タツノオトシゴの完全養殖とは?購入方法を調査!

スポンサーリンク

野生のタツノオトシゴの数が年々減少しています。

日本では食することはないのですが、タツノオトシゴは魚です。

東南アジアを中心にタツノオトシゴを干して食べたり、お守りとして持ち歩いたり、漢方薬の成分になることから乱獲されていることが原因のようです。

タツノオトシゴは環境に敏感な生物です。

個体数が減ってしまうと絶滅の危機になるのは目に見えています。

日本ではタツノオトシゴ属に該当する魚は、タツノオトシゴの他にハナタツやイバラタツ、サンゴタツなど9種が確認されています。

海で出会った1匹のタツノオトシゴに魅入られて、養殖をはじめた人がいました。

日本でただ1か所、タツノオトシゴを養殖する施設です。

養殖されたタツノオトシゴは販売されています。

野生のタツノオトシゴより飼育がしやすいです。

タツノオトシゴの養殖施設と購入方法について、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

タツノオトシゴの養殖場

タツノオトシゴハウス

運営:シーホースウェイズ株式会社

住所:891-0709 鹿児島県南九州市頴娃(えい)町別府5202(番所鼻自然公園内)

JR水成川駅から徒歩約17分です。

番所鼻公園駐車場(普通車60台可)無料⇒タツノオトシゴハウスまで徒歩5分

開館時間:10:00~16:30

定休日:火曜日(祝日、お盆、正月は開館)

20名以上の団体様については、予約で時間外対応もしています。

TEL:0993-38-1883

入場料:無料

観光養殖場です。手作り感が溢れる小さな施設です。

カフェスペースからは南シナ海を一望できます。

タツノオトシゴハウスならではの展示物があります。

双頭のタツノオトシゴ(生育できず死んでしまいましたが、異変種はどの生物にもあるようです)と、タツノオトシゴの目に桜島の描かれている作品、透明生体標本です。

大企業の「おもしろい」スポットに光を当てたプロジェクトで最優秀賞を受賞しました。

タツノオトシゴの特徴

ヨウジウオ科(例:タイ、マグロ)で、タツノオトシゴ属になります。

日本では観賞魚です。

ペットショップで販売されているのは野生のタツノオトシゴのため、飼育が難しいと言われていますが、養殖のタツノオトシゴは最初から人の手で育てられているので、一般の人でも育てやすいです。

オスに育児嚢という卵を受け取る袋があります。外形からオスとメスが、はっきりとわかります。

タツノオトシゴの繁殖期は春から秋にかけてです。

オスがメスの気を引くため、くねくねと動いたり、体の色が変わったりします。求愛ダンスといわれ、この時にオスとメスが抱き合うように見えます。

メスは卵をオスの袋の中に生み落とし、その後はオスが孵化させ出産します。赤ちゃんははじめから、大人と同じ形です。

最近は癒し系のペットとして飼育する人が増えています。

タツノオトシゴの購入方法

タツノオトシゴは養殖されているタツノオトシゴハウスで直接販売されている他、WEB販売も受け付けています。

販売されているタツノオトシゴの種類

  • タスマニアンポニー
  • カリビアンポニー
  • タイガーテールポニー
  • ジャパニーズポニー
  • ヘッジホッグポニー
  • ミジェットポニー
  • クラウンポニー
  • スレンダーポニー

それぞれ特徴があり、30cm近くまで大きくなるものもあります。

タツノオトシゴの金額は購入する種類や匹数によって異なります。

餌は専用のエサがあるので、一緒に購入してください。冷凍タイプと冷蔵タイプが販売されています。

支払い方法や、到着したタツノオトシゴの様子に異変があるような場合の対処の仕方など、購入についての詳細はWEBから確認してください。

URL: http://seahorseways.com/html/shopping.html

電話でも販売受付をしています。

TEL:0993-38-1887(生体購入希望専用番号)

受付時間:11:00~17:00まで

連絡の際に、「生体購入希望」と申し出てください。実際に飼育している担当者が電話口に出ます。

またWEB上に飼育に関するQ&Aも出ていますので、購入前に確認してみてください。

URL:http://seahorseways.com/html/seahorseQA.html

タツノオトシゴは幸運のお守りになっています。タツノオトシゴハウスを訪れると色々なグッズが販売されていますが、通信販売はお守りのみとなっています。

番所鼻自然公園からの景色は、江戸時代に測量を行った伊能忠敬も絶賛したといわれています。

東シナ海と開聞岳を一望できる展望台で、ゆっくりと自然の空気を味わってみてはいかがでしょうか。

コメント