Notice: Undefined offset: -1 in /home/ctjfryyt/public_html/modern-media.net/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/includes/part_2_2.php on line 2
映画「リメンバー・ミー」(吹き替え)の感想やネタバレ!

映画「リメンバー・ミー」(吹き替え)の感想やネタバレ!

スポンサーリンク

「リメンバー・ミー」の制作年度

2017年

自宅で視聴

「リメンバー・ミー」のあらすじ

主人公のミゲルは音楽が好きで、音楽家になりたいと家族に伝える。

しかし、音楽家になるために家族を捨てた先祖がいたため、音楽家になる夢は認めてもらえない。

メキシコが舞台となっているのだが、家族や先祖をとても大切にしている国である。

そんなある日、年に一度先祖が家族に会いに帰ってくるという死者の日が訪れる。

ミゲルには憧れのミュージシャン、デラクルスがいて、自宅の祭壇の写真から家族を捨てた先祖こそがそのミュージシャンだと思い込む。

デラクルスのお墓に行き、ギターに触れると、死者の国に迷い込んでしまう。

とても明るい雰囲気の国だが、周りは骸骨だらけで、生きている人間はミゲルだけである。

日の出までに戻らなければ、ミゲルも骸骨となってしまう。

そんな中、家族に忘れられてしまい、死者の日に家族に会いに行けないヘクターと出会う。

後に彼が家族を捨てたミゲルの先祖だと判明する。

死者の国を旅する間に、ヘクターは家族を捨てた訳ではなかったことも知る。

家族に勘違いされているヘクターの写真は、ミゲルの家の祭壇には写真は飾られていない。

死者の国では、写真が飾られていて、生前の思い出が生きている人間に語り継がれていなければ、死者の日に家族に会いに行くことができない掟がある。

人間界で忘れられてしまうことが死者の国での第二の死となるのである。

ミゲルは人間界に帰ってヘクターの思いを家族に伝えるため、二人の冒険が始まる。