平成はいつまでで新元号はいつから変わる?契約書や祝日がどうなるかを調査!

スポンサーリンク

天皇陛下が(譲位)退位するけど、改元はいつされるのか?天皇誕生日の祝日や免許証や契約書の日付はどうなるのか等が気になったので調べてみました。

また、休日の取扱いによっては2019年のGWが大型連休になる可能性も出てきましたのでそれについても調べてみました。

2016年8月4日に現在の天皇陛下の「国民へのお言葉」がテレビなどで放送されました。

簡単に言うと、もう年なので、国民の了解が得られれば、天皇という職業を辞めてもいいですか?という事だったのです。譲位(生前退位)という事になります。

皇室典範では天皇陛下は終身制を採用しているので、今回は異例中の異例という扱いの様です。

スポンサーリンク

平成はいつまで続くのか?

平成開始:1989年1月8日(日曜日) 平成元年

平成終了:2019年4月30日(火曜日) 平成31年

まず天皇陛下が譲位する事で、平成という元号は切り替わります。

となると、いつまでこの平成という元号が使われるのか?という事が疑問に思われますよね。

2019年には切り替わるとは知っていても、じゃ~いつから?と聞かれた場合に意外と曖昧な答えをする方が多いのではないでしょうか。

実は平成が終わる日は既に決定事項としているのです。

2017年12月に行われた皇室会議で譲位は平成31年4月30日 5月1日(即位)から新元号と決定されています!※国会等で決めたわけでは無く会議で決まりました。

そうなると平成は、平成31(2019)年4月いっぱいまで使用される事になりますね。

システム上の機能などの変更は結構大変そうな気がしてます。

SEと呼ばれる職業の方は来年の4月まではかなり、忙しいのではないでしょうか。

詐欺や便乗商法を考える輩が現れそう。

用意しとかないと、何が起こるかわかりませんとか言っちゃってね。

ただ、今までのように突然の出来事で元号が変わっていた時よりかは、確実に前もって変更がわかっているだけに、対応の仕方も準備が出来そうですから、それほど大きな混乱にはならない様な気がします。

平成がいつまで続くのかがわかったところで、新しい元号の公式発表はいつされるのか?って気になりますよね。

元号とは?

そもそも元号ってなんなのかをサラッとお伝えしておきます。

日本を含むアジア東部における紀年法の一種
引用:Wikipedia

日本では1979年(昭和54年)公布・即日施行された元号法で定められています。

  • 第1項:元号は、政令で定める。
  • 第2項:元号は、皇位の継承があった場合に限り改める。

実はこの法律が施行される以前は法的根拠が無いまま昭和の元号が使用されていた状態でした。

スポンサーリンク

新元号いつから変わる?

新元号は2019年5月1日からとなります。

平成が終わる理由とは

今から30年前に昭和天皇崩御に伴って、平成が誕生しました。

本来、天皇崩御に伴い、皇太子が天皇になるタイミングで元年が変わります。

天王陛下1人に1つ元号が割り当てられるような意識を持っておけば良いですよ!

その昔、中国では何か災害が起きたり疫病が流行るごとに元号を変えていたと言います。

つまり、ゲン担ぎの意味があったんですね。

そのため、現在の日本でも新しい天皇が即位した時のゲン担ぎとして、新しい元号にして、次の時代を頑張ろう!という意味合いを持っています。

元号変更というのは、政治家が話し合って「ここで終わらせよう」と決めるのではなく、天皇が変わるから発生するのです。

今回の平成が終わる理由としては、現在の天皇陛下が退位をなさるため、現在の皇太子が天皇に即位するからだ、というわけです。

改元の公式発表はいつ行われるのか?

新元号が決定するのが、20192月頃が予定されています。

但しこの新しい元号が決定したからといってすぐに公式発表されるという訳では無さそうです。

現在の所、新しい元号が公式的に発表されるのは、皇太子殿下が天皇に即位される2019年5月1日の1カ月前と言われています。

2月に決定した新しい元号は、一応4月1日に国民に向けて発表される予定になっている様です。

2月若干期間が開くのは、各機関への調整業務が入るのではないでしょうか。

そのため、決定から発表までの間に若干の猶予期間が設けられていると思っていた方がいいのでしょうね。

ちょっと良く分からないからまとめてくれないかな

こんな感じ

  • 2019年2月 新元号決定(内々)
  • 2019年4月 新元号発表
  • 2019年5月 即位(新元号開始)

平成開始~平成終了(改元)までのスケジュール

  • 1989年 平成元年(1月8日~) 昭和64年(1月7日迄)
  • 2016年 平成28年8月4日 天皇陛下のお言葉
  • 2019年 2月 新元号決定(予定)
  • 2019年 4月 新元号発表(予定)
  • 2019年 平成31年(4月30日)平成終了
  • 2019年 5月1日 新元号開始 新元号元年(平成31)

平成の次の元号の決まってるの?

