映画「ジーサンズ はじめての強盗」(字幕)の感想やネタバレ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ジーサンズ はじめての強盗」の制作年度

2017年

「ジーサンズ はじめての強盗」のあらすじ

【銀行強盗を決意する3人の老人】  

これは、アメリカに暮らす80歳を超えた3人のお年寄り、ウィリー、ジョー、アルとその家族の物語です。

彼らは、長年勤めてきた工場が買収されることになり、年金を打ち切られてしまいます。

さらにウィリーは健康問題、ジョーは住宅ローンの取り立てに直面して、八方ふさがりに。

そこで、ジョーは「老後の資金を取り戻そう」と、もらうはずだった年金を保有している銀行に強盗に入ることをウィリーとアルに提案します。

【銀行強盗なんて本当にできるの?】  

これまで真面目に生きてきた老人たちに銀行強盗などできるはずもなく、最初は近所の食料品店での万引きすら失敗します。

また、アルは自分に好意を持ってくれている女性のことを考えて、銀行強盗には乗り気ではありません。

ここで彼らに銀行強盗を指南してくれる男「ジーザス」の登場。

彼は老人たちに銀行強盗のやり方を教え、ウィリー、ジョー、アルの三人も必死で特訓していきます。

【銀行強盗本番!】  

いよいよ銀行強盗の当日。

三人は老人会が主催するイベントに参加してアリバイを作りつつ、銀行に押し入ります。

彼らは銀行強盗を成功させ、警察の包囲網をくぐりぬけ、平和な老後を取り戻すことができるのか、といったところがこの物語のクライマックスです。

「ジーサンズ はじめての強盗」で印象に残ったシーン

【みどころ① コミカルかつスリリングな展開】

この映画の見どころは何といってもコメディ映画らしいコミカルな場面と、犯罪映画らしいスリリングな場面が、絶妙に組み合わされていることです。

万引きした食料品店からおばあちゃんの原付を拝借して、カゴにウィリーをのせて逃走するシーン。

そして結局つかまって店長さんに説教されるシーンは、いかにもアメリカのコメディ映画といったドタバタな展開です。

一方で、警察とのやり取りは、思わず引き込まれる緊張感あふれる展開になっています。

【みどころ② おじいさん三人の友情】

この映画はおじいさん三人の友情の物語でもあります。

ウィリー、ジョー、アルは、それぞれ違った問題を抱え、それぞれ家族を持っています。

なので、銀行強盗に対する考え方も違っていて、特に恋する女性がいるアルは成功するはずがない悪事には反対なのですが、結局、他の二人と一緒にバカなことをやってしまいます。

そういう年を取っても続く、腐れ縁的な友情が素敵な作品です。

【みどころ③ 家族の物語】

この映画には、ウィリー、ジョー、アルの家族も出てきます。

ウィリーには離れて暮らす孫娘が、ジョーには離婚して戻ってきた娘と孫娘が、アルには求婚されている女性がいます。

ウィリーやジョーは孫たちに資産を残してやるために銀行強盗をしようとしますし、逆に家族は年を取ったウィリーたちが無理をしないか心配でなりません。

銀行強盗のハラハラさせる場面やコメディ要素に目がいきがちですが、ハートフルな家族の物語としてもおすすめです。

「ジーサンズ はじめての強盗」の全体の感想

観た後の爽快感と元気をもらえる感じは、とびぬけています。

何かに挑戦している時や挫折を味わった時などに観ると勇気をもらえると思います。

いくつになっても前向きに生き続けるお年寄り、最高です。

「ジーサンズ はじめての強盗」で気になったところ、もやもやしたところ等

【映画の気になった所】

コメディ映画なので仕方ないところですが、終盤の少しご都合主義的な終わり方は、気になる人がいるかもしれません。

【特に良かった所】

特に良かった所は、これでもかと出てくる名優たちの演技です。

主人公の三人を演じたモーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンをはじめ、オスカー俳優や多くの方が名前を知っている俳優がたくさん出てきます。

彼らの共演を見られただけでも、この映画は貴重な作品だと思います。

コメント