2018台風12号の高波や進路が変な理由と過去の迷走台風を調べてみた

スポンサーリンク

平成最後の夏休みと言われる2018年7月の月末に、台風12号が日本にやってきました。

この台風12号は、日本人が今までの経験したことが無いほどの珍しい台風となりました。

それは、本州に上陸後、日本列島を東から西にむかって移動したということにほかなりません。

ここでは、その理由や過去にあったおかしな台風について調べてみました。

スポンサーリンク

台風はどこで発生して日本にやってくる?

日本にやってくる台風は赤道よりも少し北側の熱帯の海上で生まれ、赤道偏東風にのって、西に流されながらも北へ北へと向かってきたものです。

日本付近に近づくと、今度は西から東へ向かって吹く偏西風にのって進路を北東方向に変えていきます。

この時、太平洋高気圧や、チベット高気圧、停滞前線など様々な要因により、台風が行く手を阻まれたようにゆっくりとしか動くことができなかったり、風に乗って時速100kmものスピードで移動したりと、様々な動きをするのです。

台風は私たちの暮らしに様々な影響を及ぼし、大雨をもたらしながら日本を縦断することが多いので、「絶対的脅威な存在」のようなイメージを持っていましたが、実は台風自身ではゆっくりとしか動くことが出来ず、周りの空気に流されることで進路が決められていたものであったということに驚きました。

えらそうにしているのに、自分では何も動かない誰かさんのようでもあります(笑)。

ここ30年の平均は1年間でおよそ26個の台風が誕生し、そのうちの約11個が日本に近づいておりその中の約3個が日本に上陸しているそうです。

台風12号が東から西に移動した理由は?

さて、今回の迷走台風12号ですが、他の台風と同じように赤道偏東風にのって、日本に近づいてきました。

本来ならば、偏西風にのって北東方向に動くか、太平洋高気圧のフチに沿うように、いったん日本海側に出たとしても北東方向に進むなどの動きをすることが考えられていましたが、12号の動きはまったく違うものでした。

それは、太平洋高気圧にそって北に進んだものの、丁度日本の東側にあった「寒冷渦」と呼ばれる寒冷低気圧が起こす左向きの空気の流れに巻き込まれ、東から西方向へと進んでしまいました。

そしてその寒冷渦から抜けた後は日本海側へと抜けることも考えられていたのですが、大陸からチベット高気圧がぐんと張り出してきていたため、日本海側にいくことも出来ず、どんどん西へと進むことになったのです。

こんな感じ

今後は九州を縦断して中国大陸の方へ向かう予想が出ています。

こんな進路、昔のテストで間違いの選択肢に入れられるような進路です。

今回の台風で、進路を自由に書かせる理科の問題は成りたたなくなった気がしたのですが、ちょっと調べてみたら他にも変わった進路を取った台風がありました。

過去の迷走台風あれこれ

これまで複雑な動きをした台風をピックアップしてみます。

平成28年台風第10号

日本にむかって北西方向に進んだ後、伊豆諸島付近で南西方向に進路を変え、東海~九州沖で左回りに大きく円を描くように進んだ後、岩手県に上陸し、東北地方を縦断しました。

8月21日に四国沖で台風になってから、31日に日本海で温帯低気圧に変わるなど長期間に渡りニュースで注目されました。

引用:ウィキペティア

平成28年台風第10号 - Wikipedia

平成15年台風第18号

マリアナ諸島近海で発生し、およそ1週間かけて太平性高気圧の縁を一周しました。

きれいな円を描くように動き、前例が無い非常に珍しい台風となりました。

引用:ウィキペティア

平成15年台風第18号 - Wikipedia

平成13年台風第16号

沖縄県石垣島近海で発生し、東に進路をとりました。

しかし、太平洋高気圧に行く手を阻まれてしまい、迷走が始まる事となりました。

9月7日から8日にかけて沖縄県を通過し、西に向かったものの、東シナ海で再び沖縄方面に向かい、9月11日から13日にかけて沖縄近海で停滞しました。

長時間にわたって暴風雨にさらされた沖縄県では、死者行方不明者99人という大きな被害が出てしまいました。

詳細:ウィキペティア

平成13年台風第16号 - Wikipedia

迷走台風の進路を見てみると、ここに太平洋高気圧があったのかな?とか、チベット高気圧が張り出していたのかな?と色々考える事ができます。

ウィキペディアのリンクを貼りましたので、ぜひ台風経路図を見て想像してみてください。

高波高潮って怖いの?

