映画「スティング」の感想やネタバレ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スティング」の制作年度

1973年

映画館で視聴

「スティング」のあらすじ

当時の人気俳優、ロバートレッドフォードとポールニューマンの共演で話題となった映画。

大手呑み屋を二人の詐欺師がどのように引っ掛けるかを順に追って説明していく。

ある程度年配の詐欺師をポールニューマンが演じ、若手の詐欺師(見習いかな)をロバートレッドフォードが演じている。

ロバートレッドフォード自身はある程度詐欺師としてやっていける自信がついており、その意味で、年配のポールニューマン演じる詐欺師に反発しながらも、 ある意味年長者のノウハウに触れ、自分もこうなりたいという姿を上手く描いている。

ラストのどんでん返しがきれいに決まる点も凄い。

「スティング」で印象に残ったシーン

上手く相手をはめる為に、相棒を探しているポールニューマンの処へロバートレッドフォードが訪れるシーン。

若手である意味天狗になっているロバートレッドフォード。

どちらかと言えば、詐欺師として成功者であるポールニューマンの住んでいる家を見て、それほど大した家じゃない事を小馬鹿にしたような仕草で表した。

それに対してポールニューマンの方は、そんな若輩者に対して特にコメントする訳ではないが、風格を感じさせる演技は流石としか言いようがない。

段々二人が、お互い同士をリスペクトしていき、最後の呑み屋のシーンでは、ロバートレッドフォードがそんなポールニューマンを嵌めようとし、それに対して「そんな」 と言う感じで見るポールニューマン。

だけど、そこで撃ち殺されてしまうロバートレッドフォード。

その後、どうなるというシーンは圧巻です。

「えっ、えっ、そうなの?」と思わずあっけに取られる事間違いないです。

それだけに、この先のシーンが一番好きですが、容易に書くのはもったいなさすぎます。

ご自分で堪能して下さい。

「スティング」の全体の感想

軽快なテンポと共に進む全体の展開の楽しさ。

思わず引き込まれてしまう1930年代のシカゴの様子。

過去を題材にしているせいか、今見ても古さは感じられない世界観は凄いと思います。

逆に、最近のミュージカル映画でシカゴがありますが、これを見る前にスティングを見ると、また違った面白さを感じられるでしょう。

反対でも面白いかと。

シカゴを見てから、昔見たスティングを見直すと、それぞれの映画の中での1930年代のノスタルジックな世界観を楽しめると思います。

後、若手の詐欺師のロバートレッドフォードに対して、伝説の詐欺師に近いポールニューマンの対応が全話を通じて楽しく見られます。

当時は字幕でしか見られなかった内容ですが、もし英語を理解できるのなら、二人の会話は本当に飄々としていてその内容も楽しめるものです。

この二人をメインに脇を固めているわき役たちも一癖も二癖もあるような(そう演じていると言えばそれまでなのですが)人物たちです。

若手の詐欺師、ロバートレッドフォードを伝説の詐欺師であるポールニューマンの処へ連れて行く兄ちゃん。

ポールニューマンとタメを張る、ある程度年長者の風格を見せる詐欺師の仲間。

全体の音楽と共に引きこまれる世界をお楽しみ下さい。

「スティング」で気になったところ、もやもやしたところ等

何と言っても全体を流れる軽快な音楽は忘れられません。

「スティング」として今でも使われる曲ですが、ちょっと調子はずれのようなそれでいて綺麗に流れる音楽の心地よさは、やはり凄いと思います。

今聞いても違和感のない音楽ですし、映画の中の音楽としては、最も好きなものの一つとなっています。

西部の調律もいい加減なピアノで、お客様の要望に合わせて軽快に奏でられる、「ホンキィトング」と言われる音曲をモチーフしたものと言われています。

とは言えしっかりとした曲として作曲されていたからこそ、今でもテレビ等で使われている曲になっています。

後、二人が仲良く去ってゆく(この辺りはうろ覚えなのですが)シーンは、二人が共演した有名な映画、「明日に向かって撃て」を思い出してしまうシーンです。

「明日に向かって撃て」は、ポールニューマンとスティーブマックイーンと言う往年の二大名優が気に入り買い取った脚本なのですが、マックイーンが出れなくなってしまい、 急遽、新人俳優であったロバートレッドフォードをキャスティングし、撮影された映画で、この映画の最後のシーンでは、警察隊の銃撃で撃ち殺される二人が銃の前に出るシーンをストップモーションで描いた映画です。

このシーンは物凄く有名ですが、この二人が撃たれる事なく、歩き去ってゆくスティングの最後のシーンは、これのオマージュと思ってしまうほどお気に入りのシーンです。

コメント