黒柳徹子とppap伝説が始まる?年収と資産対決の勝敗は?

 大人気のシンガーソングライター、ピコ太郎が「徹子の部屋」に出演しましたが、ネタは無事だったんでしょうか?

気になるギャラ事情、徹子さんとピコ太郎の年収はどっちが上か?

黒柳徹子伝説!あの髪型はダテじゃなかった!
黒柳徹子のまとめ記事

「芸人殺し」の徹子さんはPPAPもつぶしてしまうのか?


pixabay.com

お笑い芸人のネタを次々につぶしていくことで「芸人殺し」との呼び声が高い徹子さん。

2016年12月23日放送の「徹子の部屋」に大人気のピコ太郎が出演するということで注目が集まりました。

この日の徹子さんは、大好きなパンダをあしらった衣装でピコ太郎をお出迎え。

そんな徹子さんに、ピコ太郎はヒョウ柄のストールをプレゼントしました。

ご機嫌な徹子さんを前に、ピコ太郎はPPAPを披露。

徹子さんは「ご本尊です」と紹介してパフォーマンスに見入ります。

そして「うれしい!おかわいらしいー」とピコ太郎を大絶賛!

ピコ太郎って「おかわいらしい」んだ…。

ほめられたピコ太郎は、「オニオンペンができないかなぁ…」と、前々から考えていたという構想を徹子さんに打診しました。

徹子さんは「いいですよ!」と即答。

とうとう奇跡のコラボレーションが実現しました!

「PPAP玉ねぎバージョン」と題されたそのネタは、頭を玉ねぎに見立ててペンを突き刺すというもの。

「アイハブアペン♪」「アイアムアオニオン♪」と歌った後のセリフのタイミングが合わず、スタジオは大爆笑の渦に包まれました。

やっぱり徹子さんです。

さんざんやり直した挙句、4回目にやっと「オニオンペーン、オニオンペーン、黒柳徹子です」と最後のオチを成功させました!

この様子に、Twitterでは「黒柳さんかわいすぎる」「黒柳さんのリズム感が独特で面白すぎる」など大反響。

最後には、徹子さん自らが考えてきたというアンサーソング「PPPP(ペンパンダパンダペン)」をオリジナルのリズムで披露。

これにはピコ太郎も「今のジャズのようなシンコペーションすごかったです!」と大絶賛でした。

結局、いつもの「芸人殺し」には至らなかったみたいですね。

YouTube