お食い初めの服装は?父、母、親戚の立場別に適当なものを調査!

赤ちゃんの生後100日頃に行うお食い初めは、その子が一生食べ物に困らないようにと願う大切な儀式。せっかくのお祝いですから、しっかりお祝いしてあげたいですよね。

お店を予約してお祝いするご家族や、お家でゆっくりお祝いする方もいらっしゃるかと思います。場所が決まれば、次は服装です。いったいどんな格好をすればいいのか調べてみました。

そもそもお食い初めって?

まずはお食い初めとは何なのか、ということですが、昔は赤子が健康に育つことが難しかった時代がありました。その時に、歯が生え始める生後100日頃に「生涯で食べることに困ることのないように」と、食事の真似事をしたのが始まりだそうです。

地方によって、「百日祝い(ももかいわい)」「真魚初め(まなはじめ)」など呼び名が色々あるようですが、どれもお食い初めのことを指しています。