先程書いたとおり、平成31年5月1日に新元号が発表されますが、現時点では公表されていません。

それどころか決まっているかどうかもわかっていないので、不明のままです。

また、決まっていたとしても事前に公表されないのが、元号の特徴です。

その理由としては、平成がまだ終わりを迎えていないうちに公表するということは、現在の平成天皇陛下に対して失礼だという考えからです。

現在、あらゆる専門家達が新元号の予想をしています。

最も多いのは「永」という字を使うのでは?という予想です。

理由としては、今までありそうな字なのに使われていないことと、平和な日々が長く続くように、といった意味合いを持たせることができるからです。

「喜永」や「感永」などが専門家の間では多い予想となっています。

一方で専門家じゃない一般の方もいろいろ予想をしていて、最も多かったのは「安」という字を使用するという予想です。

ポジティブなイメージが強い「安」という字を使用して予想された元号は「安延」や「建安」が多いです。

「永」も「安」もどこか歴史の教科書に出てくるような堅い言葉ですが、正解は天皇が変わるその時までお預けではありますね!

スポンサーリンク

元号を決定するポイントやルールはある?

その時代を象徴することとなる元号ですが、むやみやたらに付けて良いというものではありません。

きちんと元号を付けるためのルールが決められています。

まず、国民の理想としてふわしい意味を持っているかどうかです。

前向きな意味を持っていないと、元号としてはふさわしくないということですね。

次に漢字二文字であることです。

そして、書きやすく読みやすいこともルールの1つです。

元号を使用したり目にする頻度というのは、とても多いので書きにくくて読みにくいのは致命的かもしれません。

また、俗用されておらずにこれまで顔号として用いられていないことです。

俗用というのは、世間一般に使用されていることを指します。

ただ、これらのルールは基本的な考え方、というだけで絶対ではない、ということがポイントです。

書きやすいことや読みやすいことというのは、個人の主観が大きいですし、平成の平は以前元号として使用されたことがあります。

その時代の元号を決める人達によって、ルールに対する考え方は変わってきます。

その他のポイントとしては、ルールに定められていませんが、今までの明治・大正・昭和・平和のそれぞれの頭文字であるM・T・S・Hが頭文字で使われる元号は使用しないことです。

・国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。
・漢字2字であること。
・書きやすいこと。
・読みやすいこと。
・これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと。
・俗用されているものでないこと

要するに元号は、

  • 漢字2文字
  • 過去に使用されていないもの
  • 日常一般的に使われていない漢字2文字

と言う事になります。

スポンサーリンク

次の元号の予想は?

過去に考案されながら選に漏れた「未採用元号」から選ばれる可能性も高いことが見えてきました。

平成の次は? 新元号を探る|NHK NEWS WEB

とされています。

そんな状況を踏まえ、旧皇族竹田家の出身で法学者の竹田恒泰さんは下記の候補を挙げておられます。

  • 安延(あんえん)
  • 永明(えいめい)
  • 安化(あんか)
  • 永光(えいこう)
  • 建和(けんわ)
  • 建安(けんあん)
  • 弘栄(こうえい)
  • 文承(ぶんしょう)
  • 安長(あんちょう)
  • 弘徳(こうとく)
  • 文弘(ぶんこう)

この中から決まるかはわかりませんが、どれに決まっても古風な感じがしますね。

新元号は何故5月からなのか?

改元は5月と決まりましたが、何故、中途半端な5月なのかと疑問に思った人も多いと思います。
分かりにくいので1月1日から新しい元号の方が良いじゃんって思う人も多いでしょう。

これについては、即位の日を巡って政府内で議論がされ、当初、2018年末で平成を終了し、2019年から新元号と言う案が有力なり調整していたと言われています。

しかし、これに対して宮内庁が難色を示したとしています。

理由は、年末年始は皇族の重要行事が多い上、昭和天皇崩御から30年の節目の年の為、平成天皇陛下が儀式を執り行いたいとの意向があった為とされています。

その為、2019年年始でなく4月1日に即位と言う日程が出されたようです。

ところが今度は4月は年度の切り替わりの為慌ただしいと言う事で、これまた却下されたとの事です。
最終的に、GWの連休中で多くの国民が平穏に過ごしている上、昭和の日の後と言う目安もあった為、5月1日即位、新元号と言う日程に行きついたそうです。

元号が変わる事で免許証はどうなるの?

僕の免許書、有効期限が平成32年なんだけど・・・

平成32年って有り得ないから剥奪だね!

ってのは冗談で、そのまま使えると思うよ!

