タツノオトシゴの完全養殖とは?購入方法を調査!

スポンサーリンク

野生のタツノオトシゴの数が年々減少しています。

日本では食することはないのですが、タツノオトシゴは魚です。

東南アジアを中心にタツノオトシゴを干して食べたり、お守りとして持ち歩いたり、漢方薬の成分になることから乱獲されていることが原因のようです。

タツノオトシゴは環境に敏感な生物です。

個体数が減ってしまうと絶滅の危機になるのは目に見えています。

日本ではタツノオトシゴ属に該当する魚は、タツノオトシゴの他にハナタツやイバラタツ、サンゴタツなど9種が確認されています。

海で出会った1匹のタツノオトシゴに魅入られて、養殖をはじめた人がいました。

日本でただ1か所、タツノオトシゴを養殖する施設です。

養殖されたタツノオトシゴは販売されています。

野生のタツノオトシゴより飼育がしやすいです。

タツノオトシゴの養殖施設と購入方法について、詳しく調べてみました。