映画「きみはいい子」の感想やネタバレ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「きみはいい子」の制作年度

2015年

2015年公開日に映画館で視聴

「きみはいい子」のあらすじ

オムニバスで何種類かのお話が組み込まれています。

認知症を患っているおばあちゃんと障害を持っている近所の男の子との関わり。

障害を持っていてもちゃんと挨拶をすることが出来ているということに富田靖子さん演じるお母さんが感激して涙をします。

障害を持った子供がいることにどこか恥ずかしい思いをずっと持ってきていたお母さん。

そして、小学校の新米先生役の高良健吾さん。

子どもたちはなかなか言うことを聞かず学校のことでもストレスを感じ、恋人との関係もあまりうまくいっていないことにさらにストレスを感じていた。

そして、夫が単身赴任で寂しい思いをしつつ子供と二人暮らしながらも我が子にどうしても手を挙げてしまう尾野真千子さん演じるお母さん。

「きみはいい子」で印象に残ったシーン

尾野真知子さんが自分の子どもに虐待をするシーンがあるのですが、尾野真千子さんの演技に怖くなるくらいでした。

目をつぶってしまう人もいるのではないかと思うくらい迫力がありました。

映画を観ている人も、実際自分の子どもに虐待をしてしまった人がいると思いますが、きっと心が痛くなったのではないでしょうか。

実際に虐待をしてしまうお母さんというのは、自分が小さい頃に自分のお母さんから虐待を受けていて、自分が結婚をして子供を授かって、自分が受けてきたような虐待と同じようなことは子どもには絶対したくないと思いながらもどうしても虐待をしてしまうようです。

よく叩かれていた人は、手を挙げる傾向が高いようです。

そのように育ってきたのでそのようにしつけをしてしまうんですね。

池脇千鶴さんが演じるお母さんは、尾野真千子さんのその寂しい気持ちをわかってあげて、自分が大人になってもお母さんになっても、抱きしめられたいんだということを演じられていました。

「きみはいい子」の全体の感想

あらすじにも書きましたが、3つのお話によるオムニバスですがどの内容のお話にも共通するのが、大人になったとしてもみんな抱きしめられたいということだと思います。

みんなそれぞれの毎日の生活に追われ、寂しい思いをしています。

障害児を持ったお母さんは、なんで自分が障害を持った子供を育てなければいけないの?という葛藤を一生持ち続けることになります。

障害を持って生まれてきた子供のことを恥ずかしいと思い、近所との付き合いをしてこなかったお母さんが、認知症のおばあちゃんととても仲良くしていた子供を見てハッとする。

いつしか自分が知らないところで成長しているんですね。

私も今でいう虐待をされたことがあるので、尾野真千子さん演じるお母さんの気持ちは少なからずわかります。

私には子供がいないので二次被害は保てていますが。

夫が居なくてずっと子供と二人きり。

子どもが言うことを聞かなくてその度に虐待をしてストレスを発散させているんですね。

それを池脇千鶴さんが演じるお母さんが気持ちを救ってあげたことで、心が安らいでいったのだと思います。

高良健吾さん演じる小学校の先生は、私生活でも仕事場でもうまくいかない毎日にとても疲れていました。

遊びに来ていた親戚の子供が、大丈夫、大丈夫と抱きしめてくれたことで抱き締められるってことは子どものころだけではないんだ、大人だって抱きしめられたいんだということに気づかされていました。

「きみはいい子」で気になったところ、もやもやしたところ等

高良健吾さんの小学校のクラスの生徒たちが、抱きしめられることを宿題に出されたことについて回答するシーンは、台本にはなく本当に生徒役を演じていた子供たちの本音が語られていました。

親に抱きしめられて気持ち悪かった・嬉しかった・恥ずかしかったなどと照れながらも答えていく子供たちが生き生きとしていて印象に残りました。

コメント