夏休みの自由研究のおすすめ6年生女の子版

スポンサーリンク

さぁ、今年も夏休みがやってきます。

子ども達にとっては長いお休みなのでウキウキの楽しい夏休み!ですが、親の私達からしてみると早く夏休み終わってー!と思う方も多いのではないでしょうか。

その理由として、第一に毎日家にいる為どこかへ連れて行かなければならない。体力が有り余っている子どもにとっては外で遊びたいですもんね。

そして第二に朝昼晩の3食用意しなければならない。学校があると給食やお弁当なのでお昼は自分ひとり(もしくは幼い兄弟)なので適当でも良かったんですけど夏休みはそうはいかないですよね。

そして第三に大量の宿題を片づける。休みにはいってすぐ終わらせてしまえば後は楽ですが、なかなか進まないのが現実です。

親も多少は見てあげないと夏休み後半になって慌てふためくことになるので油断はできません。

宿題の中でも悩むのが「自由研究」ではないでしょうか。

自由なのでテーマはなんでもいいんだ!と一見簡単そうに思えますが意外とテーマ決めに時間がかかってしまうもの。

下では「自由研究」におすすめのテーマをご紹介していますが、今回は小学6年生の女の子向けにまとめているので対象の方は是非参考にしてみてくださいね。

〇自由研究をスムーズに決める方法

小学6年生であれば多少難しくても手先が器用な子どもなら様々なことができます。

女の子は料理や手芸などお母さんのお手伝いの延長戦としてそれを研究テーマにするのもいいかもしれませんね。

では、まず自由研究のテーマを決めましょう。

テーマ決めはジャンル選びから取り掛かるとスムーズに決められます。

テーマを大きく分けると「工作」、「実験」、「研究」「家庭科」があります。

工作というと男の子のイメージが強いですが、女の子の場合ビーズなどのアクセサリーを作るのも◎。

親の願いは、手伝わなくてよい、材料費が安い、部屋が汚れない、この三拍子揃っていればいうことなしですね。

〇おすすめテーマ

子ども1人でできることを条件におすすめテーマをご紹介します。

①スノードーム

<材料> 空きびん、スポンジ、たまごの殻、中に入れる人形、洗濯のり、瞬間接着剤

<作り方>

たまごの殻を使ってスノードームを作ろう!【ビエボ】 | 小学生夏休みの自由研究
小学生夏休みの自由研究に、たまごの殻を使ったスノードームを作ってみよう! オリジナルの飾りを中に入れて自分だけのスノードームを作ることができます。 水と洗濯のりの分量を変えてみると、たまごの殻がどんな動きをするか研究してみましょう。 日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」では、"makes your life...

なんとこれだけでスノードームが作れちゃうんです。しかも簡単で1日で出来上がるし、オブジェにもなるので最後の自由研究の思い出として残しておくことができます。

100円ショップで売っているラメをいれると更に綺麗な仕上がりになりますよ。

②キャンドル

<材料> ガラス細工、貝殻、ガラス容器、透明ジェル(200g)、砂(1袋30g)、キャンドル芯、お鍋

<作り方>

クリアキャンドルの作り方
この動画【手作りキャンドル工房obico】によるクリアキャンドルの作り方ビデオです ご自宅や学校で、楽しく簡単にオリジナルのキャンドルを作ることができます 【手作りキャンドル工房obicoホームページ】 【音源素材:フリー音楽素材MusMus様】

材料はすべて100円ショップで揃えることができます。中に入れるガラス細工や砂を変えると色々なキャンドルが作れますよ。

※キャンドル作成は火を使って高温の液体をガラス容器に移す作業があり危険を伴うので大人の方が付き添ってください。

③スケルトン卵

<材料> 生卵(1個)、穀物酢(200mlくらい)、瓶

<作り方>

卵のカラを溶かしてスケルトン卵を作ろう【自由研究】
スケルトンたまごを作ってみた!自由研究用画像・実験方法・まとめ方

家庭に必ずある卵を使って手軽に実験ができます。卵の中ってどうなっているか興味ありませんか?

やってみると中々面白いですよ。スケルトン卵は殻が溶けてなくなりボールのようになります。

なんだか可愛くみえてしまいます。

※生卵と瓶はよく洗っておきましょう

 

④つかめる水

<材料> 水1250ml、アルギン酸ナトリウム(1g)、塩化カルシウム(5g)、ボウル(2個)

<作り方>

超不思議!掴める水の作り方【ビエボ】 | 夏休みの自由研究
夏休みの自由研究に、超簡単にできちゃう不思議な裏技。掴めるはずのない水があるものを混ぜるだけで指で掴んで持ち上げちゃうこともできるんです! 日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」では、"makes your life better"をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。 ■...

※コツは水とアルギン酸ナトリウムはハンドミキサーなどでダマがないよう一気になぜること。

水ってつかめるの!?と衝撃的な実験ですね。

原理としてはアルギン酸ナトリウムと塩化カルシウムが反応して膜を作りつかめる水ができるようです。

不思議ですね~。

聞いたことのない薬品ですが、どちらも食品添加物に使われているので安心してください。

ということで、つかめる水は口にいれても大丈夫ですので小さい兄弟がいる家庭でも一緒に楽しめます。

しかし、安全とはいえ清潔な調理器具などを使うようにしてくださいね。

薬品は薬局などで購入可能できるようですが確実なのがネット通販かと思います。

調べてみると100円ショップ大手のダイソーで「つかめる水キット」が販売されているようなので、こちらで実験する

と用意する手間がかからないのでオススメですよ。

水に色を付けたりしてカラフルに作っても面白そうですね。

いかがでしたか?今年は小学校最後の自由研究になるので楽しみながらできるといいですね。

①、②の研究テーマは思い出として残しておけるので6年生にぴったりではないでしょうか。

是非つくってみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
ペタサーチ