チームラボボーダレスお台場の口コミや8月のチケット購入方法 当日券は?

スポンサーリンク

オープン初日から連日満員の人気施設「森ビル デジタルアート ミュージアム チームラボ ボーダレス」

お台場の観覧車の下に建てられた1万平方メートルの施設に、520万台のコンピュータとプロジェクターを使用したデジタルアート、世界初公開作品を含めた約50作品が展示されており、写真撮影が可能な参加型アートミュージアムです。

開館初日から観覧者が絶えませんが、これから見に行きたい方も、ここでチームラボ ボーダレスお台場の見どころをご覧ください。

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless / 森ビル デジタルアート ミュージアム:チームラボボーダレス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インスタ映えにおすすめスポット

ガラス張りの壁や床に反射するランプの照明が、幻想的な世界観を演出します。

このコーナーは、館内で大人気スポットなので、行列に並ばないと鑑賞できず、特に混雑する休日など、混雑を避けた日付けや時間帯に訪れるのが良いでしょう。

といっても、現在、ずっと混雑が続いているようなので中々難しいかもしれないですね。

アスレチック感満載

「チームラボ アスレチックス 運動の森」では、凹凸とした床と大きな風船があちこちに飛んでくる演出が施されています。

作品を見ることより歩いて鑑賞する感覚の作品でしょうか。

銀色の雨を体感

「クリスタルワールド」では、床の鏡に光を反射させて、宝石のような輝きを思わせる照明が、雨を思わせます。

落ち着いた照明カラーが、外の暑さを忘れさせてくれるような涼しい色合いです。

teamLab Borderless, Athletics Forest / チームラボボーダレス、チームラボアスレチックス 運動の森

服装には注意して

チームラボ ボーダレスの施設内の床は、コーナーのほとんどが全面鏡になっており、スカートをはく機会の多い女性は、鏡に反射してスカートの中も映ってしまいます。

ロングスカートなどのゆったりしたデザインでも、床の鏡に反射して見えてしまうため、観覧当日の服装には気を付けましょう。

また、アスレチックコーナーのように、凸凹した床のコーナーでは、ヒールの場合、履き替え用の運動靴に交換する手間がかかります。

動きやすく、目のやり場に困らないようなカジュアルな服装で観覧することをおすすめします。

8月の混雑状況と再入場・おすすめの時間帯は?

8月は、夏休み期間ということもあり、日中は最低2時間くらい行列に並んで待つ必要があります。

また、館内は入場制限を設けているため、入り口前で順番待ちをすることもあり、また再入場は認められていません。

夕方16時以降がおすすめ

日が暮れるとともに暑さもひと段落する夕方に訪れれば、行列に並ぶ時間や館内の混雑も緩和されます。

インスタ映えを狙いたいなら、あえて混雑を避けた遅い時間帯に訪れてはいかがでしょうか。

8月のチケット購入状況

7/20時点で、既に7月の入場券全てのチケットは完売しているため、7月の当日券販売は行われません。

8月のチケット購入状況は、8/10(海の日)を始め、所々前売り券が完売している日もあります。

平日などであれば在庫がありますが、夏休みを利用して観覧に来る方が多いことが予想されます。

チケット購入はなるべく早い時期に「前売り券」を購入することをおすすめします。

本文のまとめ

  1. 以下では、チームラボ ボーダレスお台場へ訪れる時の、アドバイスをまとめました。
    チケットは、前売り券で購入する。
  2. パンツスタイルにような動きやすい服装で訪れる。(スカートやヒール靴などは、控える)
  3. 日中に訪れる時は、飲み物や帽子など暑さ対策できる物を持参して行列に並ぶと良い。
  4. 夕方以降の涼しい時間帯になれば、混雑も緩和されスムーズに入館・写真撮影ができる。

トップ画像:https://borderless.teamlab.art/jp/ew/way-of-the-sea/

スポンサーリンク