Notice: Undefined offset: -1 in /home/ctjfryyt/public_html/modern-media.net/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/includes/part_2_2.php on line 2
映画「ファインディング・ドリー」(吹き替え)の感想やネタバレ!

映画「ファインディング・ドリー」(吹き替え)の感想やネタバレ!

スポンサーリンク

「ファインディング・ドリー」の制作年度

2016年

2018年8月16日にテレビ視聴

「ファインディング・ドリー」のあらすじ

前作『ファインディング・ニモ』の続編で、その登場キャラクターでナンヨウハギのドリーが主人公になった映画です。

前作から1年後のお話が描かれており、いつものようにニモたちと楽しい日々を送っています。

そんな楽しい毎日のある日、ニモがマンタの故郷へ帰るところを見学するという目的で学校の遠足へ行くのですが、ドリーもそれに同行。

到着すると、それを眺める子供の魚たち。

ドリーも子供たちに混じって眺めているのですが、思わぬところでマンタの群れに巻き込まれて気を失ってしまいます。

その瞬間、その激流に流されたことと同じような体験をした過去の記憶を思い出し、同時に両親のことも思い出します。

「自分は両親を探していた」

思い立ったドリーは止まりません。

ニモの父親、マーリンに止められるも、親に会いたい気持ちが強い。マーリンがニモに会いたかった、その気持ちと同じようにと伝えます。

そこから、ドリー、ニモ、マーリンの大冒険が、再び始まります。