ダイナミックプライシングサッカーの導入事例は?メリットとデメリットを調査!

サッカーや野球等スポーツの試合にダイナミックプライシングという価格設定方式が導入されるようになってきました。

同じ席種でも買った日によって値段が違うということが起こります。

早々に満席になる試合、対戦カードによって空席が目立つということをAIがその他のデータと組み合わせて席の値段が変動していきます。

横浜FマリノスがJリーグ初となるダイナミックプライシングの本格導入を発表しました。

試合を見に来る方のニーズと主催者側の収益向上の二本立てを目的としています。

AIによる、対戦相手や当日の天気、曜日などを考慮して金額を設定しています。

定価が高くなるチケットも低くなるチケットもあることになります。

ダイナミックプライシングの導入によるメリットとデメリットを調査しました。

スポンサーリンク