映画「検察側の罪人」の感想やネタバレ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「検察側の罪人」の制作年度

2018年

8月25日に映画館で視聴

「検察側の罪人」のあらすじ

映画の舞台は現代の東京地検刑事部です。

エリート検事である最上毅(木村拓哉)が新米検事たちに、研修で弁を振るう場面から始まります。

その研修を受けるのが本作のもう1人の主人公、沖野啓一郎(二宮)です。

研修を終え、地方で実務経験を経て数年後、最上の部署に沖野が配属になります。

エリート検事である最上を熱心に慕う沖野を、最上も目をかけています。

ある日、老夫婦が殺害される事件が起きます。

彼らは金貸しをしており、被疑者のリストがあがります。

その中にある、ある名前から最上と沖野の二人の運命は大きく変わっていきます。

「検察側の罪人」で印象に残ったシーン

最上が新米検事たちに研修を行っている最初の場面は、わりと緊迫していました。

最上扮する木村拓哉さんが声を張るシーンは、原田眞人監督と内密に決めたそうで、エキストラの方々は本気で驚いて、肩を揺らしていました。

ですが、中盤、松倉から無理矢理調書をとる沖野扮する二宮和也さんの演技には素人目から見ても圧倒的に負けていましたね。

対照的な二人の二つの場面ですが、沖野が松倉から調書をとるこの場面はこの映画で一番の見所であり、この映画をみた皆さんがすばらしかったと言っているようです。

松倉に過去の犯行を認めさせることに最上がとてつもなく執着し、それに対して疑問を抱く沖野に松倉の調書をとることを強いる最上。

そして疑問を抱きながら、調書をとり、松倉を責めます。

今回の事件に彼は関係ないのではないか。

憧れの最上が過去の事件に囚われすぎているのではないか。

それらの思いで沖野は葛藤します。

その葛藤がこの松倉から調書をとる場面でよくあらわれていました。

とても迫力があり、印象に残りました。

「検察側の罪人」の全体の感想

映画全体としては尻窄まりに終わったような印象を受けました。

全体を通して、笑いは一切なし。

一貫として真面目に現在の老夫婦殺害事件と過去のある事件を追います。

序盤でぐっとひきつけられ、中盤にある沖野の松倉から調書をとる場面で夢中になり、そして後半であれ?これで終わり?と肩透かしを食らいました。

中盤までとてもよく張り詰めた緊迫感だったのに、後半に向かっていくにつれて他に気になることがたくさん出てきます。

「それ、いるの?」と聞きたくなることが随所に出てきて、原作を知らないで見に行ったので頭の中が飽和状態です。

沖野役の二宮さんはもちろん、最上役の木村拓哉さんも迫真の演技をしており、松倉役の俳優さんも見ていて自然と嫌悪感を抱く、いい演技をしていました。

俳優、女優陣の演技は素晴らしかったはずです。

原作を読んでいないのでわかりませんが、原作を映画一本にまとめるストーリーの取捨選択がイマイチなのではないかと思います。

つまらなくはなかったです。おもしろかったのですが、もっと面白くできたのでは?という印象をうけました。

序盤から中盤が緻密にできていたのに、後半で突然短絡的な思考に走る最上や、なんでもできすぎてしまう諏訪部がツッコミどころでした。

いい意味で原作が気になる映画でした。

「検察側の罪人」で気になったところ、もやもやしたところ等

二人の主人公、最上と沖野役どちらも良い。犯人役も、脇役も良い。

序盤から中盤の流れもグッとひきこまれます。

ですが、後半の脚本が気になります。

原作を未読なので最上の祖父と、ブローカー諏訪部の父がインパール戦争で繋がりがある件が頭の中で疑問符として残ります。

「それで?」「だから?」っていうのが感想です。

それでブローカーの諏訪部が最上を手助けする義理になるのか。

なんでそこまで助けてくれるんだ、とちょっと違和感を覚えました。

吉高由里子演じる橘の後半の動きもイマイチです。

尺の問題からか、突然体の関係をもち、謎の場面。

その後から急に共に動き始めます。そして後半消えます。

尺の都合なら無駄に二人に体の関係は持たせなくてもよかったのでは?

恋愛感情だったのかどうかもわかりませんが、だとしたら描写が少なすぎるように思えます。

あと最上が執着する過去の事件ですね。

学生時代過ごした学生寮の管理人の一人娘、ユキが殺害された事件ですが、そちらの描写も少なすぎます。

橘との中途半端な恋愛の描写は全てカットしてこちらにピンスポットをあてるべきだったのでは?というのが原作未読なわたしのとにかく気になるところでした。

コメント