お風呂で歯磨きをすると若返り効果があるって本当?

スポンサーリンク

現在、日本人の4割は1日に平均で2回歯磨きをしています。

1日に3回磨く人は3割いますので、ほとんどの日本人が歯磨きを毎日2回以上していることになります。

かの有名なメジャーリーガーのイチロー選手は1日に5回歯磨きをしているそうです。

歯を大切にすることがイチロー選手の成績に大きく関係しているのかもしれませんね。

多くの人は食後に歯磨きをするかと思いますが、お風呂に入っている時に歯磨きをすると話もよく聞きます。

実は、入浴中の歯磨きは若返り効果があると言われています。

本当なのでしょうか。今回は、入浴中の歯磨きの若返り効果と、その他のメリットについて紹介します。

スポンサーリンク

入浴中の歯磨きは若返り効果のある「パロチン」の分泌を促す

お風呂に入り身体を温めると全身の血流が良くなり、リラックス効果が生まれ唾液が沢山出るようになります。

その時に「パロチン」というホルモンが口の中に分泌されます。

パロチンとは唾液に含まれる成長ホルモンです。

成長ホルモンって脳以外からも出ているのですね。

この成長ホルモンをもっと効率的に出すのが歯磨きです。

歯磨きは口の中を刺激することになるので唾液の分泌が一層促されます。

ですので、入浴しながら歯磨きをすればパロチンが沢山分泌されて若返り効果が期待できる、ということになります。

美容効果以外の入浴中の歯磨きのメリット

お風呂に入っている時に歯を磨くことは若返り効果以外に2つのメリットがあります。箇条書きで説明していきますね。

丁寧にゆっくりと歯を磨け、口臭も改善!

仕事や学業で忙しいと歯磨きが適当になり短くなりがちですよね。

丁寧に歯磨きをしようとすると10分くらいかかります。

10分も時間をかけないと綺麗に磨けないとは驚きです。

入浴中に歯を磨けば、リラックスしているので無意識に歯磨きの時間が長くなり、歯磨き自体も丁寧になります。

お風呂に入りながら歯磨きをすれば洗面台の前で磨くよりも面倒ではないですね。

また、歯の汚れが取れると口臭の改善にも繋がりますので、口臭に悩んでいる人にオススメです。

疲労が回復し易い!

身体が温まり、口の中を歯ブラシで刺激すると「パロチン」の分泌が促され、新陳代謝が良くなります。

新陳代謝が活発になることで全身の疲れの原因となる乳酸が排出されますので、お風呂で歯を磨くことは疲労回復に繋がります。

毎日仕事や学業で疲労困憊の人にも入浴中の歯磨きはオススメです。

まとめ

  • 入浴して身体を温めると唾液に含まれる「パロチン」が分泌される。
  • 「パロチン」は若返りの効果がある成長ホルモンである。
  • 歯磨きで口の中を刺激することで「パロチン」の分泌が促される。
  • 入浴中に歯磨きをすることが「パロチン」を沢山出すコツ!
  • 入浴中の歯磨きは若返り以外に口臭予防や疲労回復にもつながる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペタサーチ