映画「そして父になる」の感想やネタバレ!

スポンサーリンク

「そして父になる」の制作年度

2013年

2015年2月にレンタルDVD視聴

「そして父になる」のあらすじ

野々宮良太は建設会社に勤めるエリートで、妻みどりと一人息子の慶多と3人で、東京の高級マンションに住んでいます。

ある日、慶多の産まれた病院から電話があり「取り違え」の事実を知ります。

相手家族は斉木雄大とゆかり夫婦、その息子琉晴だとわかります。

雄大は町の電気屋で、琉晴以外にも子供がいる庶民的な家族です。

経済的にも価値観も全く違う2つの家族は、家族で会うことを重ね、小学校入学前に子供を交換することを決意します。

ですが、良太はお金で子供二人を引き取れないかと提案し、雄大に大声で怒られます。

交換までの期間、週末だけ慶多と琉晴はそれぞれの家庭で過ごすことになります。