映画「忘れられない人」(字幕)の感想やネタバレ!

スポンサーリンク

「忘れられない人」の制作年度

1993年

レンタルビデオで視聴

「忘れられない人」のあらすじ

恋が下手で、男を見る目のない女の子が心の底から想うことができる相手に出会い成長していくラブストーリー。

主人公の女の子キャメロンは、若者が集まるカジュアルなレストランでウエイトレスのバイトをしている。

鼻歌を歌いながら、同僚の女友達と気軽なノリで働きながら、恋愛の愚痴をこぼしたりたわいない会話を楽しんでいる明るく元気な女の子。

今時の男の子とばかり付き合っては、振られる恋を繰り返していたキャメロンは暴漢事件がきっかけで、同じバイト仲間のアダムという無口で地味で、誰とも関わろうとはしない孤独な男の子に惹かれていく。

ある日、キャメロンかバイトを終えて帰路へと夜道を歩いていると、暴漢に襲われてしまう。

キャメロンの魅力に気づき密かに想いを寄せていたアダムは、毎晩、キャメロンが無事に家に帰れるよう密かに跡をつけていた。

アダムによって暴漢から助けられたキャメロンは、アダムの事が日に日に気になり始める。

そんな中、アダムの心臓には欠陥があり、長く生きられないことを知る。

幼い時に両親を亡くし、孤児院で育ち、今でも孤独に一人で生きている彼の寂しさをキャメロンは受けとめていく。

一途にキャメロンを想う彼を愛することでキャメロンの心も満たされていく。

けれど、彼の命は終わろうとしていた。

命が尽きる瞬間まで二人は時間を共有する。

一緒にアイスホッケーの観戦をしたり、クリスマスイブを祝ったり、、、 アダムの家で過ごすささやかな日常。

二人の想いが通じ合う、イブの夜のキスシーンはとてもピュアで切なくてこのラブストーリーの透明感を最後まで貫く名シーンだ。

ラストはやはり悲しい結末。

アダムは静かにキャメロンの隣で息をひきとる。

冒頭の恋に恋する子供っぽいキャメロンが、豊かな愛情を知り成長した姿が観ている者に切なさと温かさの余韻を残す良い映画だと思う。