プラスチックストロー代替品や代わりになるものは?廃止の理由も調査!

スポンサーリンク

スターバックスが環境保護の為、2020年までに全世界の3万近い店舗でプラスチック製ストローの廃止を決定し発表しました。日本でもガストやヒルトンホテルがストローの廃止を宣言しています。

プラスチック製の製品は、自然で分解されない為、海洋汚染や土壌汚染の原因となり近年問題視されていますので今後、ストローに限らず容器等のプラスチック製品も代替品に変わっていく事が予想されます。

台湾でもプラスチック製のストロー規制が始まったと報道されています。

今回はすでに廃止される事が決定した、プラスチックストローの代わりとなる物を予想してみました。

スポンサーリンク

ストローの代替品は?

プラスチック製ストローが無くなったらどうなるのか?見てみましょう!

ストローが無くてもOKな容器

コストもかからないのでストロー無くてもOKな容器の導入がドンドン進んで行く事でしょう

紙ストロー

プラスチックがダメってだけで、ストローがダメってわけでは無いので比較的自然に優しい紙ストロー。環境問題に熱心な企業は既に紙ストローを導入している所もあるようです。

その中でもAardvark社製の紙製ストローはおしゃれで普及が期待されます。

ステンレス製ストロー

こちらはステンレス製ストローで洗って何度も使用する事が出来ますが、店舗で使う場合、洗浄が大変そうなので導入は難しいかもしれませんが、ストロー用の洗浄機とかが導入されれば普及する可能性もゼロでは無いのかなーって思います。

ミッション・インポッシブルのレベッカ・ファーガソンさんもステレンス製のストローを推しているようですね!

竹ストロー

BALIISMから竹ストローも販売されています。使い捨てには勿体ないし、何度も洗って使うのには適してなさそうだし、立ち位置が微妙な所ですがおしゃれです。

空芯菜やネギをストローの代わりに

台湾では空心菜やネギをストロー代わりに使う事も検討されているようです。

なぜプラスチックストローを廃止するの?

最近のニュースでよく見かけるのが海岸に打ち寄せるプラスチックの大量のゴミです。

世界中の海で大量のプラスチックのごみが漂流しています。

これによって海の生物はエサと間違えて食べてしまったり、ゴミに絡まったりして、命を落とす事態にもなっていますので、企業の社会的責任(CSR)のもと、プラスチック製品の利用を減らす取り組みを行っています。

ブラスチックが環境に与える悪影響と理由は

現在、自分たちの生活の中でどれだけプラスチックが使われているでしょうか?パッと自分の周りを見回しただけでもプラスチック製がたくさんある事に気が付きますよね。

それだけ、プラスチックは生活にとって欠かせない物になっているのです。多くのメリットがあるプラスチックですが、デメリットも多いのもプラスチックなのです。

安全性

プラスチックを製造する段階で、十分な安全対策が取られていないと人体に有害な物質が溶け出す恐れがあります。

異なった使用法や条件を超える環境で使用するなどした場合に有害な物質が発生する可能性があります。

環境問題

プラスチックは石油から出来ているために、自然界では分解するバクテリアが存在していません。

木や鉄などは腐ったりサビたりして土に返ることができますが、プラスチックは地中に埋めても分解される事なくそのままの形で維持されることになります。

また使用方法が違う為に土に埋めた物からは有害な物質が溶け出す可能性があります。

ゴミ問題

プラスチックは石油から出来ているので、燃やすとダイオキシン等の環境ホルモンを出します。

また地中に埋めてもノニルフェノール等の有害物質が溶け出して地下水から川を流れて海に達して海を汚染していくことになります。

漂流ごみ問題

現在世界の海では約800万トンと言われるほどのプラスチックごみが漂流していると推定されています。

その漂着ごみが海流に乗っていろいろな国々の海岸に打ち上げられたりしています。

原型を留めているものから、波や紫外線によって細かく砕かれたマイクロプラスチック(5mm以下のもの)が漂着します。

また漂流しているマイクロプラスチックをプランクトンと間違えた魚が食べたり、それをエサとする大型魚や海鳥が捕食します。

海鳥の90%には体内にマイクロプラスチックが溜まっていると考えられています。

魚の場合にもマイクロプラスチックが検出されるケースも多く、イルカやクジラからも見つかっています。これを人間が最終的に食べる事になるのです。

プラスチックは便利な反面これだけの悪影響を自然界にもたらしているという事になります。

海はプラスチックからでる有害物質で汚染され始めているという事です。

リサイクルはどの程度進んでいるのか?

家庭で出すごみを分別して出している市区町村が多くなってきては、いますが、まだ全部ではありません。

現在、各行政組織では、3R又は4Rの運動を随時目標として活動しています。

1.REFUSE:必要な物以外は受け取らない。レジ袋を止めてマイバックを持参する等の活動です。これによって、プラスチック製品の製造を少なくする事を目標としています

2.REDUSE:ゴミの発生を抑制することで、ゴミの量を減らす。使い捨ての物を買わずに詰め替えができる様な商品に切り替える等がこれに当たります。プラスチックゴミを減らす事になります。

3.REUSEPETボトルを回収して、瓶のように洗浄して繰り返し使用すること等です。

4RECYCLE:現実的には一番これが多く利用されている状況になります。破棄された物の中から有用な物だけを取り除き、物理的・化学的処理を行って別の製品にしていく事です。

RECYCLEショップは、本来では、REUSEに当たります。リサイクル法が可決されてからはPETボトルの回収率は約80%が回収されています。

実際のプラスチックの排出量とリサイクル量では、現在は約20%を推移し続けており、状況的にはリサイクル率は低い状態になっています。

リサイクルする製品がある程度決まってしまっている為に、再製品化がおもったように進んでいない事と再製品化した商品の製造コストが高い事がネックになって、リサイクル率が頭打ちと言う形になっているのです。

リサイクル率を上げるには、コストダウンは当然ですが、再製品化の製品を現状より多くの種類に増やす必要性が、今後の課題と言えるでしょう。

まとめ

以上、ストロー代替品を調べてまとめてみました。がぶ飲み出来る方はそんなに問題ないかもしれませんが、見栄えよく飲み物を飲みたい人にはストローは必需品。

便利な反面、プラスチックが環境に与える悪影響とリサイクル率について紹介しました。

プラスチックは、成形型さえあれば、どんな物にでも形作ることができる便利な物ですが、使用方法によっては有害物質を排出する危険性をはらんでいます。

先ほど紹介した4Rについて個人がどれだけ活用できるかによって、プラスチック製品の数が減る事につながって行きます。

ちょっとした買い物でも「袋はいりません」の一言をみんながすることで、だいぶ状況は変わって行く事になるはずです。

今後、どのような代替案が出てくるのか注目です。

あと、ストロー生産で生計を立てている方々がどのように見ているか聞いてみたいものです。

プラスチックストロー廃止のおすすめ記事

スタバ、プラスチック製ストローを廃止 2020年までに

プラスチック製ストローの廃止でスタバの客が支払う代償

プラスチックストロー全面廃止!シアトルの偉大な決断 

スタバ、プラ製ストロー廃止 2020年までに全世界で

コメント