N国党とは?政策や公約、現職メンバー、立花孝志の経歴や内部告発についてのまとめ

スポンサーリンク

「N国党」という政党があります。正式名称は「NHKから国民を守る党」です。

日本には大小様々な政党や政治団体がありますが、NHKから国民を守る党はまだ政党要件満たしてはいないので政治団体です。

NHKという固有名詞が党名に出ているのに少しびっくりする方も多いと思いますし、自分自身も気になったので政策や公約、所属議員について少し詳しく調べてみました。

NHKから国民を守る党の目的と政策は?

 

N国党は、「NHK内部の問題を取り上げ、受信料を払わない人を擁護すること」を目的としています。

受信料制度について多くの人が不満を持ち、未払いでいることが分かっています。

この制度への疑問や不満を感じている国民のため、法律や条例の制定を目指し、改善する機会を作ろうとしています。

活動の主要な点は、以下の3点が挙げられます。

  • NHKの受信料を支払っている人と支払っていない人が実際にいることからの経済的被害
  • NHK集金人に脅迫行為などを受けるかもしれないという精神的被害
  • 放送内容に偏りがある、情報をすぐに公開しないなどの情報的被害

上記の「NHK内部の問題を取り上げ、受信料を払わない人を擁護すること」の目的を達成するための具体的な行動は以下の通りです。

  • 全国の市議会や東京都の区議会で条例を作り、NHK集金代理人の個別訪問を禁止させる。
  • NHKを見ないという希望者に、NHK電波を受信されないようなスクランブル放送を実施させることによって、受信料未払いの立場の人を擁護する。
  • 通報と義務(守秘義務)に板挟みになっても、その後職場で働ける環境を維持できるようにする。

近頃は、内部告発が勇気ある決断とされてきている風潮になってきています。

N国党としては、追い風になっています。