と30人以上いるというのは驚きました。

サウジアラビアは厳格なイスラム国家なので、娯楽もほとんど無いのでお金を使う施設がないので、外国人だとお金と一緒にストレスも溜まりそうですね。

サウジアラビアの生活について調べてみて

簡単にサウジアラビア国民の生活について調べましたが、王国の名の通り国全体が裕福な暮らしをしている印象を持ちました。

裕福な一方で仕事をしてない国民にも手厚くお金が支給されるため、いつまでたっても仕事に就かないという問題もあるようです。

国王が完全に支配しているサウジアラビアですが、一般市民が国に反発しようとしたら、お金を配って静かにさせてきた歴史も垣間見れたように思いました。

日本とも親密な関係のサウジアラビアを、少しでも身近に感じてもらえたら嬉しく思います。
スポンサーリンク

トップ画像:http://www.global-p.com/gp_system/
https://stat.ameba.jp/
https://skyticket.jp/guide/

 

コメント