サブスクリプションとは?リースやローンとは何が違う?

スポンサーリンク

最近、「サブスクリプション」という言葉を最近耳にします。

そもそも、サブスクリプションって何だろう?と思う人も多いのでは?

サブスクリプションは、「定額」と同じ意味で用いられることが多いです。

1つのものに対しての料金ではなく、利用期間に対しての対価を支払う方式の料金体系のことを言います。

馴染みのあるものだと、ドリンク飲み放題や音楽のストリーミング配信サービスも、サブスクリプション方式のサービスです。

この方式のサービスで、自動車の定額制サービスも登場して、注目を集めています。

従来のローン購入やリース、カーシェアなどとはどう違うのでしょうか?

スポンサーリンク

サブスクリプション型のサービスって何がある?

その前に、サブスクリプション方式のサービスはどんなものがあるか少しまとめてみました。

こんなものまであるのか…っていうものまで登場してい

るんです。

定額制レンタルや商品お届けサービスなど、幅広く展開しているんですね

自動車の定額サービスがが出てもおかしくないです。

《自動車以外のサブスクリプション型サービス》

  • 音楽配信
  • 動画配信
  • 漫画、小説、ビジネス書、雑誌配信
  • ゲーム配信
  • コスメBOX、雑貨BOX配達
  • 洋服レンタル、バッグレンタル
  • スーツ、ネクタイ、シャツレンタル
  • アクセサリーレンタル
  • コインランドリー使い放題
  • コンタクトレンズ定額利用
  • 定額制Wi-Fi、電源利用
  • 定期便酒配達
  • 子供服配達
  • 写真プリント
  • 英会話

サブスクリプションとリース、ローンの違いって?

自動車のサブスクリプション型サービスってどんなものなのでしょう?

サクッと言うと、「定額乗り放題」です。

サービスごとの特徴を見比べてみましょう。

サブスクリプション

月額料金を支払うことで、自動車の維持費用を抑えて自動車に乗ることができます。

登録されている自動車から好きなものを選んで乗れて、一定期間が過ぎれば、違う車に乗り換えることもできます。

定額料金に保険料、車検、税金が含まれています。

カーリース

月々の支払い額のみで自動車に乗ることができます。

車検、税金、メンテナンスの料金もリース代金に含まれているので、維持費の心配がないのが特徴です。

リース時にグレードや車体の色なども選べます。

ローン

自動車ディーラーや信販会社などに購入代金の貸付をしてもらい自動車を購入する方法です。

毎月の支払いの他に車検、税金、メンテナンスを自分で行います。

費用の管理は面倒ですが、カスタマイズも自由で、ローン完済後は所有者も使用者も自分になります。

ローン支払い中も、制限がほぼありません。

利用法法によって特徴がありますね。

ちょっと使いたい人やセカンドカーを持ちたい人には、リースやサブスクリプションは便利です。

カスタムしたり、ガッツリと使い込みたい人には不向きかもしれませんね。

サブスクリプションと似たサービスとの違いはどこ?

さて次は、レンタカー、カーリース、カーシェアリングとサブスクリプション型の違いは何かを見てみましょう。

レンタカー

基本的には短期間で自動車を使いたい時に利用するサービスです。

名義はレンタカー業者なので、「わ」ナンバーです。

一発でレンタカーと分かり、使用に関しても「借りている」という意識が強く、制限も多い利用方法です。

カーリース

所有者はリース会社、使用者は自分の名義になります。

希望ナンバーや特別ナンバーへの変更もでき、自動車のグレードや色も選べます。

返却時には元に戻してからなので、大掛かりなカスタマイズはできません。

カーシェアリング

必要な時だけ自動車を使えて、ガソリン代、保険料がかからないこともあります。

レンタカーと同様のサービスですが、24時間いつでも使い始められて返却できるのが大きな特徴です。

短時間であればレンタカーよりも料金が安いことが多いですが、利用できる車種が少なく、時間の延長がでいないことが多いなどのデメリットもあります。

サブスクリプション

月額料金の支払いのみで、沢山の車種から乗りたい自動車を選べて、手元に置いておけます。

リースの場合は特定の自動車に対してのリース料金を支払っていきますが、サブスクリプションは途中で違う自動車に乗り換えができるのが特徴です。

利用方法によって特徴がありますね。

ちなみに私家庭は、ペットを乗せたいので、もっと細かく制限やペナルティを聞かないと使うのは怖いなぁ…と思いました。

使い終わってから莫大な金額が追加されるなんて辛いですから。

サブスクリプションで自動車に乗るメリット、デメリット

月額制のサブスクリプション型で自動車を使うメリットやデメリットは、どんなことでしょうか?

メリット

月額料金に保険料、税金、車検の費用が含まれているので、先の費用の計算がしやすい

短期間で違う自動車に乗り換えられる

ローンを組むに至らない自動車(長期では必要ない自動車や、古い車種、お試しで乗ってみたい自動車など)にも乗りやすい

デメリット

乗り始めるまで、カーシェアなどに比べると手続きに時間がかかる

月間走行距離の制限などがある

登録された自動車の中から選ぶことになるので、希望通りのものがないことがある

始まったばかりのサービスなので、提供している会社やエリアが限られている

サブスクリプションについてのまとめ

ざっくりとまとめると

  • サブスクリプション自体は、馴染みのあるサービス体系
  • サブスクリプション型の自動車の利用は、カーリースに似たサービス
  • ローンとの違いは、乗り換えの時が一番大きい
  • メリット、デメリットを知らず利用すると不便かも?

自動車を持つことによるコストを抑えられ、好みの変化や利用シーンによって自動車を気軽に乗り換えられる反面、走行距離の上限を超えると追加で料金がかかったり、選ぶ自動車が中古車中心であったりと、サービス内容に求めるものが合わない人には少々利用しづらいのかもしれません。

注目を集めているサービスなので、今後はサービス体系も変化していくかもしれませんが、現在はまだサブスクリプション型の自動車の利用には踏み切れない人もいるでしょう。

サブスクリプションという方式のサービスが色々なシーンで浸透している現在、どんなものか知っておいて、選択肢の1つに加えてみるのもいいですね。

個人的には、今後は自動車の特徴ごとに特化したサブスクリプション型のサービスが増えていくと嬉しいです。

 

コメント