1959年(昭和34年)9月26日の伊勢湾台風では、5098人の死者、行方不明者が出ています。

台風でそんな被害が出るなんて信じられないかもしれませんが、伊勢湾台風は大型の台風に加え、満潮が重なった高潮による高波で甚大な被害が発生しました。

死者・行方不明者が3000人を超えた「昭和の三大台風」

台風名 上 陸 日 上陸時の気圧 死者・行方不明者
室戸 1934年(昭和9年)9月21日 911.6 hPa 3036人
枕崎 1945年(昭和20年)9月17日 916.1 hPa 3756人
伊勢湾 1959年(昭和34年)9月26日 929.2 hPa 5098人

引用:日経電子版:style.nikkei.com/article/DGXMZO77225620Y4A910C1000000

高波とは

「高波」は、強風が原因で起きる「高い波」のこと。 気象庁では「波浪注意報・警報の対象になる程度の高い波」と定義しています。災害を引き起こす可能性のある「高い波」のことです。
引用:https://mainichi.jp/articles/20160128/mul/00m/040/00900sc

高潮とは

「高潮」は気圧の変化によって海面が上昇することです。

台風や低気圧が通過することで「高潮」が発生します。
台風や低気圧周辺の気圧の高い空気が海面を押し、気圧の低い中心付近が海水を吸い上げる「吸い上げ効果」と、台風や低気圧がもたらす強風が海岸に向かって吹く「吹き寄せ効果」で、海面が海岸に向かって吹き寄せられ、海岸付近の海面が上昇する。

参考:https://mainichi.jp/articles/20160128/mul/00m/040/00900sc

台風12号の高波で被害が出た理由は?

台風12号の波の高さは7メートルと発表されています。

7メートルと言えば、通常の波から比べれば十分高い波ですが、大型台風の中では最高ランクの波と高さと言うわけではありませんが、今回の高波では、海岸のホテルのガラスが夕食中に割れたり、パトカーが流されたりと結構な被害が出ています。

では、何故、ホテルのガラスが割れたり災害対応にはなれているパトカーが流されたりしたのでしょうか?

2018年台風12号は、大型と言う事もありますが、通常の台風のルートと比べほぼ逆方向に向かうような進路になりました。

その為、波の進入角度が変わったと言う声が上がっています。

通常のルートで来る台風の波では問題のない高さでも進入方向によっては、防波堤の効果が薄れるとのことです。

警備の裏をつくようなものですね。

その為、いつもでは問題のない道路へも高波が襲ってくる等、警備体制にも想定外の事が発生したと思われます。

インタービューの声を見ていると、

「こんな強い高波がこんな方向から来た事はこれまで無かった」

「こんな強い風がこんな方向から吹いた事はこれまで無かった」

「以前、台風が今回と殆ど同じ位置の時にはこんな強い風がこんな方向から吹かなかった」

等の声が今回の想定外の方向からの波や風が及ぼした被害を物語っているように思えます。

高波でめちゃくちゃになった海の家

まとめ

日本に近づいた台風の進路を決める要因や、過去の迷走台風などについて紹介しました。

調べると、日本付近に近づいたものの、実際に上陸していない台風もたくさんありました。

この「台風が上陸した」という言葉ですが、その定義は台風の中心が本州・四国・九州・北海道の海岸に達した場合をいいます。

暴風雨圏内に入っていたとしても、上陸したという事にはならないのです。

そして、沖縄には台風は上陸したことはありません。

そもそも上陸の定義に沖縄は含まれていないためなのです。

あんなに台風が通過する土地なのに上陸していないなんて、不思議ですね。

台風は今では気象庁による正確な予報が出されているので、私たちは台風に備えることができます。

台風が近づいてきたら、正確な情報を集め、危険な時には避難するなど早めの行動をするよう心がけましょう。

迷走台風に関するおすすめ記事

迷走台風とは?藤原の効果

複雑な動きをする台風

気象庁|予報用語 台風に関する用語

 

コメント