運転免許証には、有効期限が表示されています。

免許証の色はともかく、有効期限の年月日は元号表示されているので、免許証によっては、平成31年や平成32年等と表示されている場合がかなり多いと思います。

元号が変わる事で、免許証の有効期限の変更を行わなければならないのでしょうか?

仮に免許証の元号を変更するために、再交付しなければならないとなった場合には、各都道府県の公安委員会はパニックになりそうです。

何万何十万人と言う免許保持者が確実に再交付を求めに各免許センターに赴く事になるのですからね。

その日のうちに再発行なんて事は確実に現実的では有りません。

警視庁では、この免許証に関しては、検討中という事のようですから、対応策を考え中って事です。

ただ、昭和から平成に切り変わった時は、混乱を避けるために、既に交付されている免許証に限っては、次の更新日まで、昭和の記載のままで対応していたはずです。

今回の生前退位による元号の変更では、先ほども紹介しましたが、1ヶ月前に発表を予定している事から、免許証への対応はまずできないと考えられます。

昭和から平成に切り替わった時と同じ対応方法でいく事になるのではないでしょうか。

運転免許証有効期限が西暦に!

元号で記載されている運転免許証の有効期限を西暦で表示するため、警察庁は2日、道交法施行規則の改正案を公表した。

同庁によると、外国人の免許保有者の増加が西暦表示への変更の背景という。

6日から9月4日まで意見公募し、9月中の公布を目指す。実際に各都道府県で有効期限が西暦表示された免許証が発行されるのは来年3月以降とみられる。

現行の運転免許証は有効期限のほか、生年月日、交付日など全て元号で表示されている。改正案では、このうち有効期限だけを西暦に変え、ほかは元号を維持する。

引用:https://www.sanspo.com/geino/news/20180802/sot18080218100015-n1.html

と発表されました!

早ければ、2019年3月から有効期限が西暦の運転免許を手に取る事ができますね。

ただ、他の項目が元号のままなのが謎です。

全部、西暦にしちゃえば良いじゃんと思うのですが・・・

和暦には歴史もありますし、様々な人の思惑もあるので妥協点が有効期限だったのでしょうね。

スポンサーリンク

平成から新元号へ契約書はどうなるの?

免許証と同じで、有効期限のある契約書もあると思います。

中には平成31年6月までって言う期限の契約書も数多くある事でしょうか。

また、平成31年の1月頃に年間契約を行うケースも多々あると思います。

その時、契約書の様式が和暦だった場合どうすれば良いのか?と悩む事もあることでしょう。

5月に切り替わる事が判っているのに・・・

一応、内閣府大臣官房総務課の見解では、

元号法を解釈すると、次の元号が施行される19年5月までに作成する文書類では、何年後であっても平成で表記することになる

引用:https://this.kiji.is/331197041231414369

としているようなので、新元号が発表されても正式に新元号に切り替わるまでは平成を使い続けた方が良いようです。

新元号が発表されたからと言って、勇み足で新元号を公式文書に使用するのは控えた方が無難かと個人的には思っています。

平成から元号が変わると祝日(天皇誕生日)はどうなる?

平成天皇が攘夷され元号が変わるという事は、天皇陛下が変わると言う事になります。

そうしますと当然、祝日に指定されている天皇誕生日の日付も変わる事になります。

ちなみに天皇誕生日が祝日となるのは国民の祝日に関する法律で定められているからです。

国民の祝日に関する法律の第2条に天皇誕生日 十二月二十三日 天皇の誕生日を祝う。

とされていますので、12月23日が祝日となっているわけです。

これが、今回の攘夷により天皇陛下が交代される事により、天皇誕生日が223日に変更される事になります。

しかし、昭和天皇が崩御された後も昭和天皇の誕生日であった4月29日は名前をみどりの日(現在は昭和の日)と変えて残っていますが、今回の攘夷によって平成天皇の誕生日が祝日として残るかどうかは20188月時点では決まっていません。

2019年の天皇誕生日(2月23日)は祝日では無い!

見出しの通り2019年の天皇誕生日はありません。

即ち、2019年は祝日が1日減るという事になります。

理由ですが、今回の攘夷は2016年8月8日になされた天皇陛下の「おことば」があり、それを実現する為の皇室典範特例法が関係しています。

皇室典範特例法により、新天皇即位による天皇誕生日も変更されることになり、新天皇の即位の日以後は、その日が天皇誕生日となります。

現在、即位の日については、2019年の5月1日となるとされていますが、そのときには、すでに2019223日の天皇誕生日を経過してしまっているので、2019年は天皇誕生日ないという現象が生じる事になりました。

よって、新元号になってからの最初の天皇誕生日の祝日は2020年2月23日となります。

スポンサーリンク

平成31年(2019年)のゴールデンウィークは10連休?

