Notice: Undefined offset: -1 in /home/ctjfryyt/public_html/modern-media.net/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/includes/part_2_2.php on line 2
映画「検察側の罪人」の感想やネタバレ!

映画「検察側の罪人」の感想やネタバレ!

スポンサーリンク

「検察側の罪人」の制作年度

2018年

9月14日に映画館で視聴

「検察側の罪人」のあらすじ

沖野啓一郎含む新米検察官の研修を担当している最上毅。

彼は正義感の強い検事は自らが犯罪者にもなりうる存在であることを彼らに伝えた。

沖野は自身の憧れである最上と同じ東京地検に配属されることになり、最上が担当していた闇ブローカーの諏訪部の取り調べを任せられることになった。

沖野と同時期に事務官として配属された橘沙穂も、最上とともに諏訪部の取り調べを担当するのだが、諏訪部は若者には何もしゃべるつもりはないと固く口を閉ざすのであった。

一方、蒲田に在住している老夫婦が何者かによって殺されるという事件が発生。

事件の容疑者は被害者に金を借りていた複数の人間に絞られるのだが、その中にかつて最上が学生時代に親しくしていた由季を殺害された際に重要参考人として上がった松倉重生という人物も含まれていた。

最上はその事実を知ると、無意識にも松倉の犯行であると決めつけ、身辺調査を沖野に行わせるのであった。