映画「解夏」の感想やネタバレ!

スポンサーリンク

「解夏」の制作年度

2004年

2011年春にレンタル視聴

「解夏」のあらすじ

大沢たかおさん演じる小学校教師が、ある日突然目に違和感を感じ、病院を受診すると失明する病気であると告知される。

絶望の中で、結婚を考えている石田ゆり子さん演じる恋人に別れを告げて、生まれ故郷である長崎へと帰る。

失明すると分かって、生まれた土地である長崎のことをもっと知り、その風景を目に焼き付けておきたいと思ったのです。

そこに別れたはずの恋人が、彼を心配してやってきます。

その後は、恋人と一緒に病の体をおして、長崎の町を歩いて色々な風景を見て回ります。

その時に訪れたお寺で、出会った僧侶に「解夏」という言葉を教わります。

「解夏」とは、仏教用語で夏に行う安居という修行が終わる時を意味します。

その後、病の恐怖や失明を受け入れることの難しさが影響し、恋人に酷い言葉をかけてしまう主人公。

しかし、一緒に生きていきたい人は彼女しかいないと東京に帰ってしまった彼女を迎えにいくのです。

そして、最後、失明という彼にとっての「解夏」の瞬間がやってきました。