2019年のGWの予定は下記のようになっています。

1 4月27日
2 4月28日
3 4月29日 昭和の日
4 4月30日 天皇陛下譲位
5 5月1日 皇太子様即位
6 5月2日
7 5月3日 憲法記念日
8 5月4日 みどりの日
9 5月5日 こどもの日
10 5月6日 振替休日

政府は、平成31(2019)年4月30日の天皇陛下の譲位に伴い、皇太子さまが即位され、改元される5月1日を「祝日」か「休日」にする方向で検討に入った

引用:5月1日即位でGW「10連休」 2019年、政府検討へ 「休日」と「祝日」で違いも

現状では、「即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」に基づき1回限りの「休日」となる予定ですが、休日ではカレンダー上、飛び日連休となってしまいます。

これが、祝日となった場合、祝日法の「その前日及び翌日が『国民の祝日』である日は休日とする」に基づき、5月1日が「祝日」となった場合、4月30日と5月2日が国民の祝日に挟まれる事になり、カレンダー上10連休となります。

2019年のゴールデンウィークは10連休に決定か?

2018年10月12日に開かれた、天皇陛下の退位に向け設置された式典委員会の初会合で、皇太子様が即位する2019年5月1日と、即位礼正殿の儀が行われる2019年10月22日を、1年限りの祝日とする方針を明らかにしました。

方針ですので、まだ、決定ではありませんが同日に行われた内閣官房長官記者会見で菅義偉官房長官が、

これまでの立法例を踏まえて検討を進め、可能な限り速やかに法案を国会に提出する

と説明した為、ほぼ決定と思っていいでしょう。

となると、1年限りですが5月1日が祝日となる為、下記のとおり10連休となります。

 

11月13日に新しい情報が入って来ました。

政府は13日午前、皇太子さまが新天皇に即位される2019年5月1日と、新天皇即位を公に知らせる「即位礼正殿の儀」が行われる同10月22日を1年限りの祝日とする法案を閣議決定した。

今国会に提出し成立を目指す。成立すれば、来年4月27日から5月6日まで10連休となる。
10連休とするのは、国民の祝賀ムードを高めるとともに、5月1日の改元に伴う国民生活への影響を回避する狙いがある。

Yahooニュース 即位10連休法案を閣議決定

との事ですので、ほぼほぼ、決定と言う事でしょう。

まさかの否決と言う事も、0%ではいですが、99.9%決定と言って良いのではないでしょうか。

今から、旅行の手配を始めても良いかもしれませんね!

2019年5月1日が祝日の場合

ばっちり10連休!

5月1日が祝日となると、「その前日及び翌日が『国民の祝日』である日は休日とする」に基づき、4月30と5月2日が休日となります。

  • 4月30日は昭和の日と即位の日に挟まれている為、休日
  • 5月2日は即位の日と憲法記念日に挟まれている為、休日

2019年5月1日が休日の場合

飛び日連休となってしまいます。

2020年のゴールデンウィークは16連休?

即位の日が恒久的に祝日になった場合、2020年の休日は16連休か?と言う人も現れました。

【2020年】新天皇の即位でGWが16連休になるかもしれない件 - MINIMALIST MILER
みなさんゴールデンウィークは何してますか? 2019年のGWはかなり贅沢な10連休!になるかもしれません。 新天皇の即位が5月1日に決まり、改元記念日となりその日が「祝日」か「休日」になる予定です。

2020年16連休プラン(即位の日が祝日になった場合)

かなり難易度は高いかもしれませんが・・・

今回の件は、単に1日だけの話でなく、今後のGW設計が大幅に変更になる可能性があるので、大いに注目する案件です!

もし、10連休となった場合、GWは大変混雑すると思います。

既に、2019年のGWを見込んで旅行パックを販売しているサイトも出はじめました。

まだ、知名度は低いですが、LINEトラベルです。

LINEトラベルは知名度が低い分、宣伝としての初期投資で赤字覚悟の格安ツアーを販売する可能性がありますので、まめにチェックしてみる事をお勧めします!

LINEトラベルで2019年GWの旅行を見てみる

まとめ

平成はいつまで続くのか?新しい元号の公式発表はいつになるのか?免許証はどうなるの?などを紹介してきました。

新しい元号になる事で、いろいろな所で切り替えが行わなければなりませんから、大変な事だと思います。

企業の中では元号を使用せずに西暦で対応している所も多いでしょうから、大幅な変更は無いのかもしれません。

ただ、1つの時代が終わる事と新しい時代が幕開けする事は事実ですから、この期をきっかけとして新しい事をチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

今回の記事は天皇誕生日が「消える」理由を参考にさせて頂きました。

こちらのサイトも読みやすくわかりやすいです。

平成は何年何月のいつまでに終わる?変わる次の元号候補と終了の理由

コメント