生後1ヶ月~2ヶ月の赤ちゃんを外出させて良い時間はどれくらい?気を付けるポイントを調査!

スポンサーリンク

無事に出産を終えて一息つけたのもつかの間、毎日が初めてのことで不安一杯の中、日夜問わず赤ちゃんのお世話を頑張っていることと思います。本当にお疲れ様です。

母子共に1ヶ月健診を受ける時期になり、初めて赤ちゃんを連れての外出になりますね。

楽しみでもあるけれど不安や心配でもありますね。

そこで、赤ちゃんとの初めての外出で困らないための情報をお伝えします。

スポンサーリンク

外出はいつから大丈夫なの?

初めての外出は一般的には1ヶ月健診からになると思います。

この時期の赤ちゃんはまだ体温調節が難しく、免疫力も抵抗力も低く病気にかかりやすくなっています。また産後1ヶ月くらいはママにとっても体を回復させるのに最低限必要な期間です。

このことからも1ヶ月健診前の外出はあまりおすすめできません。

ですが、いきなり健診のために外出させるのではなく、生後2~3週間から「外気浴」を始めたらいいと思います。

「外気浴」とは赤ちゃんに屋外の新鮮な空気に触れさせて、外の空気に慣れさせることです。

まずは自宅の窓を開けて1~2分くらいから外気に触れさせることから始めます。赤ちゃんが嫌がらなければ少しづつ時間を延ばしてみて、長くても10分程度にしておきましょう。

1ヶ月健診で特に赤ちゃんの成長や健康に問題がなく、ママも医師からの外出許可が下りれば外出は可能になります。

外出はどこに行ってもいいの?

外出が可能になったからといって、この時期の赤ちゃんといろんな所へ行くのは少々無謀なことです。

まずは家のベランダや家の庭周辺を抱っこで散歩することから始めてみましょう。

最初は10分程度から始めて、少しずつ時間を延ばしていきましょう。

ママも赤ちゃんのお世話に追われて疲れやストレスがたまってくる頃なので、外の景色を見たり新鮮な空気に触れることはリフレッシュにもなるでしょう。

赤ちゃんとママの体調に合わせて、時間と距離を延ばしていきましょう。

慣れてきたら近所の公園やスーパーなどへ出かけるのもいいでしょう。ただし、なるべく混雑していない場所や空いている時間帯を選んで行くとよいでしょう。

スポンサーリンク

外出はいつ出かけたらいいの?

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、屋内と屋外との気温差がなるべく少ない時間帯を選びましょう。夏なら午前中の涼しい時間帯に、冬ならお昼過ぎの温かくなってきてからの時間帯にするといいでしょう。

ただし、適温だからとかこの時間帯しか空いてないという理由で夜遅くに外出することは避けた方がいいです。赤ちゃんの生活リズムが崩れてしまいます。あくまでも赤ちゃんファーストで!親の都合に合わせないでくださいね。

外出時の持ち物はどうしたらいいの?

*荷物の量は外出の時間や場所によって変わってきます。

<近所まで少し外出する時>

  • オムツセット(オムツ、おしり拭き)
  • ゴミ袋やビニール袋
  • 口や涙を拭くためのガーゼやタオル
  • バスタオルやおくるみなど体温調節グッズ
  • 着替え一式
  • 母子手帳、健康保険証、診察券、乳児医療証
  • 携帯電話、財布

<半日~1日外出する時>

・上記の①~⑦

・ミルクセット(粉ミルク、哺乳瓶、お湯)または授乳ケープ

・おもちゃ

荷物は少なくしたいところですが、突発的に必要になることもあります。

そんな時にあわてることがないように、慣れないうちはしっかり準備して出かけた方がいいと思います。

また、外出の際はいざという時にすぐ対応できるように、ママの両手が空いている状態の方がいいですよ。バッグは斜め掛け型タイプやリュック型タイプだと身軽に動けますよ。

赤ちゃんはどんな服を着て外出すればいいの?

基本的にどの季節でも汗を吸いやすく、簡単に着脱できる物を選んであげましょう。

着せる枚数は部屋と同じでよいと思います。温度調節ができるように上着やおくるみ、帽子や靴下などを持っておくと安心ですよ。

まとめ

1~2ヶ月の赤ちゃんはまだまだいろんなことで負担がかかりやすい時期なので、家の中での生活が基本と考えた方がいいでしょう。

もっと月齢を重ねれば、行動範囲を広げることができます。

それまでは無理をしないで、すぐ帰ってこられる範囲をお散歩感覚で楽しみましょう。

スポンサーリンク

コメント