映画「ゴールデンスランバー」の感想やネタバレ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ゴールデンスランバー」の制作年度

2010年

レンタル視聴

「ゴールデンスランバー」のあらすじ

ある男が、人気アイドルの命を助けて世間の注目を浴びていくところから始まります。

そして大規模な首相暗殺の濡れ衣をきせられる主人公堺雅人さんが、その魔の手から逃げていくというストーリーです。

最初に親友と会うものの犠牲になり、友達や知り合いにも裏切られたりと誰を信じていいいのか何も分からない主人公。

最初に親友に会った時に言われた「何でもいいから逃げて逃げて生き延びろ」という言葉を信じて、ずっと逃げていたがどんどん追い込まれていく。

しかし主人公の人柄で、少数ではあるがある人たちによって助けられていく。

サスペンスであり、ちょっとしたラブストーリーであり、不思議な魅力を持った映画になっています。

「ゴールデンスランバー」で印象に残ったシーン

最初の、親友の吉岡秀隆と堺雅人さんのシーンは最高でした。

普段の仲の良さとシリアスになっていくシーンのギャップには惚れてしまいました。

相手を想うからこそ出来るところや、相手を想うからこそ出来る行動があるんだと感じました。

その中でも冒頭のシーンとラストシーンの伏線回収は素晴らしかったです。

これほど展開が読めない作品もなかなかありませんし、冒頭であった一つ一つの言葉がラストシーンでは完璧に繋がっていて、ほっこりするシーンでもありました。

堺雅人さんの天然な感じと竹内結子さんの純粋な感じがとても印象的で、かなりの見所でもあります。

途中で柄本明さんが作品の中で出てくるんですが、すごくかっこいいです。

独特の雰囲気を持っている人ではありますが、彼の方が作品の良い味を出していました。

全体的にもかなり豪華なキャストでしたが、それも納得するぐらいの作品に仕上がっています。

僕にとってはこの作品以上のものが現れないと思うぐらい良い作品でした。

「ゴールデンスランバー」の全体の感想

全体を通してみると、やはり伊坂幸太郎節が炸裂している作品でした。

一つ一つの繋がりや、伏線の回収にしても相手をしっかりと考えさせるストーリー全てにおいて、THE伊坂幸太郎でした。

一人一人の登場人物に意味があり、一人一人が役割を果たしているために全く無駄がありませんでした。

ただ、小説の内容が素晴らしいだけに、表現する方や演出などはかなり苦労したと思います。

やはり映画監督の腕があってこその作品だとも思いました。

小説ではかなり描写が細かいので、どういう指導でどういう風に作っていったかがすごく気になります。

そんな事を考えさせてくれるような作品ですので、いろんな角度や視点からも観れるんです。

主人公は堺雅人さんですが、助演の竹内結子さんも吉岡秀隆さんも主人公として観れるようになってるので、何度も何度も観たくなってしまいます。

ちょっとしたリアルなラブストーリーにもなっているところがあって、むず痒い所もあるのがこの作品の魅力で、ラブストーリーだけでなく作品全体的にもどんどん引き込まれていき、最後にはスッキリする作品です。

「ゴールデンスランバー」で気になったところ、もやもやしたところ等

気になるところはたくさんありますが、最終的には堺雅人さんと竹内結子さんがどうなったんだろうと思いました。

竹内結子さんには旦那がいましたが、堺雅人さんの事は好きだったと思います。

だいたい最後は想像で楽しんで下さいみたいな感じで終わるのは分かるんですが、すごく気になります。

後は途中で出てくる濱田岳さんが身体能力のすごい役で出てくるのですが、あれは少し人間離れしすぎていて、少し怖い面もありました。

確かに重要な人物で、主人公を不思議と助ける役なので大切なんですが、リアルなストーリーだけに少し浮いていました。

でも途中に出てくる堺雅人さんの同僚がいるんですが、めちゃくちゃかっこよかったです。

男同士の友情ってこれだと思いました。

相手を信じてるんだけど、普段はそんな雰囲気を見せずに、いざという時に助けてくれるというあのシーンは泣いてしました。

誰も信じてくれなくなっている中、何人かだけは味方でいてくれるという関係は最高でした。

というより人間は1人じゃないんだと思いました。

コメント