映画「ロッキー4 炎の友情」の感想やネタバレ!

スポンサーリンク

「ロッキー4 炎の友情」の制作年度

1985年

1986年7月20日に映画館で視聴

「ロッキー4 炎の友情」のあらすじ

ボクシング世界チャンピオンになった主人公ロッキーは家族とリッチで幸せな日々を過ごしていた。

そんな時、ソビエトからアマチュア最強のドラゴが来日して、ロッキーと対戦したいと申し出る。

ロッキーの戦友であり親友のアポロが代わりに対戦したいと言い、ロッキーはセコンドに付くことになった。

試合が始まり、アポロの華麗なフットワークやスピードあるパンチで最初は優位かと思われたが、ドラゴの超人的破壊力のパンチの前になすすべ無く、打ちのめされリング上で亡くなってしまう。

ロッキーは友情の為、自分のファイターとしてのプライドの為、ドラゴと対戦することを決意する。

そしてソビエトに渡り、過酷な環境の中でトレーニングを積み、強靭な肉体を得たロッキーは、敵地の完全アウェイのリングでドラゴと闘う。